見出し画像

リモートワークを支えるSaaSサービスをまとめてみました。

リモートワークにとても有用なSaaSサービスをまとめました。これらのサービスを使い倒せれ ば、ツールで困ることはまずないかと思います。

【チャットツール】Slack・Chatwork・Teams

なんと言っても王道、Slack。

Slackは2013年8月にアメリカでリリース。2018年6月には、世界100カ国以上でDAUが800万を突破。日本でも50万人以上が毎日利用する、ビジネス向けコラボーレーションツールです。

日本でもその人気はとどまることを知らず、もはや多くのIT企業で、ほぼ必須のコミュニケーションツールになっていると思います。

スクリーンショット 2020-03-09 19.28.10

それから、Chatwork。

社内外でのコミュニケーションを円滑にするために、チャットツールを検討・導入する企業は少なくありません。中でもビジネスコミュニケーションに特化したチャットツールとして、現在160,000社以上の企業が導入しています。

Chatworkには、チャット機能やファイル送信機能など、チャットのビジネス利用をスムーズに進めるための機能が充実しています。他にもタスク管理機能など、自分自身の業務効率化にもつながるものもあります。

スクリーンショット 2020-03-09 19.29.07

3つ目はTeams。チームのためのチャット、音声通信、会議の機能をまとめて提供する、チーム間のコミュニケーション促進ツールです。

スクリーンショット 2020-03-09 19.29.56

「働き方改革」と言うからには、社員がいつ・どこにいてもスムーズなコミュニケーション方法ははじめに確立したいですよね。

働き方改革というその言葉だけを振りかざして一気に推し進めるのではなく、まずは働き方改革ができる環境づくりから始めましょう。Teamsを使えば、それが可能になります。

【タスク管理】Trello・Asana

1つ目はTrello。

カードを動かしながらタスクを視覚的に管理できるカンバン方式のツールです。壁面に付箋紙を貼るような感覚で、ドラック&ドロップで直感的に操作が可能。わかり易いインターフェースと、多数の外部ツール(Slack、Github、Salesforceなど)と連携したプラットフォームの構築により、サービスが充実しています。

スクリーンショット 2020-03-09 19.32.21

2つ目はAsana。

AsanaはFacebookの共同創業者のダスティン・モスコヴィッツと元Googleエンジニアのジャスティン・ローゼンシュタインが立ち上げたタスク管理ツールです。

仕事の生産性を上げるために必要な機能が充実しています。白と黒を基調としたシンプルな作りが評判を呼び、さらにチュートリアルが充実していることからITツールを使い慣れていない人からも好まれるようになりました。

スクリーンショット 2020-03-09 19.33.11

【ファイル共有】Googleドライブ・Dropbox・OneDrive

Googleドライブとは、Googleが提供しているオンラインストレージサービスです。

オンラインストレージとは、通常はエクセルのファイルや画像、動画などのファイルは自分のPCに保存するのだが、それらをネット回線を通じてサーバー(クラウド)にアップロードして保存するサービスとなっています。

スクリーンショット 2020-03-09 19.33.50

2つ目はDropbox。

最大の特徴はiPhone・PC 上ではなく、インターネット上にあるサーバにファイルを保存できることです。

そのおかげでiPhone や PC が壊れたり、紛失したとしてもIDとパスワードさえあればDropboxに保存したデータにアクセスできます。
また、ファイルを過去の状態に戻したり、削除した後でも復元できます。もちろん、復元できないように徹底的に削除することもできます。

スクリーンショット 2020-03-09 19.34.28

3つ目はOneDrive。

Windows 8やWindows 8.1を搭載した機種をお使いの方は、「OneDrive」や「SkyDrive」というアプリを見たことはないでしょうか。実はこのアプリ、今話題の「オンラインストレージ」なのです。アカウントひとつで、保存したファイルをさまざまな場所で、さまざまな端末で利用できるようになる、とても便利なアプリです。

【ビデオチャット】Zoom・GoogleMeet

Zoomとは、いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議を実現するクラウドサービスで、簡単に言えば、複数人での同時参加が可能な「ビデオ・Web会議アプリケーション」です。

Google が提供するシンプルで高品質のビデオ会議アプリをぜひご利用ください。 チームメンバーやパートナーが世界のどこにいても、コラボレーションとチームワークの構築を実現できます。 招待を受けたユーザーは誰でも Meet の会議に参加できますが、一部の機能は G Suite のお客様にのみご利用いただけます。

Wherebyとは、WEB会議の主催者(ホスト)がルームを作るために簡単な登録を行う事によって、WEB会議の参加者がアカウント作成やログイン作業を行うことなく、主催者によって発行されたURLをクリックするだけでWEB会議に参加することのできる便利なビデオコミュニケーションサービスです。

Google ハングアウトは、チャット、音声通話、ビデオ会議の機能を 1 つにまとめたサービスであり、どのデバイスからでも利用できます。

【スケジューリング】Hubspot・you can book me・bisket

HubSpot(ハブスポット)は、マーケティングアクションを最適化&自動化する「マーケティング」を中核として、案件管理や営業活動の効率化に役立つ「セールス」、Webサイトのコンテンツ管理が行える「ウェブサイト」の領域までカバーしており、それらすべてが単一のプラットフォームで提供されている点がHubSpotの最大の特徴です。

機能の中に自社メンバーとのミーティングをセットする機能があります。Googleカレンダーとも連携しており、日程調整の手間が省けます。

2つ目は、you can book me。

Googleアカウントでログインするとhttps://atskimura.youcanbook.me/のようなURLが振られ、以下のような施設予約ページができます。

Google Calendarと連動しているので当然予定が入っている時間は予約ができない状態になっています。

スクリーンショット 2020-03-09 19.44.15

3つ目は『biskett』。「しごとの出会いをなめらかに」というコンセプトのもと開発した、ビジネスシーンに特化した日程調整サービスです。個人事業主から大企業まで、仕事で日程調整をするすべての方に便利にお使いいただけます。

【セキュリティ】1Password・VPN

「1Password」は、数えきれないほどあるアプリやサービスのログインIDやパスワード、クレジットカードなどの情報に「マスターパスワード」と呼ばれるたった1つのパスワードでアクセスできるというもの。

VPNは、インターネット上に仮想の専用線を設け、安全なルートを確保した上で重要な情報をやり取りすることにより、盗み見や改ざんなどの脅威から大切な情報を守ることができます。

【エンゲージメント / マネジメント】RemoManager・Chimp or chump・Wooboard

急速に広がるリモートワーク。管理職・マネージャーはこれまでとは違うマネジメント手法が求められています。タスク管理もさることながら、1番の課題は「コミュニケーションが不足する」ことにあります。

RemoManagerは、リモートワークにおけるチームのマネジメントをサポートし、対面と変わらないエンゲージメント・生産性の担保を目指します。

スクリーンショット 2020-03-09 19.46.39

Chimp or Champは、チームの脈拍をチェックし、従業員の幸福を改善し、より良い結果を達成するための、毎週匿名の従業員幸福度メーターです。

職場の雰囲気が悪いと良い業績は望むべくもありませんが、人間関係が悪化すると時にはうつ病を引き起こす危険があることも指摘されています。そんなギスギスした職場の環境を改善し、チームの士気を高めるために、メンバー同士が互いにほめ合うことでチーム全体の能力を底上げしようという目的で作られた掲示板サービスが「WooBorad」です。

【勤怠管理】King of Time・ジョブカン勤怠

勤怠管理・就業管理システム キングオブタイム(KING OF TIME) 『KING OF TIME』は、勤怠管理に必要な様々な機能を網羅した、高機能勤怠管理システムです。

スクリーンショット 2020-03-09 19.48.25

ジョブカンは勤怠管理・シフト作成が一元管理できるASP勤怠管理システムでインターネットでどこからでもアクセスでき、どなたでも簡単に操作できます。

スクリーンショット 2020-03-09 19.48.41

【経費管理】MFクラウド経費・ジョブカン経費

「MFクラウド経費」はレシートを撮影するだけで自動入力やクレジットカード・Suica利用履歴の自動連携機能を備える経費精算アプリです。 そのため、経費の入力にかかる時間が従来の1/10にもなるサービスです。

スクリーンショット 2020-03-09 19.49.16

ジョブカン経費精算は、経費精算の申請から承認までと、精算処理をクラウド上で行うことができるシステムです。 初期設定を行った後、実際に運用開始することができます。 申請の承認完了時や確定処理を行うことで、仕訳データやFBデータが自動で生成され、経理処理にかかる時間を大幅に削減することができます。

スクリーンショット 2020-03-09 19.49.47



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
ハイマネージャー株式会社公式noteです。パーソナライズド・マネジメントサービス「HiManager」を提供しています。マネジメントに活きる知見を発信しています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。