思いつきではない。シルク素材で枕カバーを作った、筋の通った3つの理由。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

思いつきではない。シルク素材で枕カバーを作った、筋の通った3つの理由。

キタムラの枕は形状が特徴的(そら豆型)なこともあって、あいにく市販の枕カバーがピッタリフィットしない。なので、専用のカバーをいくつか用意している。

そんな中、寝返りがしやすいのが特徴である枕を、さらにアップデートさせるカバーはないか?と考えていた。

結論=摩擦が少ないのであれば、さらにスムーズな動きができるはず。では、ツルツルするフリクションレスな素材といえば、、、

シルク!

画像1

シルク=肌?髪?

カバーの開発は、折しもコロナ禍で行われた。世の中の人々が、常にマスクをした生活を強いられる中、肌荒れしにくい快適な素材として注目されていたのが、シルクだった。その理由は、組織構造にある。

ヒトの肌や髪と同じく、絹はタンパク質からできているため、やわらかく滑らかな手触りが、肌や髪との相性をよくしていたのだ。さらに肌と同じく呼吸(水分の吸収・放湿)をしていて、コットン素材と比べると、1.3倍~1.5倍の吸水性と、1.3倍の発散性がある。

そのため、年間を通して快適に使えて、化繊でよくある「パチパチ!」という静電気の発生も、その保湿力で防ぐのだ。(まったくなくなるわけではあない。)シルクが、デリケートな神経性皮膚炎などにも適していると言われているのは、こういった科学的根拠に基づいている。もちろんカバーなので、自宅で洗濯可能だから、いつでも清潔に使える。

比類なき美しさ理由

そして、シルクといえば、なんといっても、他のファブリックにはない、圧倒的なエレガントさだ。その秘密も、やはり組成構造にあって、繊維がプリズム状の三角断面になっており、光の浸透や屈折、反射によって気品のある光沢を発するというのだ。それに、しなやかなドレープ性が加わり、豊かで独特の風合いを醸し出す。

画像4

ホテルなどになる大きな四角い枕に比べて、キタムラ枕をベッドルームに置くと、ちょっと貧相に見えてしまう。そんな声があったことは事実。しかし、それを補って余りあるのが、シルクの存在感。すでにご愛用者いただいている方々を参考にしてほしい。

ドイツのクラフトマンシップ

採用しているシルクの生地は、【ジャーマン】と冠するだけあってドイツ産である。チェコとの国境に近い、繊維産業が盛んなプラウエンという工業地帯で、90年以上続く老舗の絹織物工場から入手。

過去にパラシュートの素材として絹を使い始めていたそうだ。実は、絹は繊維が細くて弱いと思われがちだが、まったく逆なのだ!その高い技術力を活かした精錬によって、折り目の詰まった密度の高い生地が織られている。それが、美しい風合いに繋がっているのだろう。

質実剛健な印象を持つドイツメーカーのモノづくりには、日本と同じく職人気質が宿っている。そんなゆえんから、ドイツのお客さんも増えてきて、ドイツ語のHPを自主制作した。

難点としては、ツルツルし過ぎるがゆえに、縫製に技術がいること。美しいものにはなんとやらといったものだが、なんと職人泣かせの生地ではある。がんばらねば。。

画像5

画像4

まとめ

寝返りのしやすい枕と、それをさらにサポートしつつ、仰向けの時の「髪」、そして、横向き寝の時の「肌」にも効果的。丁寧に織り上げられたシルク製のナチュラルラグジュアリーなカバーとの相性抜群、最高の組み合わせで、心身ともに、ぐっすりお休みいただきたい。

まくらのキタムラ
北村圭介



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
枕屋です。【元気な「おはよう!」を創る】を経営理念に、いつも枕のことばかり考えながら過ごしています。2011,2012,2016年グッドデザイン賞。また日本のものづくりを応援するNPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト代表理事。