『専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話』/忽那賢志
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話』/忽那賢志

変異株ヤバい?ワクチンってどうなの?新型コロナの情報って何を信じればいいの?っていう人には特にオススメ。みんなで正しい知識を身につけて、新型コロナと向き合いましょう。


自分用にポイント整理。


・新型コロナは、発症する前後に感染性(うつしやすさ)のピークがある
通常の季節性インフルエンザの感染性ピークは発症の一日後。新型コロナは発症前3日前~発症後5日ほど。つまり発症後に隔離しても間に合わない「非常識」な性質がある。➡ユニバーサルマスクの重要性(発症前の無症状感染者からのウィルス拡散防止)

・ワクチンの話
これまでのワクチン(「不活化ワクチン」「生ワクチン」)とは異なる「m(メッセンジャー)RNAワクチン」という新しい技術を用いている。ワクチンの中に生きたウィルスは入っていない!


・間違った情報、根拠のない情報の見極め
例:アビガン、空間除菌、コロナはただの風邪、集団免疫論など

「専門家」の立場からではなく、ある種の政治的な立場(政権批判)から意見を述べる人達も少なくない。
厚生労働省や内閣府が発信する情報(ただし分かりやすさ0なので、それらを分かりやすく解説しているものがあるのでそれを利用する)


とりあえず昨年5月に書いた以下の記事が(フィクション部分以外は)間違えた認識ではなくてよかった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
神経難病により人工呼吸寝たきりライフ。 無知の知。無知は罪なり。