スクリーンショット_2018-07-15_13

弁護士の起業① 〜プロダクト開発編〜

先週、東洋経済の「すごいベンチャー100」に掲載をいただきました。
まだまだ発展途上の当社を取り上げていただき、感謝しかありません。

この雑誌を契機に、「どのような考えで弁護士から起業されたんですか」とか「自分も起業したいんだけど・・どうすればいいかわからなくて」という、起業についての質問や相談をいただくことが増えました。

そこで、少しでも参考になればと思い、私自身の体験談を書こうと思います。

特に相談が多い、「プロダクト開発ってどうすればいいの(T_T)」というところにフォーカスしました。

私は、今のスタートアップ界は2つのパターンが多いと思っています。

パターン①:学生起業に代表されるような、「スタートアップをやるぞ!!」と思って起業するパターン

パターン②:元々はサラリーマンや自身で経営などをしていて、社会や業界の「ペイン」に気づいて起業したパターン(30代以降が多めな気がする)

※便宜上、パターン②を「大人のスタートアップ」と呼ぶことにします。

僕は、典型的な②の人なので、そういう方に少しでもお役に立てれば!

さて、私も、②の典型的な人物だと思いますが、そういう人の多くは、
・ベンチャー村との関わり0
・もちろんVCとも0
・プログラミング0(読めない、書けない、分からない)
・エンジニアの知り合い0
・ほかに仕事をしていたり、会社を経営している(私自身も当時は弁護士法人を経営していました)
・家族をもっている(私はいませんが・・・)

ことが多いかなと思います。

今は、起業についての本なんかがすごいでているので、「方法論」には事欠かないと思いますが、事例はなかなかないので、少しでもお役に立てれば。

Googleのエリックシュミットが書いた本「How Google Works」に感銘をうけて、「プロダクト」を創りたい!と思っていました。
そのときは、2016年くらいでしょうか。

ある程度、その業界にいれば、「ペイン」は浮かびます。
「もっとこうしたら顧客のためになるのにな」
「この作業非効率じゃね?」
などなど

そして、そのためにアイデアなんてのは山ほど浮かんでくるわけです。

私も、現在、私が取り組んでいる、契約書クラウドシステムだけではなく、
・交通事故プラットフォーム
・自動契約書作成・レビュー
・M&Aのデューデリジェンスの自動化
・損害算定ツール
などなど。
いろいろ考えました。

でも問題は

じゃあ、どうやって実際のプロダクトつくるの!!

ということです。

というわけで、以下、私が実際に考え、実行したパターンです。
※あくまで個人の感想です。

① 1からプログラミング学習する

1日で断念しました。。。
理由は、
⑴難しい
⑵いつまで時間かかるんや・・・
ということです。
少し、かっこつけていうなら、

俺がやることは、ビジョンや戦略を描くことなんだ!プログラミングじゃない!
ということでした。

「大人のスタートアップ」の場合、おすすめしません。

今まで、プログラミングをやってきた方なら別かもですが、今までやってこなかったことを1からやるのは時間も、労力もかかります。

② 共同創業者をさがす
ありだと思います!

ただ、大人のスタートアップの場合、周りにいる人も、仕事や家族をもっている「大人」の場合が多く、未だなんの実績もない会社にJoinしてくれるということはなかなかに難しいと思います。

ここが、パターン①起業と違うところです。
彼らにはノリと勢いがあり、典型的なスタートアップストーリーのようにアパートの1室で共同起業するということがあるかなと。

もちろん、これができるなら1番いいと思います。
ただ、これができないから、「起業したいけどどうすれば・・」という相談、悩みが多いのかなと。

③見積型外注

「あくまでプロトタイプ」と割り切れるならありかと思います。

つまり、起業のことをよく知らない「大人のスタートアップ」の場合、【外注=指定のものを完璧に作りあげる】という発想が強いです。
それは、実際の会社やビジネスの場で、そのように様々な業者とお付き合いしてきたらです。

なので、外注に依頼をして、見積金額がでてくると、「大人のスタートアップ」側は、「この金額で完璧なもの=売れるもの」ができあがると思いがちです。

当たり前ですが、スタートアップにおいては、「改善が命」です。
最初にできあがったものなど、カスみたいなものです。
依頼したあなたは不満だらけでしょう。

なので、

ほとんどの場合、手直しを要求することになります

そして、おわかりのとおり、なるべく早く終わらせたい受注側と、できるかぎり無料(または安く)で手直ししてほしいあなたの側で揉めます。

余談ですが、エンジニアリングで最も重要なのは、技術よりも「そのプロダクトのことをどれだけ知っているか」だと思っています。
どんなに腕があるエンジニアでも、初めてのプロダクトだと、構造を理解するまでに一定程度時間がかかります。

なので、単発外注で作ったプロダクトについて、外注と喧嘩別れすると、そのプロダクトは誰も手をいれられない「ゴミ」になる可能性が高いです・・

私も、いろいろな業者に数百万〜1000万以上かけましたが、現在のHolmesに活かされているものはほとんどないです。

④継続的外注

最後に行き着いたのがこれです!

一番のおすすめ!

つまり、【月額○○万円を支払う】というだけの契約です。
メリットとしては


・受注側は、工数を気にしなくていいため、しっかりと話ができる。
※顧客目線での開発ができる。
・もちろん、どんどん改善できる。
・継続的な関係なので、良い人間関係を築くことができる。
 ※こちらの関わり次第です
・理念や目的やビジョンも共有できる。
 ※こちらの関わり次第です

私たちも④の方法で、Holmesを開発し、ロンチしました!

1度ロンチをすれば、VCも顧客も、そして仲間も格段と集まりやすくなると思います!

【契約の全てを簡単に】
https://www.holmes-cloud.com/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
21
株式会社会社リグシーCEO 契約書クラウドサービス『Holmes』を展開しています。 2018年1月で弁護士登録を抹消しました。スタートアップの奮闘や気付いたことなどを発信できればと思っています。リーガルテックは多めに発信予定。