なぜ海外でソフトウェアエンジニアとして働くのか

Ken Wagatsuma

自分は英国でソフトウェアエンジニアとして働いているからか、ここ数ヶ月は、海外で働きたい人からのキャリア相談をよく受けている。人によって様々な理由があるのだけど、そうして人と話すことで内省的に自分自身を振り返ることも良くある。

なぜ、私は海外で働いているのだろうか。日本じゃダメなのだろうか。

高い給料?

よく「海外のソフトウェアエンジニアの年収は二千万円だ」とか「三千万円だ」とか騒がれているけど、未だにこの議論が盛り上がるのがよくわかっていない。

海外と日本を比較したいのだろうけど、単純に給与だけを比較しても何も生まれない。

まず、外貨で獲得した給与を日本円に換算しても、為替によって大きく額は変動するので、明日は千五百万円になっているだろうし、来月は五千万円になっているかもしれない。なので、外貨で年収をもらっている人は、為替によって得をしている時には日本円に換算したがるけど、損をしている場合にはきっと換算しない。今は円安なので、そういった話を耳にしやすいだけだろう。

そもそも給与は、業界全体のトレンドと、会社の収益構造と、個人のポジショニングによって給与レンジが決まる。したがって、年収二千万円相当のソフトウェアエンジニアが、年収一千万円相当のソフトウェアエンジニアより技術力が高いことにはならない。

年収二千万円をもらっていても、生活費が高く、インフレも進む北米や欧州で住んでいる場合、そこを加味する必要がある。日本で年収二千万円の収入で暮らすのとは訳が違う。

また、こういった高収入が騒がれるのは、大抵の場合上場しているビッグテックによる給与体系で、場合にもよるが数十%は株(RSU)による給与だ。ベースの現金収入ではない。年収二千万円でも、そのうち五百万円(25%)は RSU でもらっている、と言う例も珍しくない。現金化するまで時間がかかるし、税金もしっかりかかるし、株価の推移によっては期待する収入が入ってこないこともある。それを現金収入と同列で議題の俎上に乗せるのは違和感がある。

日本の危機感を煽ってお尻に火をつけるのは否定しないけれども、ぜひ他の尺度も見てほしい、とは思う。

日本が嫌い?

「日本が嫌いなんですか?」と聞かれることもある。決してそんなことはない。

どうしても主語が大きくなりすぎるトピックだが、日本には好きなところも嫌いなところもある。同様に、北米にも好きなところもあるし、嫌いなところもある。今住んでいるイギリスだって、好きなところだけではない、嫌いなところもたくさんある。

重要なのは、その国の"嫌いなところ"がどこまで「受容可能(acceptable)」かどうかであって、国全体を嫌い、と言う話にはならない。

確かに、日本のピアプレッシャーや年功序列、遅れているペーパーレスの導入や融通の効かない役所仕事など、嫌いなところもあることは否定しない。

しかし、そういった点も、日本にいる関係各所の努力によって日々改善されている。美しい自然、進んだ医療制度、文句無しの国民皆保険制度、おもてなしの文化、舌鼓を打つしかない美食など、むしろ好きなところだらけである。

そもそも日本が嫌いなら、こうやって日本語で発信しない。日本人であることを捨てるだろう。

少しでも、日本の中から海外にチャレンジする人が増えてほしい、自分の経験が価値観がきっかけとなってほしい、と言う思いがあるから日本語で発信しているのであって、本当に嫌いなら無視をするだろう。

子どもをバイリンガルにさせたい?

子どもに「良い」教育を受けさせたいから海外なんですか?と聞かれることもある。

「良い」教育って、なんなのだろうか。子どもの成長に伴って日々考えさせられている。答えなんて出ていない。

確かに英語圏で育てれば子どもは自然とバイリンガルになるかもしれない。しかし、バイリンガルにさせることってそこまで重要なことなのだろうか?

複数の外国語を話せることなんかより、一つの言語に精通することで、物事を深く考えることができるようになり、哲学を理解し、建設的な議論ができ、他人の気持ちに寄り添えることの方がよっぽど大事なんじゃないだろうか。

そもそもバイリンガルにさせたければ、日本でもやりようはいくらでもある。インターナショナルスクールと言う選択肢もある。日本の教育ビジネスだって、内容や教材の質は高いと思う。値段も高いけど。

理数教育など日本の方が平均として進んでいる面もある。北米や欧州に来たからって、自動的に"良い"教育を受けさせてあげられるなんてことは無い。

じゃあ何がしたくて海外にいるの?

そんなこんなで自問自答する中で、一つの答えが出たことがある。

きっと、私にとっての海外にいる意味は、「競争」なんだと思う。

資本主義の権化と思われるかもしれない。「勝っている間はいいよね」と思うかもしれない。しかし、本質はそこではないと思っているし、そう思いたい。

競争の激しい社会に身を置くと、圧倒的に「負け」の数が増える。そもそも競争の機会が多いので、勝負する場面も多い。そして、市場がそもそも大きいので、より優秀な人と競争しないといけない。より成長しないといけない。

したがって、絶対的な「勝者」と絶対的な「敗者」なんていない。勝者であり続ける人はいないし、敗者であり続ける人もいない。誰もが、日々、勝者と言う役割と敗者という役割を交互に演じる中で、前進し、創造し、気づきを得ているのだと思う。

そんな中で感じる、成長している実感、満たされていく知的好奇心。そこに惹かれているのだと思う。

日本は、そもそもソフトウェアエンジニアの市場が小さい。また、日本のソフトウェアはグローバル化を見据えず日本市場を対象としていることも多いので、日本語でソフトウェアを作り、日本語で売ろうとする。グローバルな市場から人を採用する土壌にあるとは言い難い。メルカリのような例外はあるが、メインストリームではない。

だからこそ、海外のソフトウェアエンジニア市場で働くことで、常に上昇志向を求められる。より技術力を高め、社会にとって真にインパクトのあるプロダクトを作るチャンスに恵まれる。

補足するが、決して自分が日本の市場でトップを取ったと思っているわけではない。むしろ、自分の技術力は、中の上にも過ぎないだろう。何も成してはいない。

ではなぜ、まずは小さい市場でトップになることを目指さないのか?その路線で努力している人もいるだろうに。

言語化が難しいが、より大きな競争市場に身を置く方が、自分の絶対的な成長速度が上がると信じているのかもしれない。「センター試験で百点満点を取ることを目指すより、数学オリンピックで入賞したい」という感覚に近いのかもしれない。目標が高い方が、自分の成長曲線が上がる、というように。

だから、日本市場だと成長しない、と言っているわけでもない。自分にとって、競争原理を利用した方が効率が良い、と言っているに過ぎない。

どうせ戦うなら、クリリンではなくて覚醒状態の孫悟空と戦いたい(ごめん、クリリン。君も十分強いけど)。負けたとしても、スーパーサイヤ人状態の本気のパンチを受けた上で敗北を認めたい。

じゃあこのあと何がしたいの?

では、死ぬその瞬間まで競争していたいのか?競争だけが人生の目的なのか?

…確かに、知的好奇心を満たし続けるということほど贅沢なことはない。金銭面が理由で一度大学進学を断念しかけた自分は、学問や勉強に大して必要以上に妄想を抱いている節もある。読書をして、思索に耽って、気の合う友人と議論しながら毎日を過ごす、それほど贅沢なことは無いだろう。

でも、それで人生を終わらせたく無いと思っている。社会への還元、価値の創出、人類の発展の寄与。そこにソフトウェアエンジニアとして関わることほど刺激的なこともない

つい先日話題になっていた以下の記事で、そんな自分の心中をズバリ言い当てている箇所があったので、紹介したい。

人間の能力は、元々の地頭の良さだけでなく、どこに身を置くかで決まる側面が強い。日本の成長期に偉大な起業家がたくさん輩出されたのは偶然ではない。優れた人は、競争の激しい場所、成長が起きている場所から生まれる。残念ながら、今の日本はそういう場所ではない。

絶望的な状態になれば、どんな組織であっても、年功序列や慣習などを無視して、有能な人をトップに据えるようになるだろう。最近日本でようやく株主のアクティビズムが成功しはじめたのは、このことと無縁ではないと思う。将来にはもっと同じことが増えるだろう。海外で腕を磨いておいて、いつか苦境にある故郷の組織から声がかかる人になっていてほしいなと思う。

https://note.com/taejun/n/n53c9e31fa7c8

きっと、これなんだと思う。

社会には、解決したい課題がたくさんある。助けたい人がいる。直したい制度がある。それについて考えれば考えるほど、自分自身の限界と未熟さを痛感している。それでもテクノロジーの可能性を信じ、好きでやっている業界に身を置いているからこそ、「成長」という二文字に囚われているのだと思う。

海外(欧州)で暮らしていくのは、予想以上に不確実で、想像以上に大変で、期待する以上に脆弱な社会システムと向き合うことになる。

だからこそ社会に価値を還元できる人になりたいし、そんな気持ちを持つ人と出会いたいし、一緒に働きたいのだと思う。

同じような価値観の人ともっと出会えたらいいな、と思っている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Ken Wagatsuma
🇬🇧 英国在住シニアソフトウェアエンジニア https://kenwagatsuma.com/