『衣・食・銃』2話:刺激的な日々へ

『衣・食・銃』2話:刺激的な日々へ


 校門から遠い、裏口でレタを招き入れた。敷地に入ってから建物の中までは薄い屋根と砂利落としのマットで道を作っている。この屋根の裏をよく見ると、ドーム型の監視カメラを見つけた。外部からは位置を確認できず、いざ下に来ても見つけにくい。侵入の証拠を確実に残すためだ。足元のマットも同様に、何かを落とせば絡めとって痕跡とする。回収するにはマットごと動かすしかない。

 かつてレタが通った学校と比べたら異文化そのものだ。地域差として片付けるには世界的に情勢が変わりすぎた。使い込みかたも周囲と比べて薄い。

「ようこそ。寮長のイーナ・デーモでございます。幸運に感謝します」
「依頼の概要だけは聞きましたが、払い主もあなたでしょうか」
「いえ、それは彼の両親です」

 イーナは長い廊下を案内した。ここは男子寮だが独特の匂いはもう薄い。奥まで進み、ひとつだけまだ使っている部屋に来た。

 来客を伝えるノックに対し、すぐに内側から開いた。この部屋はベッドの数から三人部屋のようだが、実際にいるのは目の前にいる少年ひとりで、ハンガーも余っている。部屋にある荷物はメッセンジャーバッグがひとつだけだ。

 テーブルで待つ少年の隣にイーナが、その向かい側にレタが座った。

「改めまして。私がレタ・オルフェトです。依頼の人物は、こちらの彼でしょうか」
 レタの挨拶に対し、少年ケイジは緊張した様子で話した。
「はっ、はい。僕はケイジ。ケイジ・ドレンともうします。おみ知り置きを」

 言葉の後になるほど声が小さくなる。俯いた赤毛越しにも、目線の先をレタ以外のあちこちへ忙しなく動かす。話をしばらく進められなかったので、見かねてイーナが口を開いた。

「私から説明しましょう。見ての通りこの学校は全寮制で、ちょうど今日から長期休業が始まりました。本来は送迎バスで各生徒を自宅まで送る、はずでしたが、このケイジは乗り遅れてしまったのです。気づいたときには追いかけられないほど離れて、どうしたものかと思い、ギルドの人に相談しました。その後で、ちょうどあなたが訪れたのです。無事故無違反で、仕事も早い。信頼できるお方。渡りに船です」

 おべっかが続きそうな気配を察知して、レタは話を誘導する。
「わかりました。まず確認するべきことが三つあります」

 レタのスマートフォンは入力の準備がすぐに整う。

「一つ目。目的地はどちらでしょう」
「地図もあわせて用意しています」

 提示された印刷物には、バスの経路と合わせて書かれている。道程はバスなら四時間程度だが、徒歩では絶好調でも三日はかかる。体力が不十分な少年を連れるなら、もっとだ。幸いにも天気予報によると晴れ続きで、雨は降ってもにわか雨程度で済む。体温の心配は少ない。

「わかりました。では二つ目。他の条件は。例えば期日だとか、定時連絡の要不要とか」
「それは、休業明けが四〇日後なので、それより先に着くならよいです。ギリギリでいいので帰省をしてほしいと。ご家族は年越しを楽しみにしておられます」

 日程には余裕あり。メモには「問題なし」とだけ書いた。

「最後に三つ目。これは本人への質問です」

 レタは念を押すように、ケイジの一挙手一投足を観察しながら話した。

「この厳寒の中、一週間以上の旅をする自信はあるか。時には野宿もするし、野生動物や乱暴な人間に襲われるかもしれない。多少なら私が守るけど、恐怖心だけは拭えない。そんな環境が一週間も続く。もし自信がないなら、諦めてここで世話になるほうがいい。少なくとも、死ぬよりは」
「僕は‥‥」

 ケイジは話から想像を膨らませた。これまでバスから見た景色のうち、都市らしき場所はわずかな休憩の時だけで、他はどこも土と植物の色だった。たまに見える文明の色は、乗り捨てられた車とか、武器やバリケードの破片ばかりだった。前後を走る、護衛用のバスが威圧感を放ってなお、窓の外を見れば争乱に巻き込まれる恐怖が拭いきれなかった。

 仮に何もなくとも、寒さだけでも生存には厳しい。隙間風の寒さを思い出す。野宿では壁や扉ごとない。

「答えは後でもいいよ。どちらにしても今夜は泊めてもらうから、朝までじっくり考えて」

 レタは立ち上がり、遠い部屋を要求した。重要な話を考えるにあたり、落ち着ける環境が必要だ。物音や気配で気が散ってはならない。イーナも同意し、案内のため扉を開けた。

「オルフェトさんは」
 出る直前にケイジから質問した。
「普段からそんな環境に身を置いているのですか」
「そうね。君と同じくらいの年頃からずっと。この時期の野宿でも、週に二度はある」

 レタは短く伝えた。飾り立てはなく、ありのままに。この短い情報が決め手になった。ケイジも十五になる。何か新しい一歩を踏み出したい。ケイジは変化を求めている。

「僕は決めました。一緒に行きたい」

 ケイジの目は真剣だ。それでも肩には震えが見える。レタが見つめ返すと、一瞬だけ目線を逸らしたが、すぐに再び見つめ返した。呼吸が浅く、小刻みに止まる。初めての経験に飛び込む直前には、誰でもそうなる。決意を固めた目だ。

「いい目をしてる。ならばイーナさん。私は同じ部屋で眠ります」
「年頃の男女が?」
「焦らずに。出発したら着くまではそうなるのですよ。安全なうちに、寝る様子を見ておきたい。寝息、寝相、姿勢。もし不適な場所を選んだら、失うものは命です」

 イーナを落ち着かせる目的も兼ねて、レタの見通しを話し始める。

「さて、この距離と内容から、日程は十日を見積もります。ケイジは長距離を歩くにはまだ慣れないでしょう。なので休憩を多めに、野宿を最小限にするルートを選びます」

 ケイジの顔に安心が浮かんだ。初めはレタに対して、怖そうな印象があった。内容を聞くとケイジの事情に合わせて選んでくれる。勇気を振り絞った後のケイジには優しい。その表情を見てイーナも、信じて送り出す。

「わかりました。ケイジをよろしくお願いします」

 一礼して、イーナは残りの事務を受け持つ。

 部屋に残った二人は、今日の眠りかたを準備した。レタはロープの塊を引き出し、手近な柱にぶら下げる。いくつも重ねてマントとして身につけていたが、こうして使うとハンモックになる。外側のマントは防風防水加工の特殊な生地で、これを屋根にして雨風を防ぐ。

 手で押したり引いたりして、風での靡きかたを再現した。体を乗せるときに、マントの下に着込んでいた別のマントを体に巻く。こちらは体温を守るための柔らかな生地だ。出し入れの動作はごく短い、四〇秒で済ませた。

「オルフェトさん」
「レタと呼んで。短い方がいい」
「じゃあ、レタさん」
「さんもやめて。とにかく縮めて」
「馴れ馴れしく思いませんか」
「死ぬよりはいいよ」

 ケイジは間抜けな声を出した。これまでの常識を覆された。

「一瞬の遅れで全てを失う。その一瞬はいつ来るかわからない。それが壁の外。意識から備えて。荷物もね」
「バッグの中身、ですか」
「仕切りがないでしょう。必要な道具を見失ったら、探す間にも危険は迫ってくる」

 ケイジは中身を確認した。大きいものはバスで運ばれたから、残っている財布とスマホだけで広々と使っている。

「どうしたら?」
「とりあえずは、落ち着いてから使うものを下にして、急に使うものを上に。つまり、下が寝袋で、上が水と雨合羽だね」
「えーと、何も持ってません」
「そう。明日は買ってから出発だね」
「お金は後で、でもいいでしょうか」
「衣食はギルド持ち。気にしなくていいよ」

 レタはデモンストレーションとして、私物用の鞄を目の前の床に置いた。四本の紐を持ってぶら下がった状態から床に下ろす。重さを床が受け止めて残りは側面に落ちようとする。その力で紐の付け根が広がった。最後にはレジャーシートの上に荷物を山積みにした形になった。

 文字通り一瞬の動きで中身が並ぶ。小分けに丸めた荷物は、不透明な袋が二個と、残りは透明なジッパーバッグだ。

「次は持ち上げると」

 端から伸びる紐で引き、シートが荷物を包んでいく。すぐに背負い袋の形になった。仕上げに捻って不意に開く事態を防ぐ。

 次は移動との組み合わせを見せた。歩く途中で床に置いて必要なものを取る。歩き始めながら引くと袋になり、そのまま背負う。両手を開けるため、普段は背負子に乗せている。

「動きは早いほどいい」
「すごい、かっこいい!」

 ケイジは目を輝かせっぱなしだ。表情はのんびりとしたままで高揚の匂いを発している。レタとしては、もたつく懸念があるし、心境を丸出しにするのも問題だ。匂いで感情を読まれてしまう。とはいえ慣れで解決する話だ。興味を持った状態なので、学習の早さに期待できる。

「ありがと。呼び方の話に戻るけど、私も君をケジと呼んでもいいかな」

 カタカナ表記ではやり取りに違和感があろうが、これは言語圏の違いに起因するものだ。

「もちろん。よろしくお願いします」
「よろしく」

「ところでレタさん」
 ケイジは先の話を思い出した。
「ごめん、レタ。マントの下に服が見えたんだけど、その服で大丈夫なの? 寒そうだし、旅に向いてるとも思えない」
「その通り。でも、それを補う利点がある」

 レタはマントを開いた。赤色のワンピースはケイジの見間違いではなかった。胸元と、鼠蹊部から太ももにかけて皮膚を露出している。近くで観察するとストッキングらしき生地が見えるが、その距離で観察できるのは顔馴染みだけだ。

 ケイジは不如意に目線が吸い込まれて、その度にあわてて他へ目を向ける。

「そう、その動き。喧嘩を挑む相手も、同じ動きで隙ができる」

 ケイジは身をもって納得させられた。

「もう寝ましょうか。睡眠不足だと歩くのも遅くなるからね」

 レタは言うが早いか、ハンモックに飛び込んだ。背中にあった荷物をいつの間にか抱くように持ち替えて、巻いた防寒マントを押さえている。

 出発は朝だ。ケイジは寝るまで、ご無沙汰になりそうな褥の柔らかさを味わった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エコエコ河江

私が書きました。面白いツイッターもよろしくね。 https://twitter.com/key37me

押すだけで喜びが出てくる魔法のボタン
たのしい小説をたのしく書きます。 10年ほど使った名前「のいん」に複数の問題があったので、 2020年04月23日から改めました。 10年より長く使う予定なので、 得るもののほうが多いと結論づけたのです。 アイコンは友人Tによるもの。安否の連絡ください。