大津一貴 / KAZUTAKA OTSU

夢を諦めて一般企業へ就職 →22歳で癌を患い生き方を改める→脱サラしてモンゴルでプロサッカー選手/ 🇲🇳FC Ulaanbaatar所属 / オフィシャルブログ http://www.kazutaka-otsu.net

大津一貴 / KAZUTAKA OTSU

夢を諦めて一般企業へ就職 →22歳で癌を患い生き方を改める→脱サラしてモンゴルでプロサッカー選手/ 🇲🇳FC Ulaanbaatar所属 / オフィシャルブログ http://www.kazutaka-otsu.net

    マガジン

    • 海外組サッカー選手・インタビュー記事

      「Jリーグだけがプロじゃない。」 海外を舞台に活躍するサッカー選手やスタッフを中心にインタビューを実施。その記事を集めたマガジンです。

    • スポーツ メンタル

      サッカーをはじめとする、スポーツにおける「メンタル」について記載した内容を集めたマガジンです。

    最近の記事

    固定された記事

    今を全力で生きること ~人生が変わった22歳の夏~

    22歳の夏、僕は街病院からの紹介状を片手に大学病院へ向かっていた。 慣れない東京でのサラリーマン生活の疲労が、ピークを迎えていた7月中旬。 社会人1年目の新米サラリーマンにとって、何気ない休日になるはずだったこの日、雲ひとつない青空の下、僕の人生を大きく変える出来事が起きた。 大学病院に到着後、僕は数え切れないほどの検査を受けた。 検査中、街病院の先生が「すぐに大学病院で検査しなさい!」と言った顔が、脳裏をよぎる。 はじめは「この先生大袈裟だな…」と思っていた自分も

    スキ
    50
      • 【本間 和生】選手・インタビュー記事

        【GOAL SPORTS AGENCY】にて、ラオスからタイリーグへ移籍した【本間和生】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== ================== 「様々な葛藤があったけど、もう一度サッカーをしたかった。」 2021年現在、41歳を迎えた【本間和生】選手は、同年7月にタイリーグ3部・サムットプラカンFCとの契約を発表。2014年から2020年まで在籍したラオスリーグ1部・ラオトヨタFC(現:チャンタブリー

        スキ
        5
        • 【櫛田一斗】選手・インタビュー記事

          【GOAL SPORTS AGENCY】にて、アフリカへの挑戦する【櫛田一斗】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 「アフリカに行って、現地の景色を自分の目で確かめたいです。」 2020年4月、タイリーグが発表した「アジア人・歴代ベスト11」。元日本代表の岩政大樹選手や、元韓国代表のキム・ドンジン選手らと共に、ボランチのポジションで選出された【櫛田一斗(くしだ かずと)】選手は、2021年6月を目途に「アフリカ」へ挑戦する

          スキ
          3
          • 【山田樹】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、今季よりソサイチで現役復帰を果たした【山田樹】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== ================== 「もう一度、ピッチに立ちたい。」 この想いを胸に、ソサイチ(7人制サッカー)で現役復帰を果たした【山田 樹(やまだ いつき)】選手。サッカー選手時代には左サイドを主戦場とした、技巧派のレフティーだ。 シンガポールでプロキャリアをスタートさせると、その後は

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 海外組サッカー選手・インタビュー記事
            大津一貴 / KAZUTAKA OTSU
          • スポーツ メンタル
            大津一貴 / KAZUTAKA OTSU

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ベッカムに憧れてサッカーを続ける31歳

            2001年10月6日、オールド・トラッフォードにて開催された日韓ワールドカップ欧州予選の最終節、イングランド対ギリシャ。同グループのドイツと勝ち点で並んでいたイングランドは、「負ければプレーオフ」という絶体絶命の状況に陥っていた。 ところが、すでに予選敗退が決まっていたギリシャ相手に、試合終盤まで1点のリードを許す厳しい展開を強いられる。 後半もロスタイムに差し掛かったところで、イングランドはゴールから約30m離れた位置からフリーキックを得る。キッカーはもちろん、デイビッ

            スキ
            5

            【禹相皓(ウ サンホ)】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、2021シーズンよりベトナムリーグ・サイゴンFCにて活躍する【禹相皓(ウ サンホ)】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 「今は、とてもサッカーが楽しいです。」 2021年シーズン、ベトナム1部リーグのサイゴンFCに移籍した【禹 相皓(ウ サンホ)】選手の言葉である。 東欧の小国であるモンテネグロから始まった禹選手のプロキャリアは、自身のルーツである韓国を経由して、2018年

            スキ
            1

            【津越智雄】さん・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、2020シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を優勝した韓国・Kリーグの蔚山現代FCでフィジカルコーチを務めた【津越 智雄】さんのインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 2020年12月19日、アジア王者決定の瞬間。蔚山現代FCのベンチには、一人の日本人が存在した。 カタールにて集中開催された2020年シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(以下:ACL)。見事優勝を飾ったの

            スキ
            1

            【樋口大輝】さん・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、タイリーグで活躍する【樋口 大輝】さんのインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== サッカー界において、東南アジアでトップクラスの歴史と実績を持つ国の1つである「タイ」。北海道コンサドーレ札幌で活躍するチャナティップ選手や、横浜・Fマリノスに所属するティーラトン選手など、現在ではタイ人選手が日本のJリーグでプレーすることが当たり前の光景となった。 その背景には、タイの国内リーグが大きくレベ

            スキ
            1

            【伴 和曉】さん・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、現在FC東京のチーフマネージャーとして活躍する【伴 和曉】さんのインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 新型コロナウイルスの影響により、カタールでの集中開催に大会方式を変更したAFCチャンピオンズリーグ2020。同大会へ参戦している日本のクラブは3チームであり、東京都をホームタウンに構えるFC東京も、そのうちの1チームである。 「都民のためのJクラブ」として発足した「FC東京」が国内屈

            スキ
            2

            【松永祥兵】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、インドネシアリーグを中心に活躍した【松永 祥兵】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 近年、多くの日本人サッカー選手が欧州主要リーグで活躍していることで、「ホンダ」「カガワ」「ミナミノ」らをはじめとする多くのサッカー日本代表選手の名前は、世界中どこの国へ行っても通じる言葉となった。 しかし、1万3,466もの大小の島により構成される東南アジアの大国「インドネシア」にて、有名な日

            スキ
            3

            【岡元俊樹】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、2019-2020シーズン・モルティブリーグで活躍した【岡元 俊樹】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 ================== 「目標は日本のチームとACLで対戦するために、アジアのチームの一員として凱旋帰国すること」 力強い口調で大きな野望を語ってくれたのは、2019-2020シーズンに南アジアのインド洋に浮かぶ島国・モルディブでプレーした【岡元俊樹】選手。 コロナ禍の中でも虎視眈々と自身の目標

            スキ
            3

            【小林大介】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、2019年カンボジアリーグ・優勝チーム、スバイリエンFCにて活躍する【小林 大介】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 アジアサッカー連盟が主催する、クラブチームによるサッカーの国際大会である「AFCカップ」。この大会は、欧州で言うところのUEFAヨーロッパリーグ(旧UEFAカップ)に当たる大会です。 2020年、この国際大会にカンボジアリーグのチャンピオンである、スバイリエンFCの一員として出場している小林選手。

            スキ
            5

            【藤原賢土】選手兼監督・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、カンボジアリーグ、ソルティーロ・アンコールFCで選手と監督を兼任する【藤原 賢土】さんのインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 本田圭佑選手がオーナーを務める、カンボジアリーグのソルティーロ・アンコールFC。このチームで、選手兼監督として活躍する藤原賢土さん。 異国の地で「選手」と「監督」の二束の草鞋を履く藤原さんは、どのような経緯を経て、現在のポジションにたどり着いたのか。 今回のインタビューを通じて、藤原さんが単なるサ

            スキ
            5

            【内田(山崎)昂輔】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、2020年シーズン・ラオスリーグに復帰した【内田(山崎)昂輔】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 大分トリニータでキャリアをスタートさせ、欧州や南米を経由し、アジア諸国で活躍する内田選手。 今回のインタビューを通じて、プロサッカー選手としてはもちろんのこと、一人の人間として生きる上で大切なことを学ばせていただきました。 内田選手、GOAL SPORTS AGENCY様、この度はご協力いただき、ありがとうございまし

            スキ
            5

            サッカーで結果を残すメンタル【セルフコントロール】

            こんにちは、大津です。今回は、サッカーで結果を残すメンタル、【セルフコントロール】についてご紹介します。 この記事は… ・サッカーで結果を残したい選手 ・試合本番で緊張してしまう選手 ・サッカー選手に限らず、スポーツや仕事で結果を残したい人 にオススメです。 セルフコントロールとは? 皆さん、【セルフコントロール】という言葉をご存知でしょうか。「言葉自体は何度か聞いたことがある!」という方も多いかもしれません。しかし、「セルフコントロールの意味を正しく説明して下さい」

            スキ
            7

            【杉田 祐希也】選手・インタビュー記事

            【GOAL SPORTS AGENCY】にて、日本人初のイランリーガーである【杉田 祐希也】選手のインタビュー記事を寄稿させて頂きました。 【日本人初イランリーガー】杉田祐希也「世界を渡り歩くフットボーラー」 スペイン、スウェーデン、タイ、イランなどの世界各国で活躍してきた杉田選手。 今回のインタビューを通じて、本物の「プロサッカー選手」として生きる杉田選手から大きな刺激を受けました。 杉田選手、GOAL SPORTS AGENCY様、この度はご協力いただき、ありがと

            スキ
            3