ケーキプレート1

観光・見学はもちろん、日々のお買い物にも! 旭川の老舗菓子舗が営む憩いのスペース「き花の杜」がおすすめです!【潮たくみ】

休日にする日用品の買い足し。
特に働いていたり車が使える日が限られていると、とにかくまとめて一か所で終わらせたくなります。

そんなときにはよく南六条通りに行きます。
スーパーアークスウエスタンやホーマック、ツルハなどが密集している上に駐車場も広く停め易いですし、眼鏡ユーザーの私としてはウエスタンの隣にめがねのなかむらがあるのもポイントが高いです。ちなみにその隣には手芸店のマリエッタがあるので欲しいものはだいたいそろえることができます。
地元民じゃないとなんのこっちゃですが、旭川市民なら「わかる!」とうなずいてくれるはず。


さて、旭川市民であればここまで書けば何を紹介しようとしているか察しがつくと思います。
そう、き花の杜です。


画像1

壺屋は昭和4年に創業されたお菓子屋さんで、旭川を基盤に道内で展開しています。

一般的に有名なのはやはり郷土菓子である『き花』でしょうか?

画像2

まるで氷のプリズムのように光り輝くダイヤモンドダストのきらめき…
その昔、北国の厳冬が織りなすこの美しさに魅せられた歌人は、歌のなかでダイヤモンドダストを
「霧華(きばな)」と詠みました。
『き花』は、霧華をイメージして作られた北海道銘菓です。
(壺屋 公式サイトより)


他にも氷点などを旭川土産として購入していく人も多いですが、壺もなかやバームクーヘンなども人気が高く、和洋どちらのお菓子もバランスよく取り扱っています。
旭川市内では生協やイオン、イトーヨーカドーといったスーパーに店舗が入っているので幼少期にはケーキと目があい親にねだった経験がある方も多いはずです。


そんなわけで旭川市民には馴染み深い壺屋ですが、意外とき花の杜に行ったことがない人は多いです。
というのもき花の杜が誕生したのは2014年。何十年もこの土地に住む人々にとっては最近できた建物。という印象が強いんですよね。

さらに休日には観光バスが止まっていることも多いため「なんか観光客が沢山来ている店」や「工場見学できるところ」という認識で止まっちゃっている人も多いです。
たしかに、中ではき花の杜限定のお菓子も売ってるし、生花や地酒・旭川のクラフト商品や陶芸も取り扱っています。

画像3

(エントランスのディスプレイ)

画像4

(工場見学スペース)

画像5

(地元旭川の地酒を取りそろえたショップ)


いつもの買い物もお土産品も同じ。一か所で終わるならそれに越したことはないでしょう。
旭川土産の為にき花の杜へ向かう。良いと思います。
でも、き花の杜はそれだけじゃないんです。

なんとこのき花の杜の中にはカフェがあるのです!

画像6

(明るく落ち着いたインテリアの店内)


「旭川らしく」をテーマにつくられたき花の杜では旭川家具が多く使われていて、カフェ文欒では木のあたたかさを感じながら、多くの甘味を楽しむことができます。

画像7

(筆者の注文したソフトサンデー)

また11時~14時まではランチタイムで、野菜をふんだんに使ったバゲットを食べることができます。

画像8

画像9

(きのことモッツァレラのバゲット ドリンクもついて650円! 安い!)


特に人気だったのがデザートプレート。
ドリンク・ケーキ・バームクーヘン・ソフトクリームの4つが揃う美味しいセットです。

画像10

(デザートプレート 650円)

気になるけど、子供が騒がないか心配だからちょっと立ち寄りにくいかも……。
そんなお母さんも安心してください。

き花の杜はキッズスペースも完備しています。

画像11

(キッズスペース「コドモン」)

二階にはイートインスペースがあり、テイクアウトした商品を食べてまったりすごすこともできますよ。

画像12

(イートインスペースもお洒落!)

撮影に行った日はワークショップのイベントもやっていました。

画像13

画像14

(木片を使って世界に一つの時計を作る「こっぱっぱ木工教室」。写真下は完成品見本)

写真は準備中のもの。帰るころには満席になっていました。
開催していたのは旭川で木製の家具を作っているcosineさん。
ワークショップは長期休暇やイベントに合わせて開催しているそうです。詳細は公式サイトでチェックできますよ。
(公式サイトはこちら)

画像15

画像16

画像17

(カフェから望む中庭には石窯が♡)


メーカー直営のショップに、調理イベントなどが開催されるクックラボ。買い物帰りにちょっと一息つけるCAFÉ文欒。
観光に来たお客さんだけではなく、地元民にも是非足を運んでもらいたいお店です。

9月27日(金)~29日(日)には、地元でも大人気のイベント「き花の杜 秋の工場祭」が開催されます! スイーツ好きの皆さん、ぜひお出かけください。

※き花の杜は不定休です。公式サイトにて定休日等が記載されています。
URL→https://www.tsuboya.net/kibananomori/


【掲載店情報】
き花の杜
旭川市南6条通19丁目
tel.0166-39-1600
営業時間/ 9:30~19:00(不定休)
CAFE文欒/ 10:00~17:00(LO 16:30)
ランチタイム11:00~14:00

Author:潮たくみ
旭川生まれ、旭川在住のフリーライター。ゲームのシナリオや雑誌であれやこれやと好きに書いて生きている。ゲームが好きで、許されるなら365日ゲームをしていたい。目下の敵は肩こりと目の疲れ。
Twitter:@t1ushio
https://kuziranosu.jimdo.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32
北海道ゆかりの作家による【北海道×グルメ×旅】アンソロジー! https://akinomno.wixsite.com/kitaste

コメント1件

この夏にこちらの青が美しいお菓子箱を頂戴して実店舗が気になっておりました。
アーモンドの様な粉が香ばしい焼き菓子。うまし。
お店も素敵でした♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。