見出し画像

01. クラスルームでスプレッドシートとスクリプトを使う準備をする

クラスルームをスプレッドシートとスクリプトを使って操作する準備をします。
まず、操作用のスプレッドシートと、スクリプトを書く場所を用意します。基礎編では、スクリプト用のファイルが独立して存在するスタンドアローンスクリプトを使用しました。マイドライブにプロジェクトのファイルができていたかと思います。
この応用編では、スプレッドシートと一体のものとして使っていきますので、スプレッドシートに含む形のコンテナバインドスクリプトを作成します。

スプレッドシートとスクリプトの準備

1.Google Driveにアクセスします。「ドライブを開く」ボタンをクリックします。
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

Google Driveにアクセス
Google Driveにアクセス

2.Googleアカウントにログインします。メールアドレスとパスワードを入力します。

Googleアカウント
Googleアカウント
パスワード
パスワード

3.マイドライブが開きました。

マイドライブ
マイドライブ

4.左上の「新規」ボタンをクリックします。

新規ボタン
新規ボタン

5.メニューが開きますので「Googleスプレッドシート」-「空白のスプレッドシート」をクリックして開きます。

Googleスプレッドシート
Googleスプレッドシート

6.スプレッドシートが開きます。まず名前を変更しましよう。「無題のスプレッドシート」をクリックすると編集できます。

無題のスプレッドシート
無題のスプレッドシート

7.ファイル名を「クラスルーム」に変更しました。任意の名前で構いません。

名前をクラスルームに変更
名前をクラスルームに変更

8.「拡張機能」から「Apps Script」を選んでクリックします。

Apps Scriptをクリック
Apps Scriptをクリック

9.プロジェクトの名前を変更します。「無題のプロジェクト」をクリックすると編集できます。

無題のプロジェクト
無題のプロジェクト

10.「プロジェクトの名前を変更」のウィンドウが出ます。ここでは「クラスルーム」としました。

プロジェクトの名前を変更
プロジェクトの名前を変更

11.名前を変更しました。名前は任意で構いませんが、クラスルームの課題にプロジェクトの名前が表示されますので、差し支えのないものにしましょう。

クラスルーム
クラスルーム

9.Classroomを操作するためのサービスを追加します。左側のメニューから「サービス」をクリックします。「サービスを追加」画面で「Google Classroom API 」をクリックして「追加」します。

Classroom API のサービスを追加
Classroom API のサービスを追加

12.「Classroom」のサービズが追加されました。

Classroomサービス
Classroomサービス

以上で準備が終了しました。ここにスクリプトを追加していきます。
動画にまとめましたので確認しながら進めてください。

解説動画

次回は、「スプレッドシートとスクリプトで複数のクラスルームを作成する」としてお届けします。

続きをみるには

残り 0字
すべての記事を単体でご購入いただくよりお得にお読みいただけます。特にお仕事でお使いの方にはぜひ手元に置いていただきたい1冊。おすすめのTips満載です。

クラスルームをスプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使って、プログラミングを楽しみながら準備する技をまとめました。コピペ…

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?