スクリーンショット_2019-11-02_20

おもしろ記事を編集するときに気をつけていること


ボクはCRAZY STUDY(クレスタ)という、おもしろライターのためのメディアを2年弱くらい運営している。その編集長として、これまで100記事ほどのおもしろ記事を編集してきた。

そこでふと思った。

「おもしろ記事の編集って、あんまり知られてなくない?」

おもしろメディアって世の中にたくさんあるけれど、その編集者たちがどういった方針で記事を編集してるかって、あんまり共有されていない。

なので今回は、たいへん恐縮ながら、ボクのなかにある「おもしろ記事の編集方針」を、ここですこしだけ書いていこうと思う。ノウハウは共有していこう。シェアリングエコノミーである。

なお、あらかじめ言っておくが。この記事で紹介する編集方法を、ボクがすべての記事でやってきたわけじゃない。最近、ようやく言語化できてきたことだ。なので過去の記事に関しては、あまり突っ込まないでいただけると嬉しい。


1. リード文(導入文)は300字くらいにおさえる


記事全体の概要を最初にサッとつたえる存在、リード文(導入文)。ここで記事の前提のはなしを、丁寧に書いてくれるライターさんは多い。

しかしながら、前提をくわしく知りたいと思っている読者はあまりいない。読者ははやく本文を読みたいのだ。

ボクの場合、リード文はだいたい300字くらいに抑えるよう編集している。そのくらいであれば、ストレスなくリード文を読める。

ちなみに「300字だと記事を説明できない!」っていうおもしろ記事は、そもそも企画自体に問題があるかもしれない。

だれにでも理解できるおもしろ記事は、ひとことで説明できるものだ。


スクリーンショット 2019-10-19 21.21.53

▲259字のリード文。画面内にすべておさまっている(出典:吉野家で鯖みそ定食!? 有名チェーン店の「じゃない方メニュー」を食べる - CRAZY STUDY

スクリーンショット 2019-10-19 22.41.20

▲191字のリード文。デイリーポータルZは短めのリード文が多い(出典:実在する魔法宮と魔法神社に行く - デイリーポータルZ


2. 登場人物のプロフィールは最小限におさえる


おもしろ記事では、筆者のプロフィールや、記事のなかで登場する人物のプロフィールを書くことがよくある。それ自体はなんの問題もないし、使い方によっては記事をおもしろくする効果がある。

ただとても残念ではあるが、登場人物のことは詳しく書きすぎないほうがいい。なぜなら多くの読者は、登場人物にはあまり興味がないからだ。

読者が興味あるのは、あくまでおもしろコンテンツ。そこにだれが登場するかなんて、その人たちのことを知らない読者にとってはどうでもいいことだ。

なので、ボクはなるべく登場人物のプロフィールを短めに抑えるように編集したいと思っている(※インタビュー記事を除く)。

ちなみにARuFaさんヨッピーさんレベルの、超有名おもしろライターさんたちが書く記事ですら、登場人物のプロフィール情報はかなり控えめな印象である。

無名の人物が主張しすぎないほうがいいのは、言わずもがなであろう。

あ、誤解のないように言っておくけど、ライターさんや登場人物に価値がないってことじゃないよ。

プロフィールは、一点突破でいい。登場人物がどういう人か、ひとことで説明するのが読者にとってわかりやすいし、その人のキャラも立つ。


スクリーンショット 2019-10-20 14.35.17

▲登場人物の紹介は、このくらいシンプルでいい(出典:第1回 なりきれ!支えたくなるヒモ写真選手権! - CRAZY STUDY

スクリーンショット 2019-10-19 21.31.45

▲有名ライターが所属しまくっているオモコロの記事。いま気づいたけど、クレスタとフォーマットがまったく一緒だった。無意識にオモコロをインスパイアしていたようだ(出典:残された痕跡からキャラを特定しろ!「痕跡選手権」! - オモコロ


3. ビジュアルの変化を意識する


そもそもいまの時代、おもしろい文章ってあんまり読まれない。おもしろを求めている多くの人は、YouTubeとかの動画に流れてしまっている。

じゃあ、なぜ動画なのか。それは動画のほうが疲れないだからだ。

一部の「本好き」「記事コンテンツ好き」以外の人にとって、文章を読むのは苦痛なことなのだ。文章読むのって、超ダルい。ほら、このnoteも読むのダルいだろう? ごめんよ!

でも動画は勝手にどんどんコンテンツが流れてくるから、あまり頭を使わずにたのしく閲覧できる。動画をみるのって、超ラクだ。YouTubeなら2〜3時間は余裕でみてられる。

まじめで有益な記事なら疲れてでも読んでもらえる可能性もあるだろうが、おもしろ記事で疲れたい人なんて、まずいないだろう。(もちろん有益な記事も読みやすいほうがいいけど)

「じゃあおもしろ記事はオワコンなの?!」ってなるかもしれないが、そういうことじゃない。大事なのは、いかに頭を使わずに記事を閲覧できるか。

文字ばかりつらつら続くと読み疲れてしまうので、たとえば写真やイラストを適度にはさむのは良い方法だろう。太字や色字、ボックスタグ、箇条書き、YouTubeを入れるのも良い。会話形式にするのもおすすめだ。

適度にビジュアルの変化があるほうが、読み疲れない記事をつくれる。

ただし、過剰にビジュアル変化を入れすぎるのも避けたほうがいい。それはそれで、脳が混乱してしまう。何事も「ほどほど」が肝心だ。


無言

▲定期的に写真を差し込み&会話形式にしている例(出典:会話禁止!『無言飲み会』を開催したらインターネットの世界から帰ってこれなくなった - CRAZY STUDY

夫婦

▲記事の大半が画像&GIF動画になっている例(出典:「サイコロ振って決める」を職場でやったらどうなる? - 笑うメディアクレイジー


4. 身内ネタは削る


おもしろ記事は、読者をクスッとさせるためのコンテンツを揃えるのが一般的だ。それならば、読者をクスッとさせられない部分は削ればいい。

ただ、それが「編集者がクスッとしない部分」なのか、「多くの人がクスッとしない部分なのか」は、判断が難しいところだ。なので編集者は、なるべく一般人の目線を持つことが大切である。

いちばん気をつけたいのが、身内ネタ。ライターさんの身内にしか伝わらないネタは、一般の読者にとってはあまりおもしろくない場合がある。

ただ、編集者自身がライターさんと親しい場合、この身内ネタを見逃してしまうことがよくある。

記事を編集するときは、ライターさんのことを「まったくの他人」だと思いながら編集したい。


5. 理由を説明できるところだけ編集する


ここまで書いてきたが、「有益でまじめな記事」と「おもしろ記事」の編集方針は、じつはそんなに変わらないと思う。

けっきょく、ある程度の編集方針は、どんな記事でも普遍なのだ。

「読者にとって読みやすいかどうか」

これがすべてである。

ただその「読者にとっての読みやすさ」は、正しく言語化する必要がある。「なんとなくこっちのほうが良いかな?」は、ライターさんに対しても失礼かな。

「なぜそれを編集するのか」

その理由を説明できる部分だけ、編集したい。


できれば編集したくない


さて、ここからが本題だ。

この記事ではおもしろ記事の編集方針をつらつらと書いてきたが、ボクはできることなら記事を編集したくない。

おもしろ記事はライターさんの個性を存分に出してほしいので、ボクはなるべく手を加えずにリリースしたいと思っている。

ただ、そうもいかないのが現実だ。論理展開がわかりにくかったり、文字が多すぎて読み疲れてしまったり、読者にとってはあまりおもしろくない情報がのっていたり……(ウゥッ、言ってて辛い)。

ライターさんの個性は残しつつ、読者にとっておもしろい記事を、最小限の編集で。

そういった編集ができれば、ライターさんにとっても、読者にとっても、Win-Winなおもしろ記事が出せるんじゃないかな。


記事の最後に上のリンクをのせると、あらゆる記事がおもしろくなります。ぜひご活用ください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

宜しければサポートをお願いします! ご支援いただいたお金は全額『CRAZY STUDY ( https://crazystudy.info/ ) 』の運営費に使わせていただきます。 ※※スキを押すと「カニガチャ」が回せるよ!今だけSSR率が2→10%!※※

スキありがとう!よかったらシェアもお願いします! SR ズワイガニ
103
Workship MAGAZINE編集長。CRAZY STUDY編集長。重度の腰痛持ち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。