見出し画像

たのしいたのしいお酒のはなし|ウィスキー編

はじめに

読者の皆様は、お酒を飲むことを愉しんでいるだろうか。

「周りがのんでるから、とりあえずビールのんでる〜」

「むしゃくしゃしてるからストロングゼロで現実逃避...!!!!!!!」

このように「しょうがないから、酒でも飲むか」的モチベーションで飲んでいる人も少なくない気がしている。

でも、雰囲気に合わせてアルコールだったりをとりあえず流し込んでたのしむんじゃなくて、「お酒を知り・味わって飲んでみる」という観点からも愉しむのも、案外悪くないのでは、と個人的には想っている。

そこで今回は、独断と偏見で、「ウィスキー」というお酒の面白さと愉しみ方の一例をお伝えできればと思う。

画像1

ウィスキーってなんぞ

「ウィスキー」とは、主に穀類で作られる蒸留酒である。

大麦だったり、トウモロコシを用いて作られる。

画像3

そもそもお酒というものは、なんらかの材料を発酵させて、アルコールを作りだす。発酵の過程が完了したのち、蒸留という過程を入れると、アルコールの度数が高まる。以下の記事が詳しいので、よかったらみてみると良い。

ウィスキーの場合には、蒸留させた後、木製の樽で熟成させる必要がある。後述するように熟成の過程が非常に長く、これがウィスキーの色合いや匂いに影響を与えている。

画像4

(画像:ウィスキーとは|SUNTORY)

ウィスキーは一日にして成らず

ウィスキーの面白さは、なんといっても、「熟成期間が長い」ことである。

実は「ウィスキー」を名乗る為には、各国の法律上の要件をクリアしなくてはならない場合がある。その要件の一つに必ずといっていい程含まれているのが、「熟成期間」に関する要件である。

たとえば、「スコッチウイスキー」で有名なスコットランドでは3年の熟成を経なければ「ウィスキー」を名乗ることができない。

スコッチ・ウイスキーの定義は、英国の法律で以下のように定められています。                                                                                                                                      1. 水、酵母、大麦麦芽(モルト)およびその他の穀物を原料とすること
2. スコットランドの蒸留所で糖化と発酵、蒸留を行う
3. アルコール度数94.8%以下で蒸留
4. 容量700リットル以下のオーク樽に詰める
5. スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる
6. 水と(色調整のための)スピリットカラメル以外の添加は不可
7. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

(出典:スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた|LipuorPage)

ウィスキーの主要な産地は決まっており、それぞれの地域、蒸留所が自分たちの銘柄を守ってきた。この熟成期間の規定は、「ウィスキー」というお酒が一朝一夕には作れないことを示している。

ウィスキーを知って愉しむ

①「時間」を飲み、愉しむ
ある人曰く、ウィスキーとは「時間を飲む」飲み物だそう。

「ウイスキーって時間を飲む飲み物」

(引用: 栗林幸吉氏 目白田中屋店主|クレイジージャーニーにて)

「時間を飲む」なんて、とても素敵な概念ではないだろうか。ウィスキーを飲みながら、自分の時間を振り返ったり、はたまた、そのウィスキーが経た時間に思いを馳せたり... ウィスキー片手に時間について考えてみるのも愉しそうだ。

②産地&銘柄を愉しむ
前述したように、ウィスキーの主要な産地は決まっており、それぞれに特色がある。かくいう日本も主要な産地の一つである。

日本・アメリカ・スコットランド・カナダ・アイルランドの5カ国が世界的なウイスキー生産地として知られ、「5大ウイスキー」と呼ばれている。

画像5

(画像・出典:世界の5大ウィスキーとは|SUNTORY)

産地と銘柄を一つ一つ調べながら、自分好みのウィスキーをみつけるのもきっと愉しい。

③飲み方を愉しむ
ウィスキーには様々な飲み方がある。

ストレート、オンザロック、ハイボール...

画像6

同じ銘柄でも飲み方によって、その味わいは変幻自在である。飲み方にも、自分だけの愉しみを見つけてみよう。

おわりに

いかがだっただろうか?

完成するまでに多大の時間を要する「ウィスキー」。「時間を飲む、飲み物」とも形容されるものは、そうそう存在しないのではないだろうか。

お酒を飲む機会があったら、もしくは「お酒を飲みたいな」と考えた際には、ぜひウィスキーを選んでみて欲しい(可能であればストレートかオンザロックで)。

画像2

琥珀色の液体は、きっとあなたの時間に味わい深さを与えてくれることだろう。

では筆を置き、一杯飲んでくることにする。

p.s. 「※日本では未成年者の飲酒は法律で禁じられています」

(taro)

たのしいたのしいお酒の話シリーズ



この記事が参加している募集

404美術館

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります。
12
koboくんと、taroで書いてます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。