喜多重左衛門
カナダ生活で学んだこと
見出し画像

カナダ生活で学んだこと

喜多重左衛門

初めて、カナダのスーパーに妻の母親と買い物に行きました。私は私で買い物かごに欲しいものを入れていた時です。妻の母親が商品表示を確認しました。

『がんになる着色料が入っていてるからこれはダメ!、この添加物は危険!」といって、籠から出されてしまいました。日本では、そこまで見ないであろうと思ったのですが、添加物表示に詳しくダメ出しであったのです。


カナダ人であれば、医療費は、国の負担です。ですから無料なのです。
ただし薬は自己負担です。私の主治医は元カナダホリスティック医療の会長でした。
【病気になって、お金を浪費するのであれば、日常生活から、予防医学を大切に実行しています。安心安全な有機栽培のものを選んで食事をしているのでした。私の家庭では、おじいさんが、オーガニック小麦粉をオーガニックスーパーで買ってきて、小さなパン焼き機で、家族分を焼かれていました。それぞれの好みを言っておいて、ラズベリーパンや、胡桃パンを注文しておくのでした。

そして、お隣の農家で、放し飼いをしている鶏の卵や、チキンを買ってきては、チンスープを作り冷凍にして保存してあります。お爺さんの家に遊びに行くと、必ず、スープ・パン・卵をもらって帰宅していました。広大な土地には、家庭から出た、生ごみを入れる大きなボックスがあり、たい肥にしていました。ジャガイモ、トマトは、家庭農園で作られていました。秋になると、林の中に分け入り、犬を連れて、キノコ狩りを楽しんでいました。

そんな経験をしてきた私ですから、OMGTの専属茶師として、宇治茶を選ぶのも当然オーガニック宇治抹茶ですし、その魅力を伝えるために、抹茶菓子を作るのも無添加無着色を選ぶことになるのです。

「王道京のれん」京都市ふるさと納税返礼品


 ただし、一般的な、緑茶では、緑色のクロロフィルが変色するのが当たり前ですから、ほんの少し抹茶を使用して、大半を着色剤でごまかすのです。一般に使用されている、クチナシや紅花は、アメリカでの使用禁止物質です。アメリカFDAは認めていません。日本の常識は世界では非常識なのです。日本の添加物規制は非常に弱く、知らず知らずの間にあたり前になっています。危険です

OMGT BEYOND MAATCHA


 生死をさまよった経験(脳内大出血)からOMGTの販売する商品には、安心安全をモットーに商品作りを行っています。ですから、販売価格のリサーチを怠っています。安心安全なものを作ったならば、コストがかかっているのです。確かに今までのものよりも高額かもしれません。
 
そこで創業2周年記念としまして、キャンプファイヤでクラウドファンディングでお得セールを開始しました。
以下QRコードですよろしくご支援ください!
OMGT専属茶師12代喜多重左衛門


キャンプファイヤサイト



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
喜多重左衛門

宇治茶師の末裔です。私も緑茶の広報を世界に発信しています。喫茶道・喜多重左衛門として、日本人の身近にある緑茶の偉大なる効能を再発見中です。地球にも優しい有機宇治抹茶を推奨しています。よろしくお願いします。

喜多重左衛門
元12代松田桃香園当主、2000年カナダホリスティック医療を勉学に渡加、原発性アルドステロン症による脳内大出血により3ヶ月危篤その間2回の心肺停止。蘇生時左半身麻痺。帰国後慢性C 型肝炎を薬物と抹茶を使用後、1ヶ月でウイルス消滅完治。ホリスティック医療を実生活に活用し自立歩行可能