喜安 浩平

劇作家/脚本家/演出家/俳優/声優/劇団主宰 ナイロン100℃所属俳優。ブルドッキングヘッドロック主宰。劇作家、演出家。映画ドラマの脚本家。たまに声優。今年手がけた脚本は『電影少女2019』『風が強く吹いている』『八つ墓村』『芸術家入門の件』『お静かにどうぞ』。

狭間に揺れる

今、私の脳内は、来年早々に幕があく舞台、『リアルファイティング はじめの一歩 The Glorious stage!!』の演出と脚本のことでいっぱいのはずなのだが、残念ながらいくつか...

いつかのために

これはメモです。言いたい事はまとまっていません。 国語辞書によると、芸術とは、 1 特定の材料・様式などによって美を追求・表現しようとする人間の活動。および、そ...

なりたいことのために

前回の宣言どおり、新ワークショップを始動させた。新しいことをするための、新しいワークショップだ。 といって、かつてない新しい手法で何かを行うような奇抜さはない。...

新しい楽しみ

新しいワークショップを開催することにした。現時点では非公開。いずれ少しずつ報告ができるようになればいい。 精鋭、かどうかはまだなんとも言えない少数メンバーで、あ...

劇団も息をする

ざっと書く。ブルドッキングヘッドロックの集まりがあった。ブルドッキングヘッドロックは劇団だ。 集まるのは当然、劇団員。彼らに、来年のことについて相談をした。他愛...

庭に出て、息を吐く

喋りたいと思ったのはなぜだろう。 何かやろうと思ったときに、ふと思いついたのは、喋ってみるということだった。喋ってみることで、自分で息を吸って、吐くことで、空気...