しょうこの着物と歴史の万華鏡

昔の着物の着方、対丈着物愛好家です。 お直し・お仕立ての秘訣と対丈の綺麗な着方と着物の歴史。 歴史は女性の着物がどんな変遷を辿って今の形になったのか、色々な角度から綴っています。 短大で学んだ着物の歴史を軸に、自分なりに調べた内容や個人的な考察を加えた記事を掲載しています。
    • 着物の歴史

      女性の着物がどんな変遷を辿って今の形になったのか、色々な角度から綴っています。 子供の頃から昔の着物がどんな作りなのか、どんな風に着られていて、どんな生活をしていたのか、 想像するだけでワクワクしていました。 好奇心に押されて、短大では総合日本文化とも言うべきカリキュラムの学校で勉強させて頂きましたが、まだまだ好奇心一杯です。 こちらでは、その頃に学んだ着物を含めた歴史を軸に、自分なりに調べた内容や、個人的な考察を加えた記事をまとめて掲載しています。

留袖ってなんで『とめそで』っていうの?(・・?)

これ、一度は疑問に思ったという方 多いと思います。 かく言う私もです。 結論からお伝えしちゃいますね〜。 元々の意味は 袖が留まっているから=振りがないから で…

今の着物の基本スタイルが整ったのは江戸時代後期なのです

襟(衣紋)を抜いて、おはしょりを作って という今の着物スタイルが大体出来上がったのは いつ頃か、ご存じでしょうか。 実は江戸時代。八代将軍吉宗の頃の事です。 平安…