文化の数だけ言葉のテクニックがある
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

文化の数だけ言葉のテクニックがある

こんにちは、ライターのためのおもしろ読みものサイト『クレイジースタディ』管理人のじきるうです。

いつもクレイジースタディをご愛読・ご支援ありがとうございます。読者のみなさまがいるから、そして記事を書いてくれるライターさんがいるから、クレイジースタディを続けられています。

このnoteでは、クレイジースタディで公開された記事について、裏話も含めつつ振り返っていきます。


■文化の数だけ言葉のテクニックがある

画像1

8/11公開 HIP HOPに学ぶ「心に残る言葉」を生む5つのトリック
https://crazystudy.info/hiphop-words

チヂイワマサユキさんによる、ライター向けの文章テクニック記事。彼は「オンライン修学旅行」の記事で話題になった方でもあります。(サクッと読めておもしろいのでぜひ見てね!)

そんなチヂイワさんですが、本職はコピーライターで、ラッパーとしても活動をしているそうです。そこで掲題のような記事をご寄稿いただきました。

じつは自分も長くストリートカルチャーの世界にハマっていた人間なのですが、たしかにHIP HOPやラップの世界って、独特かつ印象的な言葉選びをしてくるんですよね。言葉の気持ちよさを突き詰めたり、ときに文法無視ハート重視のリリックをぶちかましたり。ラップの修辞法については詳しくないのですが、詳しい人がいたらいつか教わりたいです。


さて、掲題の記事ですが、やはりおもしろいです。

自分は編集者として「冗長表現削ろう」「データを提示しよう」「文法を正しく使おう」などを普段から気を付けているのですが、そのような角度とはまったく性質が異なります。

トリック1:「自分レペゼン」法
トリック2:「リズミカルにテクニカル」法
トリック3:「サンプリング」法
トリック4:「人生導入」法
トリック5:「一夜きりのツイートのバズ」法

言葉のテクニックとしては、どれも聞いたことないものばかりです。

しかし具体例で挙げられている動画を見ると「確かに……」と納得できるものばかり。とくにトリック1で挙げられていた共感の法則には、思わず手を打ちました。

スクリーンショット 2021-08-09 21.26.37

「心に残る言葉として打ち出すのであれば『意見』を全面に押し出すことが必要になります」

編集者として「事実と意見を切り分ける」ことは常々気を付けていましたが、意見の効能にまでは頭が回ってなかったかもしれません。

意見が心を動かす。ラッパーは心動かしてナンボだと思いますが、ライターとしてもこれは意識していきたいですね。

いやあ、特定のカルチャーにおける言葉術っておもしろいなあ。ライターや編集の世界だけにいたんじゃ、気づけないことばかりです。

文化の数だけ言葉のテクニックがある。今後も機会があったら聞いていきたいですね。


……さて、文章テクニックの記事についてレビューすることほど野暮なものはないのですが、チヂイワさんには一つだけ追記をお願いしました。

この続きをみるには

この続き: 1,141文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
定期購読の売り上げは『クレイジースタディ』の運営費に使わせていただきます。クレイジースタディの活動を応援してくれる方向けのマガジンです。

ライターのためのおもしろ読みものサイト『クレイジースタディ』でお届けする記事の裏話、小ネタ、編集、メディア運営の話など、表で書けないリアル…

この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
じきるう 編集者

宜しければサポートをお願いします。ご支援いただいたお金は『クレイジースタディ ( https://crazystudy.info/ ) 』の運営に使わせていただきます。 ※※スキを押すと「カニガチャ」が回せるよ!今だけSSR率が2→10%!※※

スキありがとう!よかったらシェアもお願いします! SR ズワイガニ
Workship MAGAZINE編集長。クレイジースタディ管理人。ストリートダンスとウィスキーが好き。