keizo murai

キヤノン株式会社、そしてアメリカのゲームメーカー、エレクトロニックアーツのアートディレクターを経て、今は絵本のwebストアを運営する絵本クリエイター【毎週土曜日、読書会やってます。本のことお話しましょう!】
固定された記事

人は「趣味の時間」だけで生きていけるのだろうか。

2011年に起業して、10年が経過。 おかげさまで その間、ほぼ、好きなことしかしない毎日を過ごしています(;^_^A ・ 好きなこととは・・・ ・ 〇洗車:早朝5:00~6:00 〇…

1年前

芥川龍之介の「竜」は、実に凝った作りの作品です。

冒頭、1行目から、え・・・と思わせる。 こんな風に始まります。 宇治の大納言隆国 「やれ、やれ、昼寝の夢が覚めて見れば、今日はまた一段と暑いようじゃ」 「何、往来の…

1か月前

アルベルト・カミュ「異邦人」の文章は なぜ、たどたどしい文章なのか・・・。

「異邦人」を読み解くポイントは 主人公ムルソーの思い出語り、という点にあります。 平易で感情のない文章 たどたどしい文章。 全て、思い出語りだと思うと納得がいきま…

8か月前

ヘミングウェイの「老人と海」は ハードボイルドの王道を行く小説です。

読み終えた後で見返すと ヘミングウェイの文章は1行たりとも無駄がないような気がします。 たとえば冒頭。 「このところ84日間、一匹も釣れていなかった」 この短い文章が…

8か月前

泉鏡花「天守物語」は、 セリフ回しの妖艶さにゾクゾクします・・・(;^_^A

今回は2幕目。 天井を貫きたる高き天守の棟に通ずるはしご。 つまり「天空」より降りたる梯子。 そこから天守夫人、富姫が登場します。 舞いすがる蝶々の三つ二つを、蓑を…

10か月前

泉鏡花「天守物語」は、 高貴な女性の凛々しさが光る物語。 極上のエンターテイメントです。

今回は1幕目。 舞台は姫路城、天守閣。 季節は晩秋。 ・ 人が立ち入ることができない天守閣にいるのは この世のものではない方々。 天守夫人、富姫に仕えしは 侍女五人。桔…

10か月前