見出し画像

「読みやすい短文はダメ?」バズった物語7つから見つけるバズの共通点

はじめまして。STORYS.JPを運営している清瀬です。STORYS.JPは、人生のリアルな物語(=ストーリー)をだれでも自由に投稿できるサイトです。
STORYS.JP: https://storys.jp

これまでに3万を超えるストーリーを投稿いただき、いくつかはネットで反響を呼び多くの方に読んでいただきました。中には書籍化されて、映画化にいたったものもあります。( ex. 有村架純主演 2015年公開 映画『ビリギャル』)

ネットで反響を呼んだストーリー、いわゆる”バズった”ストーリーには共通点があります。いくつかあるのですが、今日はそのうちの一つ「長文であること」についてお話しします。

「短文だと読まれる」は正確ではない。

よく短文じゃないと読まれない、そう考える方がおられますが今ひとつ正確ではありません。短文であれば読者の気持ちが離れる前に読み終えてもらいやすい、が正確な表現です。文章が短いので、飽きられる前に読み終わる。それだけです。読み終わったとしても、読者を惹きつける文章だったかどうかはまた別の話です。(スクロールバー短い問題は一旦ここでは触れません)

今回このnoteでお伝えしたいのは、読者の心に届けたいなら長文で書いた方がよいということ。伝えたいことがあるなら、文字量を気にすることなく、惜しみなく書きたいだけ長文を書き綴った方が良いです。出し切った方がいい。

なぜなら、人が持つ種々の感情の中でも特に「感動」を喚起するためには、ある程度の情報量が必要だからです。

映画で号泣したことはあっても、ツイートで号泣したことはない

例えば、映画を見て号泣したことがある人はいると思いますが、ツイッターのツイートで号泣した人はあんまりいないと思いませんか?

日常生活、普通に過ごしているだけで人はボロボロと泣いたりはしません。しかるべき文脈に足を踏み入れてある程度の情報量を受け取った時に、人は感動して涙します。もちろん、人から言われた唯の一言によって泣いたりもしますが、それはその一言を受け取った人の頭の中に感動を引き起こすほどの記憶と感情の渦、つまり情報量がありそこに一言がハマっだけです。

140文字のツイッターでも頻繁にバズってんじゃん

ツイッターでも頻繁にバズってはいますが、その多くは有名人のそれらしい話だったり、笑える話だったり、あっと驚く話だったり、なるほどと思わせられる話だったり、心温まるいい話だったり、なんと言うか、そういうライトでツイッターらしいものが大半です。

もちろん、中には優れた短歌のように短文でも実に叙情的な文章もあれば、物語性が強く瞬間的に引き込まれていくものもあります。でも、その感動量は映画やドラマ、書籍などと言った情報量(文字量)が多いものと比べると大きくありません。

本当に感動した... と人がシェアしているのは大体長文です。

それに、twitter上でバスッたツイートを今すらすら思い出せますか?心に残っていますか?そのツイートを見た時の自分の気持ちを思い出すことはできますか?

ツイート上でバズっても結局は時間と共に流れていきます。それは記憶の上でも同じです。ライトな感情喚起は脳の上でもサラサラと簡単に流れていくものです。

人の心に爪痕を残すほどの強い何か。心を揺さぶり強烈な何かであるためには、一つに情報量の多さが重要です。

これまでバズを作った物語の多くは6,000文字〜1万文字

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』をはじめとして、多くの物語をSTORYS.JPに投稿いただきました。反響を呼んだものをいくつかピックアップしましたが、一番文字数が少ないものでも6,091字あります。

『「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~文字数:10,098 字
ページビュー数:6,000,000 PV


『あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。』
文字数:6,091字
ページビュー数:約 4,000,000 PV


『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
文字数: 10,934字
ページビュー数:約 2,000,000 PV


『急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ』
文字数:10,917 字
ページビュー数: 約 1,400,000 PV


『【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」』
文字数: 8,412 字
ページビュー数:
1,300,000 PV


『5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事』
文字数:36,663 字
ページビュー数:約 670,000 PV


『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編』
文字数: 27,543 字
ページビュー数:約 800,000PV


これらのストーリーには、熱量の込もったコメントが数多く寄せられています。読者の「感動」を呼び起こし、ネット上で広くシェアされた物語(ストーリー)はほぼ全てと言っていいほど長文です。

もちろん、長文を読ませる力が必要

長いと良い!とお伝えしてきましたが、当たり前だけどただ長くても意味がありません。長いだけの記事は、ただ長いだけの記事。長くても読んでしまう、文字量は多いけど「長い」とは感じさせない記事にする必要があります。

では、どう書けば長くても読んでしまう文章になるのか。それについては、また別の記事でお伝えします。

*このアカウントをフォローいただければ、記事の投稿時に通知が行くので、興味のある方はぜひフォローしてもらえたらと思います

あとがき


物語の教室やります

 2019年10月スタートで「STORYS.JP物語教室」を開催予定です🎉
人生の物語を書き下ろす教室を開いていきます。
 
 読者への親切心とは別に「文章力」に欠かせないのが「自分と向き合う力」です。自分が歩んできた人生の物語を綴ることで、自分と向き合う力を高め、文章力を高めていきます。そして何より、自分の物語を理解することで、自分の人生の地盤なるものが強まっていきます。

まずは、私が1on1であなたの人生をヒアリングさせていただきます。
ご興味のある方は こちら までお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

166
人生投稿サイトSTORYS.JPの編集長をしています。

コメント9件

最近noteを始めて、短い文章にこだわっていましたが考えが変わりました‼︎
広くシェアされるために躊躇なく自分の言葉で長文を書くことに挑戦したくなりました‼︎
@はっしーさん
読んでくださりありがとうございます
> バズることと、感動は別のことですね。
おっしゃるように別ですね。重なることはあってもイコールではありません
@あめみやさん
少しでも気づきになればよかったです。伝えたい事を持った自分がいて、伝えたい相手がいて、その間をどう埋めるかだと思います。短文に読みやすくしても伝えたいことを削いでいったら何も伝わりませんし、「伝えやすくするための手段」はなにも短文にすることだけではありませんよね。

勝手ながら、あめみやさんの記事を読ませていただきました。おっしゃるようにコンパクトにまとめておらるのを感じます。素敵で味わいのある挿絵ですね。その雰囲気が文章に香っていて良いですね。日常を切り取り、得られた知見を共有されるのは、僭越ながらいい切り出し方だなあと感じます。

私見ですが、長文にされても大丈夫だと思いますよ。その際にもう少し文章の物語性を強くされてみてください。短文にしようとしすぎると、日常に溶けた物語性が無くなって、事実を列挙したニュースのような文章になってしまいます。

長文をゆるし物語性を保っていくと、感情も知見も全部を包み込んだ文章になると思いますよ。僭越ですが、コメントの御礼にお伝えさせていただきます。
お返事ありがとうございます。
日常で感じたもの、得たものを共有したくnoteを始めたのでいい切り出し方と清瀬さんに言ってもらえること嬉しく思います。
noteを書いていて何か物足りないと感じていたのは「得たもの」だけを書いてしまっていたからだと気づきました。短文にしようと心掛けすぎて日常をカットしまっていたかなと。
これからは長文や短文を考えずに、日常で得られたもの、得られたものに出会えた経緯、得た後の気持ちを自分なりに書いていきたいと思います。
誰だかわからないただの大学生にアドバイスをくださいありがとうございました!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。