見出し画像

DAILY CLEANERS &CO-がアウトドアウェア用洗剤を開発するまで

2019年12月からクラウドファンディングサイト、Makuakeにてプロジェクトを開始しました。「ダウンジャケットや機能性アウター専用の洗剤」を作る、そんなプロジェクトです。

※機能性アウターはTHE NORTH FACEとかPatagoniaとかでよく見るマウンテンジャケットなどを指します

光栄産業というクリーニング会社の2代目がどういう想いでこのブランドを立ち上げたかは別のnoteで記載をしているのですが、今回はどういうプロセスでこのプロジェクトを進めてきたのかまとめていきたいと思います。

意識したことは「選択と集中」

DAILY CLEANERS &CO-自体は2015年に(今でいうD2Cブランドとして)立ち上げたブランド。クリーニング会社として、いかにしてプロ仕様のクオリティを家庭用洗剤に落とし込めないかを考えたのがきっかけとなります。

立ち上げてから数年間、なかなか売上が伸び切らず試行錯誤を続けてきた結果商品数がどんどんと増えてきてしまいました。

画像1

商品数が増えてくると仮に売上が伸びたとしても管理コストで利益率は下がっていきます。「選択と集中」、プロジェクトの前に抱えていた課題は経営を進めていく上で必要不可欠なことでした。

改めて市場と自社のプロダクトを見直してみて

洗濯洗剤の購入する際の行動について、ユーザーヒアリングや観察を行ってみると、ドラッグストアに並んでいる中からなんとなく買ったものを継続して使っているケースの多さに改めて気付きました。

今のままだと露出力があり棚を取れているマスブランドには到底かなわないのは自明、という状況でした。

家庭用の液体洗剤は数百円から数千円前半の価格帯で各社しのぎを削っています。当然のことですが洗剤の主成分は基本的にどのブランドも大きな違いはなく、その微妙なバランスで例えば「汚れ落ちが強烈な洗剤」「無香料で肌にも優しい洗剤」など特徴をつけている、そんな市場なのです。

図1

DAILY CLEANERSの中性洗剤だと500mlで1,320円と正直に言って安くはない商品です。「再汚染防止」、「移染防止」、「抗菌・防臭汚れを落とす」などこだわりをもって作っているので自信はありますが、その特徴は使ってみないとなんともわかりづらく、その点がボトルネックになっていました。

他社では簡単にできないことに取り組む

ではどうしていくのが良いのか。

実は先程のユーザーヒアリングのなかで「どうやって洗えばいいのかわからない」という服が意外と多いことにも気づきました。そういう服はなんとなく1シーズンが終わってからクリーニングを出したり、そもそもクリーニングすら出さないこともあるようです。

私たちのブランドコンセプトは、

『本当に良いもの、思い出のある大切なもの、お気に入りのものを長く愛用したい』

です。長く愛用するためには最適な形でケアをすることが不可欠。

本当にプロ仕様のクリーニング品質を家庭に持ち込むことを目指すのであれば目的ごとに最適化された洗剤で「洗える体験」を届けることが重要ということに気づきました。

図21

目的別の洗剤はAll in Oneに比べると当然マーケットは小さくなります。そこまでこだわりをもって洗濯する文化を持っている人は多くないですし、敢えてそこを作ろうとするメーカーも多くありません。だからこそ、私たちのようなブランドがそこに取り組んでいく価値があるのではないか。

そう確信し、「目的別の洗剤を用意し、家庭でプロ仕様のクリーニング体験を提供する」ことを私たちのミッションにしていきたいと考えるようになりました。

そうして作りはじめた”アウトドア”専用洗剤

前述の通り、目的別の洗剤でニーズが出てくるのは以下のケースが考えられると思います。

・通常の洗剤ではケアできず、クリーニングに出していたようなもの
・そもそも意外とケアの仕方がわからないもの

この2点から「どういう服が一番、家庭で洗濯するポテンシャルがあるのか」を数字を見たり、ブレストしながら考えていきました。

そして作ることに決めたのがアウトドア専用洗剤です。
他にも候補はありましたが、最後に決め手になったのは「自分たちも一番欲しいもの」と考えたときにこれだ!と熱量が高く持てたこと。最後は数字ではなく想いで決断をしました。

画像4

なぜクラウドファンディングから取り組むのか

今回のプロジェクトは過去の反省も含め仮説検証型で進めていきたいと考えています。闇雲に手を広げるのではなく、しっかりとマーケットに求められることを確かめながら、良いものを作っていきたいからです。

最初に「選択と集中」という言葉を用いました。これは要するに「やらないことを決める」ということです。反応の濃度が確かめられるクラウドファンディングは私たちが行いたいことにぴったりだと思い、まずはクラウドファンディングからはじめることにしました。

今回、60日で500,000円という目標金額でプロジェクトをはじめました。まだ完成はしていませんが洗剤のプロトタイプを使ってみるとすごくいい製品ができてきていると思います。

ある人のダウンベストを洗ってみると、やっぱりたくさんの汚れが出てくる。洗い方を知っていればしっかりとケアができ長く愛着を持って使っていくことができる。こうした体験を多くの人に届けていきたいです。

画像5

最後にこれまで何度もリンクを貼っていますが最後にもう一度貼らせてください。

私たちがこれから「いい洗濯体験を届けていく」ための第一弾となる目的別洗剤です。

この想いに共感してくださるかたがいらっしゃればぜひ、応援よろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

37
IoT系スタートアップ( #インサイドセールス )←国産CRM SaaSベンダー( #セールス / #カスタマーサクセス )←UNIQLO契約社員(補正担当)。複業でスタートアップのBizDevやWebマーケ領域もお手伝いしています。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15778本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。