見出し画像

丁寧な暮らしなんてクソくらえ。と思う私もいる話

ある時期から、ほとんどコンビニ飯で育った。

毎晩、「好きなものを買ってきていいよ」と、500円を渡される。

夕暮れ時に4つ下の妹と一緒にコンビニへ行く。セブンイレブンの「ミルクフランス」とか「お好み焼きパン」とかを好んで買っていた。

中学生になると、放課後は塾に通いはじめた。夜はリプトンのあまーい紅茶の500mlパックと菓子パンをセットで買うのがお決まりだった。

ちょっと贅沢したい時は、ロッテリアのハンバーガーを買って、シャカシャカポテトをキメてやった。あとは牛丼と「ほっかほっか亭」にもお世話になっていた。

たまに父が料理をしてくれた。焼きそばか、野菜炒めか、冷凍餃子だ。

マルミヤのソース焼きそば。美味しかった。

---

結婚してから、相手方のご実家へ伺ったとき、朝ごはんに驚愕した。

物語に出てくるような、「THE 朝ごはん」が出てきたのだ。お味噌汁、白いご飯、おかずたち...。

すごい!と驚いていたら。な、なんと晩ご飯も手作りだった。

お嫁が来たから張り切って作ってくださったのだろうか?
いいえ。これが義実家の「日常」で、お義母さんは、朝ごはんも、お昼ご飯も、晩ご飯も、だいたい手作りするのだという。

そんなお家が本当にあるなんて。びっくりである。

---

家庭の事情というのは、本当に千差万別だ。

できれば、手作りのご飯を食べたい、食べさせたい。そうは言っても、現実の様々な問題が壁となり、手作りなんて出来ない家もある。食べものがあるだけでありがたいという家も。

スーパーに行けば、カップラーメンは100円で買える。でも、無農薬の野菜は100円では買えない。

母は、病気になるまでお皿の一枚も父に洗わせたことはなかったそうだ。母が病を患い、皿の一枚も洗ったことのなかった父が頑張って作ってくれたのがマルミヤのソース焼きそばだ。現場仕事の帰りに買って帰ってきてくれたのが松屋の牛丼だし、ほっかほか亭の弁当だ。

「好きなものを買ってきていいよ」と渡した500円に、どんな想いがのっていたのか。私には分からない。分からないけど、そのお金で買ったコンビニの菓子パンを、私は美味しいと思って食べていた。

「美味しい」と思って食べていた私は、「可哀そうな子供」だったのか?

そんな家庭に「子供にコンビニ弁当だなんて!即席麺だなんて!もっと丁寧に暮らしなさいよ!」と訴えるのは正しいことなのか?

---

私は今、色んな経験を経て、生活をもっと大切にしたいなと思っている。自分にとっても、地球にとっても、善い暮らしを探求したい。消費の在り方を、ちょっとでも良い方に見直したい。

けれど、こうして主張することが、誰かを傷つけるんじゃないか。と、時々考えてしまう。なんなら、昔の自分がちょっと傷ついている気もする。少し悲しくなる時がある。

「丁寧な暮らし」を目の前にすると、「そんなの嘘っぱちだよ」とウンザリしてしまう時もある。エシカルエシカルうるせー!と思ってしまう時もある。

正しさは、正しいだけで既に暴力だ。

だから、正しいと思うことを主張する時、本当は人を殴るくらいの勇気が必要だ。正しさの使い方には、とても気をつけないといけない。

それでも、「気づいてしまった人間」は、その勇気を持って、優しさも持って、自分が正しいと思う行動を取らなくちゃいけない。

---

そんな矛盾を抱えながら、私はやっぱり暮らしを大事にしたいな、という気持ちがあるから、生活共同体を作ろうとしている。

どんな風になるのか、私もまだよく分かっていない。けれど、優しい集まりになったらいいなと思う。

矛盾が描くグラデーションを許し合いながら、もがく。様々な体験を通して、自分が「善い」と思える態度を探していく。

そんなコミュニティにしたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは「Well-beingな生き方」を探求していくために使わせていただきます!

う!!嬉しいです!あなたにも良いことがありますように🙏
1422
循環型経済、ポスト資本主義を探究したい。本当の豊かさについて考えるために文章を書いています。 株式会社MIKKE / 株式会社TSUMUGI ← ウェルビーイングをテーマに夫婦で世界一周半 ← 渋谷のベンチャーでWEBエンジニア。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19500本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (11)
私はNYCに住んでおり、日本の地元に母が一人暮らしをしています。年老いた母の最近の夕食は、スーパーやコンビニで買った一人分のお惣菜。一人分を作るより買った方が安いし、また、老眼での料理はキツいらしい。そんな母に対して、「ちょっと不憫だな。」という気持ちが湧きます。でも、はしさんがコンビニを食べて育ったことには、そんな気持ちは湧きません。なぜだろう?と考えた時、出た答えは、お父様からの500円やマルミヤのソース焼きそばには、”愛”がこもっていると感じられたからかな。きっと、「THE朝ごはん」であろうと、500円のコンビニ弁当であろうと、そこに、”愛”があるかないかの方が重要なのかな、と。日本に帰国する度、私は母に手料理を振舞います。一緒にコンビニご飯を食べます。(私が日本のコンビニ大好きなので)両方共、美味しい。やっぱり、日本の食文化は世界一!
コンビニの商品にも生産者の魂が込められていると思うので、同じくらい価値があると思うのだけど、家族愛というかそういうのは伝わらない気もして、中学生だからいいか?という気持ちが見える気もする。この500円で親の手間を軽減していると当時思えてたらすごすぎるのだけど。
自分が同じ状況なら200円で食事を済ませ、300円懐に入れて貯めて、ゲームとかCD買ってた。
そういうことも含めての500円かな?
正しさは、正しいだけで既に暴力だという言葉に
こう・・バチン!ときました。
すごく共感しました。「正しさ」の凶暴さ、怖さはすごく感じます。責めるつもりはなくてもいつの間にか自分や人を責めたり、責められたり。でも、そこから出た社会をみんなで作りたいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。