新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

“家庭教師”に世界中から途切れぬオファー、なぜ彼は「スモール」であることにこだわるのか

事業の大きさだけでは、はかれない価値もある。

彼らのビジネスはなぜ、注目されているのか。
気鋭の起業家たちにスポットライトを当てる連載「スモールビジネスという生き方」。

第1回は「旅する教育者」としてオンライン家庭教師サービスを運営する木村公紀さんの半世紀です。


「本当に申し訳ありません。講師の枠が足りず、お受けすることができません」

ブレてはいけない、と意を決し、メッセージを打つ。

だが、送信ボタンを押す直前には、どうしても後ろ髪をひかれるような気持ちになる。

うちの子にも勉強を教えてほしい――。

問い合わせフォームにはいつも、熱心な依頼が寄せられ続ける。

「オンライン家庭教師」に、距離の障壁はない。
大げさではなく、世界中から教えを求めるメッセージが届く。だが、すべての依頼に答えられるわけではない。泣く泣く、断りのメッセージを返すことも少なくない。

画像1

木村公紀さんは、その瞬間に去来する思いを、こう説明する。

「本当はあらゆる依頼をお受けしたいとも思うんです。これだけたくさんの塾があり、家庭教師がいる中で、自分のことを信じて問い合わせをしてくださっているんですから」

ただ、とつぶやき、小さく首を振る。

「でも、というより、だからこそ、妥協はできない。そこで自分を曲げてしまったら、何のために会社をやめてまで、今の道を選んだのかという話になってしまいます」

強い光を宿した瞳で、決然と言う。

「僕はスモールビジネスの担い手であり続けたいんです。それが自分の理想を実現する、唯一の道だから」

画像2


中学時代にあった「きっかけ」

オンライン家庭教師とは、パソコンを使ってオンライン授業を行う教育サービスだ。

ビデオ通話システム上で生徒とつながり、学習指導をする。
このビジネスに、木村さんは6年前から取り組んでいる。

コロナ禍も相まって、オンラインでのやり取りが一般的になったこともある。
ここのところ、依頼は引きを切らない。この事業のパイオニアとして「先見の明」を称えられることは多い。

だが木村さんは、そうした投機的な観点でこの事業を始めたわけではない。
「自分だからこそできること、と考えた時にこの形になりました」と振り返る。

起業のきっかけ。
その1つは、中学時代にあった。


腕がない子ども。赤子を抱いた子ども

フィリピン時代2

(フィリピン在住時の写真:木村さん提供)

空港の到着ロビーを出た瞬間、圧するような熱気に襲われた。
大きな銃を持った警備員が、所在なさげにうろついている。飛び交う言葉がタガログ語であったことは、後で知った。

木村さんは中学の3年間を、父の転勤先であるフィリピンで過ごした。
到着した日のことは、今もはっきりと覚えている。

空港から乗用車で街へと向かう。
信号待ち。後部座席の窓を、外から誰かにたたかれ、ぎょっとする。

年端もいかない子どもたちが、花束を差し出してくる。
片方の腕がない子ども。赤子を抱いた子ども。ストリートチルドレンだった。

信号が変わり、乗用車が動き出す。
木村さんはしばらく、口をきくこともできなかった。


国内の生徒に追いつけず…

当時、転勤族の子供たちはインターナショナルスクールではなく、現地の日本人学校で学ぶのが主流だった。
木村さんもそれにならった。日本の文科省のカリキュラムに沿って、授業が行われていて、国内と変わらない教育が受けられた。

ただ、すべてが同じ、というわけにはいかなかった。
国内なら、高校受験に備えて、放課後は塾に通う生徒が多い。フィリピンにはそうした選択肢がほとんどなかった。

「日本の大手予備校出身の方が、現地で個人経営の塾を開かれていて、僕もそこに入ったのですが…」

夏休みに一時帰国した際に、模擬試験などを受けると、すぐに分かった。
国内の生徒のレベルに、自分はまったく追いつけていない――。これでは帰国後、思うようなレベルの高校に入ることはできない。

背筋に冷たい汗がにじむのを感じた。


あの日の自分を救いたい


夏休み期間中は、一時帰国をした。
その間、大手学習塾の帰国子女コースで必死に勉強をした。

そして再びフィリピンに戻る直前には、書店で参考書や問題集を買いあさった。そうやって木村さんは、何とか国内の生徒たちのレベルに追いついていった。

高校入試では、名門と呼ばれるような私立高校に合格した。

画像4

ただ一方で、こうも振り返る。

「フィリピンでは得難い人生経験もでき、視野が広がりました。結果としていい学校に入ることもできた。ただやはり、勉強のことでは苦労も不安もあったんですよね。本当に大変でした」

いつか、あの日の自分を救うような仕事ができたらいいのに。
まだ漠然とだったが、木村さんはそう考えるようになった。


自分にしかできないこと


大学に進学すると、木村さんはアルバイト先として、地元の補習塾を選んだ。
新卒で入社したのも、人材教育に取り組むベンチャー企業。学生支援の事業を扱う部署を希望し、配属をされた。

3年勤めたのちに転職。選んだのは、個別指導の塾を運営する企業だった。
1つの校舎を任され、講師の指導・育成で成果を上げた。そして2015年、満を持して独立。オンライン家庭教師の事業を立ち上げた。

2社での仕事を通して、教育業界でやっていく力をつけられた、という自信はあった。
だが、どういった形の業態をとるのがいいのか、というところは迷った。

「自分にしかできないことって何だろうと考えると、あまりないんですよね。それぞれの専門教科には、プロと呼ばれる講師の方がたくさんいるし」

画像5

考えを巡らせる中で、ふと中学時代のことを思い出した。
フィリピン時代の自分と向き合うことこそ、まさに「自分にしかできないこと」なのではないか。

海外で過ごしている日本人向けに、オンラインで家庭教師サービスを提供する。
そんなアイデアが、一気に膨らんだ。

「オンラインであれば、相手の場所にも、自分の場所にも縛られない。生徒と教師、どちらの可能性も広がるのではないかと」

木村さんの事業「旅する教育者」はこうして生まれた。


自室でひとり、孤独な戦い


確かにそれは、自分だけができること、だった。
ただそれこそが、事業に難しさをもたらすことにもなった。

「少し早すぎた、というのはありますよね」

木村さんは苦笑いで、当時を振り返る。

画像6

オンラインの家庭教師をやってみようと思う。
そう告げると、周囲は一様に「普通に塾をやればいいのに」と反応した。

コロナ禍の今でこそ、オンラインでのやり取りは一般的になった。
だが木村さんが事業を立ち上げた2015年当時は、まだそこまでの市民権は得ていなかった。

先んじて事業を始めて、成功の道筋を示してくれた人もいない。
誰も振り向いてくれない場所を、手探りで進む。それが事業のスタートだった。

「実家の一室をオフィスにして、まずはホームページづくりに取り掛かりました。できればそこを知ってもらうために、告知にお金をかけたいところですけど、それもできず…。なので、教育の役に立つような記事をひたすら書いていました」

検索にひっかかったり、バズったりすれば、サービスの認知につながる。
そう思って「まずは100本」を目指し、ひたすら記事を書いた。

だが、思うような反応は得られなかった。
オンラインで学習指導を受けられると思ってもいない人は、そうした検索自体をしない。そんなことにも、ほどなくして気づいた。

「塾というのは、新しく立ち上げて看板さえ掲げれば、誰かが気づいてくれてパンフレットを取りに来てくれる、みたいなところがあります。でもネットの世界にそんなものはない。苦労しました」


「スパムもうれしい」苦境の果てに

画像7

何も得られないまま、1日が終わる。その繰り返しだった。
たまに来る反応には、飛び上がって喜んだ。だがそれらのほぼすべてが、スパムメールだった。

「がっかりしますよ。でもね、どこかでちょっとうれしいんですよ。スパムかよ…でもまあ、反応ないよりはいいな、みたいな」

そんな状態が、半年以上続いたという。

それでも心が折れなかったのはやはり、確信があったからだ。

「自分もフィリピンでそうだったんですけど、世界のいろんなところに困っている人はいるわけですよね。補習校に通うために片道100キロ、という人だっています。そこに届きさえすれば、というのはありました」

やがて、その日がやってきた。
フランス在住の日本人から、問い合わせフォームに連絡が来た。


非常に特殊で、難しい仕事

依頼主からは、かなりの長文が寄せられていた。
つまり、それだけ困っている、ということだった。

フランス在住のその生徒は、現地の高校になじめず不登校になっていた。
「日本の高校に編入をさせてあげたい」。保護者の願いは、切実だった。

ただでさえ、同じカリキュラムを受けている国内での編入よりも難しい。
加えて、編入試験までは3か月しかない。

不登校という状況の中で、毎日学習を繰り返すリズムを失っている可能性もあった。
独立後、最初に受けるにしては、非常に特殊で、難しい仕事だった。

それでも、木村さんは「受けさせていただきます」と言った。

困っている人の助けになれてこそ、自分のビジネスは世の中から求められる。
事業の存在意義を問われているような気がした。

その生徒が、他人のようには思えない、というのもあった。
異国で困っているのは、まさにあの日の自分のようだ。

そして、自信を失い、可能性を閉ざしてしまいそうになっているのも、見過ごせなかった。
教育の現場でみてきた、多くの子どもたちの姿に重なったからだ。


「できない」という色眼鏡

画像8

大学時代。
補習塾のアルバイト講師をしているときに、教え子の中学生たちは何かというと、こう口走った。

「無理」
「できない」

木村さんは強い違和感を覚えた。

「みんな、なぜこんなに自分の可能性を閉ざしているんだろう」

教えていたのは、主に英語だった。
当時は中学1年生からカリキュラムに加わってくる教科。つまり、中学入学時はみながスタートラインで横一線。本来なら誰ができて、誰ができないなどということはない。

ましてや、英語はネイティブスピーカーなら、5歳児でも理解できているものなのだ。
なのに多くの生徒が「I am 〇〇」の次元から「無理」と言ってさじを投げてしまう。

初めてフィリピンに着いた時に会った、ストリートチルドレンのことを思い出した。
世の中には学校にも通えないような子どもたちだっている。それに比べたら、この生徒たちは可能性に恵まれているはずなのだ。

「できないに違いない、という色眼鏡で見ているに過ぎないんですよね。それを外すところから始めないと、いい学習はできない。そう感じました」


「ダメ」「バカ」と言われれば…

なぜ、そんな色眼鏡で見てしまうのか。
その理由は、徐々になんとなくわかってきた。たとえば、生徒を迎えに来た保護者はみな、何の気なしにこんなことを言う。

「うちの子はほんとダメなんで、よろしくお願いします」
「バカなんですけど、頑張らせますので」

子供たちにリサーチしてみると、自宅でも同じようなことを言われていた。
それぞれに自信を無くし、自分の可能性を低く見積もるようになっていく。

学校にも、自信を無くしてしまうきっかけは転がっている。
30~40人の生徒に対して、教員はひとり。目が届く相手には、限りがある。

優秀な生徒は自然と目をかけられる。学習に苦戦する生徒も、重点的にケアをされる。
問題はどちらでもない生徒だ。目をかけられず、励ましも成功体験もないままに、カリキュラムは進んでいく。そしていつしか、自信を失っていく。

彼らに自信を取り戻させるような教育がしたい。
時間をかけて寄り添い、「できない」という色眼鏡を外させたい。個別指導という形を志向したのは、そういう理由だった。


試験の結果と、意外な展開と

画像9

日本からフランスへ。ネットを使った個別指導が始まった。
受験対策に取り掛かる前に、木村さんはまず、その生徒とじっくりと話をした。

彼が通っていたのは、パリ郊外の高級住宅地にある、非常にレベルの高い高校だった。
ただ、受け答えを聞くに、学習面でついていくのが難しかった、というわけではなさそうに思えた。

フランス人特有の自己主張の強さ。ディスカッション好きな性格。
そういったあたりに合わせるのが難しかった。そこに尽きるようだ。

大きな挫折に、生徒は打ちひしがれていた。
加えて、日本の高校への編入試験に合格するのは、時間を考えてもとても難しい。


だが、決して不可能ではない。そう思ってもらいたかった。

「残念ながら、絶対に受かる、と約束はできない。でも君には可能性があるし、僕も全力を尽くす。一緒に頑張ろう」

教える、教えられるの関係ではない。
我々は、同じ目標に向かう同志だ。そう確認しあった。

受験対策が始まった後も、語り合うことは欠かさなかった。
なぜ学習をするのか。日本の高校に編入することで、どうなりたいのか。

「リモート形式の授業だと、それこそ問題を解く時にカンニングだってできるわけですよね。やりたいならしてもいいと、僕は言います。でもそうしてまでしてマルをもらうことに、どういう意味があるのか、というのも問いかける。本当に目指すべきところが見えれば、生徒はカンニングなどせず、自主的に頑張るようになります」

学ぶことに意義を見出し、その生徒は前向きになった。

迎えた編入試験。
結果は不合格だった。だがその後、意外な展開があった。

生徒が「フランスの高校に通う」と言い出したのだ。


まぶしいほどの成長

再び登校できるようになったことに、フランスの高校の担任は驚いた。

「いったい、どんなカウンセラーの世話になったんだ?」
ぜひ教えてほしいと、生徒に請うまでしたという。

その生徒はそのまま、大学までフランスで学び切った。
その後、日本の企業に就職。日本の大学を卒業したわけではないので、一般的な就活のルートが使えなかったが、飛び込みのような形で履歴書を送って特別に採用された。

自分で道を切り開く。

そんな強さ、たくましさを、生徒は身につけていた。
まぶしく思えるまでの成長が、木村さんはうれしかった。


教える側にも「可能性」

単なる受験対策にとどまらない木村さんの学習指導は、徐々に評判になっていった。
海外に滞在している生徒に対象を絞っていたが、それでも2年もすると、自分ひとりでは教えきれないほど依頼が集まるようになった。

迷った末に、木村さんはひとりの講師と業務委託契約を結び、一緒に活動することにした。

もともと教員をしていたが、子育てのために退職した女性。
教育への情熱は今も変わらないが、時間が取れないため現場復帰をあきらめていた。
その点、オンライン家庭教師は自宅で学習指導をすることができる。
しかも、生徒がアメリカ在住なら、時差の関係で学校の放課後は日本の午前中にあたる。自分の子供を保育園や学校に送り出した後に、授業を持つことが可能になる。

「自分は職人肌なので、人に学習指導を任せるというのが苦手ではありました。ただ、これだけ自由がきいて、教える側の可能性も広げるやり方を、自分だけで抱え込んでしまうのはよくない。そう思って、講師を受け入れることにしました」

現在はこの女性も含め、4人の講師と業務委託契約を結ぶようになった。


あえて「スモールビジネス」。その理由とは

画像10

ただ木村さんは、講師を増やすことについて、簡単には考えてはいない。
「誘惑はありますよ。指導方針をもっと機械的なものにしたり、質に目をつぶって講師を採用していけば、授業の枠はいくらでも増やせる。もっとたくさんの生徒を受け入れることもできる。事業ですから、そうやってもっともっと儲けようというのも、ひとつの考え方だとは思います」

でもね、と木村さんは語気を強める。

「それは僕がやりたいこと、理想としていることとは一致はしません。授業の質を最優先にしたいから、僕は独立しました」

大学時代のバイト先の学習塾でも、就職先の個別指導の塾でも、ずっと違和感を抱えていた。
受験生としての最適化をはかるような教育現場は、まるで工場のようだ、と。

やりたいことは、そうではなかった。
困っているひとりひとりと向き合って、できないをできるにする。学ぶ意義を感じさせる。そうすることで、人生の可能性を広げるような学習指導をしたい。ずっとそう思っていた。

独立して最初の案件が、成功体験になったこともある。
あのフランスの彼のように、意欲を持って学んでもらいたい。魅力的な人材に育ってほしい。

「そのためには、この事業はスモールビジネスでなければいけないんだと思います。講師ですから、結果にはコミットするのは当たり前だと思っています。ただそれと同時に、僕はプロセスにもコミットしていたい」

僕は誇りにかけて、スモールビジネスの担い手であり続ける。
昂然と胸を張って、木村さんは自分の信じた道を行く。

(文・塩畑大輔/写真・近藤 篤)

画像11

画像12

※木村さんの自宅の仕事場に飾られている家族の写真と世界地図。「スモールビジネスを、世界の主役に。」

お読みいただき、ありがとうございました。

旅する教育者(https://tabisurukyouikusya.com/)木村公紀さんの物語でした。

「スモールビジネスを、世界の主役に。」

これはfreeeが掲げるミッションです。

その一つの試みとして、今回、スモールビジネスの方たちの生き方にスポットを当て、描き、スモールビジネスに取り組むことの良さを伝えられたら、そんなことを思い作った企画です。

お試しなので全2回の短期連載。次回は、明日7月9日更新。Jリーグ加盟を目指すサッカークラブ、つくばFCの石川慎之助代表を取り上げます。


**********
freeeは「あえ共freee」というマガジンから、事業や組織に関する情報を発信しています!もしよければフォローをお願いします(^^)

<マガジンのリンクはこちら>
https://note.freee.co.jp/m/mf72ea65312d8

この記事が参加している募集

#私らしいはたらき方

4,773件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読みいただき、ありがとうございます!
freee株式会社で広報をしています。キャリアのスタートは某放送局で記者、その後ライター業などを経て、2021年1月まで埼玉県のプロサッカークラブで働いていました。