textile n+R/minä perhonenさんのテキスタイルでつくる サシェの為のお香
見出し画像

textile n+R/minä perhonenさんのテキスタイルでつくる サシェの為のお香

麻布 香雅堂
ひとこと:
textile n+R(夏実さん・れいこさん)さんが minä perhonen elävä Ⅰ さんとの共同企画展にて製作する、サシェの中身の香りを調香しました。香雅堂にとって初となる、香木や漢薬に加えて精油を使用した「革新的」な香りは、既視感のないまったく新しいものとなりました。
【お客様】textile n+R 様
【製作年】2020年
【形状】ブレンドタイプのお香(=チップ状の香木や漢薬をブレンドしたもの)
【香りの数】2種類
 ①白檀+フランキンセンスの香り
 ②白檀+イランイラン&カモミールの香り
【香りのタイプ(※)】革新的
【担当】香袋の縫製/textile n+R、調香/永光幸子、インセンスディレクション/香雅堂
【関連URL】
企画展について
https://www.facebook.com/azabukogadojp/posts/2566144970301735
香りについて
https://www.facebook.com/azabukogadojp/posts/2573180052931560
企画展の様子
https://www.facebook.com/azabukogadojp/posts/2584478985135000

※香雅堂では、独自に香りのタイプを4つに分類しています。【香道的/香木のみ=天然100%】【伝統的:香木+漢薬=天然100%】【現代的:香木+漢薬+合成香料=天然97%~99%】【革新的:香木+漢薬+精油=天然100%】。分類に良い・悪いはなく、エンドユーザーの方にもっともお喜びいただける調香をお客様(=ご発注者)と探ります。

画像1

このnoteは、麻布 香雅堂へご依頼をいただいて製作したオリジナルアイテムのかんたんな事例紹介をしています。毎月、第3土曜日に定期的に公開していく予定です。
オリジナルアイテムの製作にご興味をお持ちの方はこちらのフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。説明資料『香雅堂とお香を作ってみる』とともに返信させていただきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
麻布 香雅堂
京都より200年の系譜をもつ香木・香道具店 「麻布 香雅堂」のnoteです。「オープン・フェア・スロー」をキーワードにお香の世界に関わっています。www.kogado.co.jp _ お香の定期便「OKOLIFE」oko-crossing.net/okolife/