見出し画像

先週はフードグルーブジャパンと味僕研な日々

暑さが少しひいたと思いきや、また暑くなるの繰り返しでいい加減辛くなってきました。夏は好きですが、暑いの嫌い派なので、本当にこの暑さだけ勘弁してほしいです。どうにか三日坊主にならず2週間目にこの書物も突入。書くことが多いようで、重なるので遺憾ともしがたし。

■ 先週の菊池が書いたもの。

【食楽】昭和30年から続く謎の羊料理「ホルモサ」を東京・日本橋で食べてきた
https://www.syokuraku-web.com/bar-restaurant/55149/

【ラムバサダー】ラムを骨まで使い切る! らむらぁ~麺らむね家
http://aussielamb.jp/lambassador/200821.html

結構、書くものが増えてきています。企画書いて、メール出して、メッセンジャーばかりしてるので、私の仕事の8割は文章書いてる気がしてます。料理王国にも載っているのですが、それは別の機会に。

■ FGJ(フードグルーブジャパン)を軌道に乗せる。

詳細は、FGJ(フードグルーブジャパン)こちらのリンク先をご覧頂きたいのですが、生産者と消費者の骨太で幸せな関係を維持するために、色々と手を打っているのですが、ポイントとなるものが2つあります。

1,部会

個性的な部長が運営する「部活動」のようなもので、畑部会はみんなで畑仕事。フルーツ部会はフルーツの問屋さんたちとフルーツについて学ぶ。地鶏部会は地鶏の可能性をみんなで開発していく・・・・など、会員が興味に合わせて所属し、各ジャンルのプロと遊んで学ぶという形になります。

2,イベント

生産者や食材の力を知るためにはやはり、実際に口に入れお会いするのが一番!ということで、テーマ別に食材と生産者を選び、実際に味わい理解を深めるために、20日に1回公式イベントを開催しています。今はWEBでの中継が多いですが、そのうちコロナが落ち着いたら、生産者さんたちをドカンと集めて大型イベントなどができれば・・・・・とも考えています。

画像1


まだまだ、始まったばかりの団体で、今からこれからですが、支えてくれる方たちを募集していますので、是非、下記リンクを熟読して頂き、会員になってくれれば嬉しいです!

▼FGJ(フードグルーブジャパン)とは

https://peraichi.com/landing_pages/view/y8bns


■ 味僕研1回め商品。辣子鶏販売開始。

画像2

全開でも触れた味僕研ですがついに商品発売開始です。徒手空拳の我々ですが、反応は上々。是非こちらも軌道に載せたいです。

ただ、面白いものを作ろう!だけではなく、消費者と工場が歩み寄れば、
もっと世の中幸せになるのではと考えています。

・今までの工場
→安く多く保管の効くものを作り広く大量に販売する。

・これからの工場
→高品質のものを少量作り適正価格で本当に好きな人だけに販売。

と言う実験です。どれだけ売れるかがポイントになると考えますので、
みなさま、是非、下記よりお買い上げください。

このように、いつもはまとめない1週間の主な動きをまとめるの備忘としていいですね。なんか、前回と似たこと書いてる気もしますが、1週間立つと忘れちゃうのでその点はご容赦を。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
(株)場創研代表取締役/(一社)来来県代表理事/羊齧協会主席/オージーラムPR大使/麻辣連盟幹事長 / コミュニティの力で様々なことができるんじゃないかと研究しています。備忘で色々載せておこうかと。どういう人かはこちら:https://kikuchikajiri.com/