きくさん

人の成長と関係性の変革を通じて、組織力を変える仕事をしています。Appleのガジェット…

きくさん

人の成長と関係性の変革を通じて、組織力を変える仕事をしています。Appleのガジェットをこよなく愛し、色々なガジェットを使い分けています。30数年来のラグビー好きで高校ラグビー、大学ラグビー、リーグワン、日本代表のマッチはほとんど観ます。

マガジン

  • 読書感想

    色々な分野の本を読むので、その感想をまとめておくためのマガジンです。

  • 京都

  • ゲーム

    ハマるゲームには、どういう要素があるのか? 経験から得たハマるポイントを綴ったマガジンです。

  • おいしいもの

  • 2022年の桜の動画をまとめたマガジンです。

最近の記事

「内閣法制局の近現代史」 倉山満著

内閣法制局(長官)の憲法解釈・国政に対する影響について、詳しい調査を基に著者がその視点から考察した本。 GHQから押しつけられた憲法(草案)を、敗戦国日本が再独立をかち得る形にするために行われるようになった憲法解釈の変更。 当初はアメリカの傘の下から離れるための解釈変更だったが、ある時期からその目的が失われてしまった。 少し前に問題となった集団的自衛権についても、昭和20年代からすでに行使されていたのにもかかわらず、ある時期から行使するのは憲法違反と解釈されるようになり、

    • 「WEB3とDAO」 亀井聡彦・鈴木雄大・赤澤直樹著

      WEB3関係の本は4冊目。 この本は、マクロの視点からWEB3がもたらす変化を中心に書かれている。10年後か20年後に、人類が作る社会がこのように変わるのかと思うと、胸がときめく。 WEB3は個人が主権を取り戻す大変革である。 WEB3を考えることは、インターネットやテクノロジーに閉じた話ではなく、組織や社会のあり方といった人々のコラボレーションや関係性にまで話が及ぶ。そのため、WEB3の未来を考えることは、必然的に、社会の今後について考えることにつながる。仕事や社会貢

      • 再生

        祇園祭山鉾巡行その③菊水鉾から船鉾まで。

        放下鉾と船鉾の辻回し(河原町御池交差点)も入っています。

        • 祇園祭山鉾巡行の動画 その② 人気の蟷螂山も出てきます。

        「内閣法制局の近現代史」 倉山満著

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 読書感想
          きくさん
        • 京都
          きくさん
        • ゲーム
          きくさん
        • おいしいもの
          きくさん
        • きくさん

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          再生

          祇園祭山鉾巡行 その①長刀鉾から油天神山まで。

          祇園祭前祭りの山鉾巡行を、御池の観覧席で観てきました。その動画です。

          祇園祭山鉾巡行 その①長刀鉾から油天神山まで。

          再生
          再生

          復活した祇園祭の宵山に行ってきました。

          30万人の人出はすごかった。

          復活した祇園祭の宵山に行ってきました。

          再生

          ゲームの考察㉕ 長続きさせる

          今回は段位と階級について、人数の配分の話です。 段位と階級を作ったら、、それぞれに入れる人数を決めます。 上段・階級に行くほど人数を少なくするのは当然です。 最下段・階級を調整段にします。ここは例えば10,000人が所属するとして、 実際は少ない人数しか所属していなくても構いません。 所属人数の例を挙げます。 10段  50人 9段  100人 8段  200人 7段  300人 6段  500人 5段 1000人 4段 3000人 3段 5000人 2段 7000人

          ゲームの考察㉕ 長続きさせる

          ゲームの考察㉔ 長続きさせる その3

          今回はゲームを長続きさせる(長い期間プレイしてもらう)ためのポイント「階級・段位」です。 前回は総合ランクを付けて公開することの重要性について書きました。これに加えて、ポイントごとに階級や段位を設定して、プレイヤーがいま、どの段位・階級に所属しているのかを明確にすることも重要です。 段位というと初段、二段という無味なものになりますので、どちらかというと階級の方が楽しさの要素が加わります。 戦争をテーマにしたゲームなら、新兵からスタートして、二等兵、一等兵・・・最高は「元

          ゲームの考察㉔ 長続きさせる その3

          ゲームの考察㉓ 長続きさせる

          前回に続いて、儲かるゲームを長続きさせるためのポイントの話。 ランキング付けを使う。ゲームのコンテンツにランキング付けをすることで、自分のランクを上げたいと思い、長続きすることになります。 ランキングには2種類あります。 1.総合ランク 2.階級・段位 です。 総合ランクは、ゲームに登録している人に中で何位にいるか。 階級・段位は、あるポイント数をクリアーすれば何段とかいった、条件クリアーによりもらえるランクです。 いま自分が何位にいて、何段なのかが、ゲーム画面に表示

          ゲームの考察㉓ 長続きさせる

          ゲームの考察㉒ 長続きさせる

          いかに儲かるゲームであっても、長続きしないと意味がありません。 長続きさせるには、どんな要素を入れれば良いのでしょうか? 最も重要なのは、ゲーム自体の、あるいはゲーム内のステージの難度です。 当たり前ですが、簡単すぎてはダメ、難しすぎてもダメです。 初めは少し苦労するけれど、プレイしていく内にプレイヤーが強くなって、クリアーできるようになる。このくらいが良い。 そして、ひとつのステージをクリアーすると、少し難しいステージに進み、プレイヤーが成長するとクリアーでき、という

          ゲームの考察㉒ 長続きさせる

          ゲームの考察㉑ 課金で稼ぐ

          課金で稼ぐ方法についての考察、その最終回。 課金で稼ぐためには、 個人でのプレイ、チームでのプレイの両方ができる。 個人プレイ・チームプレイのそれぞれに目標が設定されていて、達成度に応じて商品が無料でもらえ、それが強化につながる。 チームメンバーのチャットがあり、そこで感謝したりされたりのコミュニケーションがある。 ガチャにより、プレイヤーの能力アップにつながるアイテムを手に入れることができる。 ガチャを引くための必要な、例えばメダルなどを手に入れるために課金させ

          ゲームの考察㉑ 課金で稼ぐ

          再生

          桐生でひもかわを食べた。

          ひもかわ、麺ですがサイズが桁違いです。ビックリしましたが、美味しかったんです。

          桐生でひもかわを食べた。

          再生

          ゲームの考察⑳ 課金で稼ぐ

          前回の投稿で、課金を促すためには、チームやグループを作って競わせる仕組みが効果的だと書いた。 しかし、それだけでは不十分。メンバーがコミュニケーションできる仕組みを作ることが重要である。 気軽にコミュニケーションできるようにすることで、連帯感が生まれ、共通の目標が形成されて共有され、貢献に対する感謝のやり取りが行われるようになる。 この仕組みは、TwitterやLobiなどのSNSで自然発生的にできることもあるが、確実に形成するためには、ゲームの中にグループチャットの機能

          ゲームの考察⑳ 課金で稼ぐ

          再生

          桜井の大神神社の桜天国。2022年4月7日撮影。

          ここの桜は見事。これであと3年くらい桜は見なくても良いかと思いました。お腹一杯になりました。

          桜井の大神神社の桜天国。2022年4月7日撮影。

          再生

          ゲームの考察⑲ 課金で稼ぐ

          プレイヤーに課金させるシステムを作り、課金したくなるアイテムをガチャで出したとして、ではそれだけで課金額が増えるだろうか? 作りが良ければ、ある程度は増えるが、爆発的には増えない。 課金することを後押しする仕掛け、これが必要になる。 そのひとつは「仲間からの圧力」。チームを作り、チーム単位で競う仕組みを作る。それによってチームメンバーからの「課金を促す」圧力が発生する。 「課金して能力を高めることで感謝される」ことによる圧力。これは長続きする圧力になる。 一方で「課金しな

          ゲームの考察⑲ 課金で稼ぐ

          再生

          柳生の里の桜。2022年4月7日撮影。

          柳生の里の桜はひっそり咲いていました。元気な子供達と怖いおばちゃんにも会いました。

          柳生の里の桜。2022年4月7日撮影。

          再生