野村佳代 | Kayo NOMURA

愛知生まれ米国育ち。 対話をしながら即興で描くdialogue drawing を始め、ワークショップの開催など「絵と対話」を軸に活動。 対話(言葉)とアート(イメージ)を行き来しながら作品を生み出し続けています。 https://kayo-nomura.com
  • 商品の画像

    【Goods】Kayo Nomura 2022 Calendar

    「対話と絵」を軸に活動している野村佳代のアートワークを楽しめる2022年のカレンダー。------【コンセプト】「対話と絵」を軸に活動している私にとって、カレンダーが単に季節を示すものではなく、365日を通してあなたの生活に深く根ざしたものであってほしいという願いがあります。その想いを反映すべく「Coyomi Project」と題し、参加者を募り、日常のあれこれや大切な想いについて対話し、皆さんの中から出てきた物語のエッセンスを12枚の作品に仕上げました。日々の悩みや喜び、生い立ちなど一見すると共通点のない、多種多様な皆さんと対話するなかで思うこと。それは、いつだって本当は、私たち皆が普遍的な想いを抱えて生きているということ。根っこでは誰もが繋がっているということ。Coyomi Calendar は、あなたの物語であり、私の物語でもあり、私たちの物語なのです。This is the story of us.------【同封内容】1. 12枚入りカレンダー2. コンセプトシート3. 作品説明シート4. カレンダー保管用専用ケース以下詳細です。・カレンダーのサイズ:A4サイズ(縦29.7cm × 横21cm)・月ごとに変わる12枚入り。それぞれの月にタイトルメッセージも印字されています。作品の全貌は、開けてからのお楽しみに!・アラベール紙を使用しています。全体的に優しい風合いの色味です。コンセプトシート及び作品説明シートと共に、専用のケースに入れしてお届けします。・マスキングテープで壁に貼ったり、額に入れたり、クリップでまとめて画鋲に通したり、と飾り方はご自由に。一年間使い終わったら専用フォルダパッケージにまとめて保管もできます。*送付は12月上旬におこないます。早めに手元に欲しいという方は、10月下旬以降に郵送いたします。希望受け取り時期を記載の上、ご購入ください。なるべくご希望に添えられるように致します。郵送完了後にお知らせメールをお送りいたします。
    ¥2,860
    Kayo Nomura Online Store
  • 商品の画像

    【Goods】-まとめ買い5部- Kayo Nomura 2022 Calendar

    *こちらはまとめ買いバージョン(5部)入り専用です**5部まとめ買いの特典として、オリジナルマスキングテープを1つプレゼントします。「対話と絵」を軸に活動している野村佳代のアートワークを楽しめる2022年のカレンダー。------【コンセプト】「対話と絵」を軸に活動している私にとって、カレンダーが単に季節を示すものではなく、365日を通してあなたの生活に深く根ざしたものであってほしいという願いがあります。その想いを反映すべく「Coyomi Project」と題し、参加者を募り、日常のあれこれや大切な想いについて対話し、皆さんの中から出てきた物語のエッセンスを12枚の作品に仕上げました。日々の悩みや喜び、生い立ちなど一見すると共通点のない、多種多様な皆さんと対話するなかで思うこと。それは、いつだって本当は、私たち皆が普遍的な想いを抱えて生きているということ。根っこでは誰もが繋がっているということ。Coyomi Calendar は、あなたの物語であり、私の物語でもあり、私たちの物語なのです。This is the story of us.------【同封内容】1. 12枚入りカレンダー2. コンセプトシート3. 作品説明シート4. カレンダー保管用専用ケース5. マスキングテープ1つ以下詳細です。・カレンダーのサイズ:A4サイズ(縦29.7cm × 横21cm)・月ごとに変わる12枚入り。それぞれの月にタイトルメッセージも印字されています。作品の全貌は、開けてからのお楽しみに!・アラベール紙を使用しています。全体的に優しい風合いの色味です。コンセプトシート及び作品説明シートと共に、専用のケースに入れしてお届けします。・マスキングテープで壁に貼ったり、額に入れたり、クリップでまとめて画鋲に通したり、と飾り方はご自由に。一年間使い終わったら専用フォルダパッケージにまとめて保管もできます。 ・マスキングテープは昨年ご好評いただいた「imagine rainbow」。色とりどりのレインボーカラーを取り入れながら、主張しすぎないデザインです。使うたびに、心の中に虹色が浮かび上がりますように、と願いを込めて。(7メートル巻/15mmタイプ)*マスキングテープの準備の都合上、送付は12月上旬におこないます。早めに手元に欲しいという方は、10月下旬以降に郵送いたします。希望受け取り時期を記載の上、ご購入ください。なるべくご希望に添えられるように致します。(マスキングテープは12月になってから送らせていただきます。)郵送完了後にお知らせメールをお送りいたします。
    ¥14,300
    Kayo Nomura Online Store
  • 商品の画像

    【Goods】-まとめ買い10部- Kayo Nomura 2022 Calendar

    *こちらはまとめ買いバージョン(10部)入り専用です**10部まとめ買いの特典として、オリジナルマスキングテープを3つプレゼントします。「対話と絵」を軸に活動している野村佳代のアートワークを楽しめる2022年のカレンダー。------【コンセプト】「対話と絵」を軸に活動している私にとって、カレンダーが単に季節を示すものではなく、365日を通してあなたの生活に深く根ざしたものであってほしいという願いがあります。その想いを反映すべく「Coyomi Project」と題し、参加者を募り、日常のあれこれや大切な想いについて対話し、皆さんの中から出てきた物語のエッセンスを12枚の作品に仕上げました。日々の悩みや喜び、生い立ちなど一見すると共通点のない、多種多様な皆さんと対話するなかで思うこと。それは、いつだって本当は、私たち皆が普遍的な想いを抱えて生きているということ。根っこでは誰もが繋がっているということ。Coyomi Calendar は、あなたの物語であり、私の物語でもあり、私たちの物語なのです。This is the story of us.------【同封内容】1. 12枚入りカレンダー2. コンセプトシート3. 作品説明シート4. カレンダー保管用専用ケース5. マスキングテープ3つ以下詳細です。・カレンダーのサイズ:A4サイズ(縦29.7cm × 横21cm)・月ごとに変わる12枚入り。それぞれの月にタイトルメッセージも印字されています。作品の全貌は、開けてからのお楽しみに!・アラベール紙を使用しています。全体的に優しい風合いの色味です。コンセプトシート及び作品説明シートと共に、専用のケースに入れしてお届けします。・マスキングテープで壁に貼ったり、額に入れたり、クリップでまとめて画鋲に通したり、と飾り方はご自由に。一年間使い終わったら専用フォルダパッケージにまとめて保管もできます。・マスキングテープは昨年ご好評いただいた「imagine rainbow」。色とりどりのレインボーカラーを取り入れながら、主張しすぎないデザインです。使うたびに、心の中に虹色が浮かび上がりますように、と願いを込めて。(7メートル巻/15mmタイプ)*マスキングテープの準備の都合上、送付は12月上旬におこないます。早めに手元に欲しいという方は、10月下旬以降に郵送いたします。希望受け取り時期を記載の上、ご購入ください。なるべくご希望に添えられるように致します。(マスキングテープは12月になってから送らせていただきます。)郵送完了後にお知らせメールをお送りいたします。
    ¥28,600
    Kayo Nomura Online Store
  • 商品の画像

    【Goods】-まとめ買い3つ- マスキングテープ -Imagine Rainbow-

    2020年に発売したマスキングテープ、再販いたします。もともと「カレンダーを壁に貼る際に、使ってもらえたらいいな」という想いのもと、ご用意したオリジナルのマスキングテープですが、もちろん様々な用途に使っていただけます。色とりどりのレインボーカラーを取り入れながら、主張しすぎないデザインです。使うたびに、心の中に虹色が浮かび上がりますように、と願いを込めて。・幅15mm x 7m・3点セットのみでの販売です。(全て同じ模様)
    ¥1,350
    Kayo Nomura Online Store
  • 商品の画像

    【Artbook】Dialogue -絵と言葉で対話する-

    「対話と絵」を軸に活動している私にとって、対話は人とだけのものではない。いかなる対象も、それに適している。なかでも、「自然との対話」が私にとって一番親しみ深い相手だ。日中移ろいゆく太陽を肌で感じながら制作する。開けっ放しの窓から風がなびけば、手をとめ、それを全身で感じる。夕暮れ時に、アトリエ近くに流れる川沿いを散歩する。空を仰げば、世界とつながっていることを実感する。海で隔てられた陸も、言語で遮られた壁も、見上げたら、一緒の空。対話を通して、世界で起こっている分断の本質を掴んでいきたい。周りにいる人たちのことをもっと理解したい。そして、生まれてから片時も欠かさず一緒にいながらも、一番把握するのが難しい自分自身と分かち合いたいと願っている。だからこそ、私は、対話を通じて絵を描いている。言葉だけでは知り得ない場所に潜り込むために。この本に納められた言葉と絵が、あなたがあなたと周りの世界を、よりよく理解するきっかけになってくれたら嬉しい。理解することは「愛すること」の最初に一歩につながる、と信じて止まない。__上記はあとがきで書いた内容です。2020年の世界が様変わりする中で描いた作品集。詳細は、「根にある活動を作品集で伝えるならば」をご覧ください。https://note.com/kayonomura_art/n/n73f89997a9f0__サイズ:190×237mm仕 様:74ページ/並製本・ハードカバー発 行:2021年1月8日発行著者:野村佳代発行者:池田敦(ondo/G_GRAPHICS INC.)ブックデザイン:阪口玄信(G_GRAPHICS INC.)発行:ondo300部限定
    ¥3,190
    Kayo Nomura Online Store
+8

ライブの醍醐味 In the Moment

初めてライブペインティングをしたのは、忘れもしない、2年前の4月だった。 生演奏に合わせて即興で、観客のいる前で絵を描く行為を一般的にライブペインティングを言うの…

光と色の関係と考察 No Colors Without that Light

毎朝夕の散歩(時にランニング)が日課になってどれぐらい経つのだろう。 毎日同じ川沿いを歩くものだから 景色に飽きるのかと言ったらそんなことは全くなく。 むしろ逆…

根にある活動を、作品集で伝えるならば。

人って突拍子のない夢を持つものだ。 私にとってのそれは「作品集を出すこと」だった。 それも、詩集を出したい、と昔から思っていたのだ。 詩なんてろくに読んだことも…

私たちの物語 The Story of Us

そろそろ、2021年の準備をする時期が来た。 書店には手帳コーナーがきらびやかに並び、新聞広告にはおせち予約の案内が登場するようになった。 かく言う私も、来年の準備…

愛の循環、もしくはピーナッツバタートースト。

緊急事態宣言中に、ある言葉が私の心に宿った。 大層な言葉ではない。けれども、確実に自分の真ん中に置くことを決めた言葉だ。 緊急事態宣言なんて遥か昔の話のように感…

暗闇の中から、光の射す方へ。

「人間ってなんて不思議な生き物なんだろう」 と、前回の記事で書いたわけですが、同時に、こうも思います、 「人間ってなんて残酷な生き物なんだろう」と。 それは、多く…