小早川幸一郎(こばやかわ・こういちろう)

編集者、起業家、企業家。クロスメディアグループ株式会社、株式会社クロスメディア・パブリッシング代表取締役。編集者歴27年(ベストセラー多数)。経営者歴18年(成人する)。サッカー選手歴41年(最近フットサル)。お茶を少々(遠州流)。血液型はA型。身長175cm。

小早川幸一郎(こばやかわ・こういちろう)

編集者、起業家、企業家。クロスメディアグループ株式会社、株式会社クロスメディア・パブリッシング代表取締役。編集者歴27年(ベストセラー多数)。経営者歴18年(成人する)。サッカー選手歴41年(最近フットサル)。お茶を少々(遠州流)。血液型はA型。身長175cm。

    最近の記事

    • 固定された記事

    編集とは

    私の会社や私自身、商品として「編集力」を謳っていることもあり、顧客から「編集力とは何ですか?」と尋ねられることがあります。 「編集」という言葉を辞書で引くと、 というような意味がどの辞書にも書いてあります。辞書に書いていることなので間違いではないのですが、言葉の意味も時代とともに進化していきます。 私は「編集とは、企画と制作」と答えています。 これは、編集という仕事の意味でもあります。 スティーブ・ジョブズは、「人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのかわからな

      • 制作力とは

        これまでに、「編集」とは企画と制作で構成されている。そして、「企画」とはアイデアを実行すること、とお話しました。 次にここでは、企画とともに編集を構成する「制作」についてお話をしたいと思います。 約20年前に遡りますが、当社の「クロスメディア」という社名の由来は、価値あるコンテンツを1つのメディアだけではなくユーザーに利便性のあるメディアで提供したい、という思いから来ています。 これから来るデジタルの時代では、自分たちでコンテンツを制作し、クロスメディア展開することで、

        • 企画力とは

          世の中には、アイデアはあるけど実行しない人がたくさんいます。そうなると、「あの人はアイデアマンだよね」というよくある話は皮肉に聞こえますね。 アイデアを実現するには、先ず企画にすることが必要で、企画は実行することで成立します。それなので、企画力があるというのは、アイデアがあって、実行力のあることと言えるでしょう。 企画力がある人は、自分の企画をどんどん実現していき、それを糧にして、さらに大きな企画を実現していきます。 私は若い頃、歳を取るとアイデアが枯渇し企画の量と質が

          • 編集者で経営者

            はじめまして、小早川です。これから、『編集者で経営者』というタイトルで、毎週noteで連載したいと思います。 連載の内容は、出版、編集(編集4.0)、メディア(Media as a Service)、技術(Editing Technology)、起業、ベンチャー経営、文化資源学など、最新のテーマや普遍的なテーマを編集者と経営者の視点で述べていきたいと考えています。 ・もっと上手く仕事がしたい人 ・いつかは起業したい人 ・ベンチャー経営者 ・ビジネス書が好きな人 ・著者にな