小さな秋に寄す

秋は小さな季節ですから、今年もまた、早くも秋が終わりを迎えてしまおうとしています。

ところで、秋という季節は、余りにも美しくなかろうか。食欲の秋。読書の秋。。。ええい!そんな具体的な形容は、今は一旦置いておこう!1年のうちで最も不可思議に自然が色付く秋は、曖昧で、遠い夢を、私たちに多く見させてくれる。秋はどうしてこんなにも美しいのだろう、不思議で不思議でならぬと思ったいつかの僕は、「桜は散るから美しい」という例の規則を紅葉の方にも当てはめて、ひとまず一件落着とした。

秋の美しさに理由なんていらない。というのが本来は筋といったところだが、でも長く厳しい冬を前に一旦は散らねばならぬ葉が、その最後の姿として最高の輝きを放つというのは、言うなれば自然の摂理なのかもしれない。作曲家の晩年の作品には秋の終わりを感じることが多々あって、ベートーヴェンのOp.110やショパンの舟歌のコーダにおけるあの高揚感もその例か。
「散る間際に葉は黄色く・赤く色付くことができる」。そのように世界を作り給うた神は、又は科学の法則は、何たる芸術の天才だろう。


そんな美しい秋には、思う事が多い。はずなのだが、今年はそうもいかなかったのだ。先日のコンクールの準備に明け暮れる日々の中で、僕は次第に日常から遠ざかっていった。演奏における細かな技術とニュアンス、という、具体的な事柄の追究ばかりで日々が埋められていった。コンクールが始まってある日の朝、久々に、全ての必用事を忘れ心を無にして公園を歩いた。木々は僕の知らぬうちに色付きを増し、秋の中でも最も美しい時期が、そこにはあった。すなわち、1年のうちで最も涙ぐましいあの瞬間が、今まさにそこに訪れていたのです。僕は、かけがえのない秋を素通りしかけている自分を悲しく思って、ふと目に留まった足元の落ち葉を一葉、持ち帰り、コンクールの間中ずっとピアノの上に置いていた。音楽の中に、どうか秋を忘れぬよう。
そいつは今では干からびて、ただの黄色の皺くちゃになってしまった。僕も落ち葉もなかなか頑張ったもんだ。

余談だけれど、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番の第1楽章は、僕の中では昔からどうしたって「ある晴れた秋の一日」なんです。秋にあの音楽を弾けてよかった。まあ演奏当日、天気はどしゃ降りだったけど。


さて、四季のうちでダントツで好きなのは秋だとするならば、ダントツで嫌なのが冬だ(冬さんごめんなさい)。長く厳しい冬を前に最後の輝きを見せてくれる秋がいなければ、僕はどうやって毎年の冬を乗り越えて来られただろう。
だから今年も、そんな小さな秋に、大きく感謝して、どうにか冬を乗り切ろう。


P.S. 思い付いた、美しきダジャレを一編。

紅葉に、高揚する秋。

……うん。
では、また

画像1

スペインと、

画像2

パリと、

画像3

ドイツの秋。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Merci beaucoup;)
145
ピア二ストの務川慧悟です。

この記事が入っているマガジン

コメント4件

晩秋の秋に思いだすのは銀杏の黄色い落ち葉が敷き詰められているのを思い出します。シャンゼリゼ通りのイルミネーションも始まり、あなたはカフェのテラスで遠くを眺めながら過ごしているのでしょうね。秋から冬にかけてヨーロッパの人々(特に白人)の方々は暖かい色を好みます。それは東洋の我々と違い瞳の色がそれを欲するのだと聞いた事が有ります。現在は写真でフィルムは使いませんがヨーロッパのAgfaは赤が強く、日本の富士フィルムは緑が特徴で、その中間がアメリカのコダック。勿論、人によって見え方はそれぞれかとは思いますが貴方は暖かい色の中に住んでいるのです。
先日のファイナル・コンチェルトで演奏前のピアノが随分と開き気味で調律の方が調整していたのは雨のせいだったのですね。リサイタルであれ程CFXの開いた音をコントロールしていた貴方でさえも、あれは流石に・・・と思っていたので調律の方に感謝しました。全ての曲で引き込まれた事さえ分からない空間を創り上げた演奏は初めてです。風の流れや、波の音、人々のざわめきなど、曲によっては温度や匂いさえも感じてしまう・・・そんな世界を感じてしまいました。そうは言っても貴方が創ったと思いと感じる此方では世界が異なるのもまた興味深い。
 一度、あのアスワンのナイル河畔の夕闇迫る時間にカルカデ・ティーを楽しんで欲しいな。
 秋は飽きない・・・・
「秋は小さな季節ですから」という出だしを見て、務川さんの秋に対する愛おしさを感じました。秋が一番お好きなんですね。務川さんのエッセイを読ませていただき、忙しい中にもそのような、ともすれば見逃されてしまうような事に思いを巡らし、心の余裕を持たれていらっしゃることに、ますます務川さんの素晴らしさを感じました。その感受性が、芸術家としての務川さんをより高みに導いているのだろうなと思いました。
私はと言えば、季節に思いを寄せたり向かいあったりする事も殆どなく、どんな時に季節を感じているかなと思い返すと、秋の金木犀の香り、春の桜くらいしか思い浮かびません。ただ、昨年秋に初めてロシアを訪れた時、とある宮殿で広大なお庭の紅葉がとても美しく感動した事を思い出しました。心の余裕があると感じられるという事でしょうか。

前回、務川さんがお身体が弱いと書いていらっしゃっしゃいましたが、体調の維持にも精神的安定が大事ですね。
務川さんは、とてもステキな思考回路をお持ちで、それが体調に良い影響を与えているんだろうなと勝手に思っています。どうぞご自愛くださいませ。
ゴルトベルク、楽しみにしています。
様々なことが科学で説明できる時代ですが、不思議と感じたことを不思議と感じ続ける心を持っていることは心を豊かにするのではないかと思っています。
芸術に携わる方々は、その心や人生が表現に影響を与えると思うので、感受性がどう育まれていくのか受け取りとしては興味深いところです。
ところで、チューリップの球根は寒さにさらされないと花が咲かないそうです。
素晴らしい演奏を咲かせるための冬と思って過ごしてみてはいかがでしょうか。
お身体を大切に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。