汐見かわ
悲報、行方不明
見出し画像

悲報、行方不明

汐見かわ

我が家に勝手に住み着いている蜘蛛の話ですけれども。

この前、とても寒かった日に玄関の内側の扉に結露ができていました。床にその水が落ちてたまったらしく、小さい水たまり(2センチくらい)ができていました。
玄関が水っぽいのも嫌なので、キッチンペーパーで水たまりを拭きました。そのついでに玄関の端っこにいる蜘蛛が元気かなと覗いてみたら…

い、いないっ!?

小さい蜘蛛の巣はあったのですが、本体がいませんでした。行方不明です。
室内に侵入したかな?マジか。その時は問答無用で処理するしかありませんな。
それか、玄関にごちゃごちゃと物が置いてある我が家の玄関は個性的な玄関なので別の適当な落ち着ける場所を見つけて居座っているのか…

というわけで、行方不明になったので同居も解消です。ヤツのことは綺麗さっぱり忘れよう。

いや、待て。

この冬、家のどこかですくすくと育ち、春先に突然現れたらどうしよう…手足が黄と黒のやたらと蜘蛛蜘蛛しい蜘蛛いますよね。グロいやつ。
家の中でそこまで成長していたらどうしよう。
そして、寝ている時に上から降りてきてぺたりと顔に張り付いたりして…

うわぁぁぁぁぁ!

…というホラー的な展開になったりして。まさかね。小さい蜘蛛だったし、種類違うもんね。そこまで大きくならないよ。きっと。きっとね。
それか、他の蜘蛛と人様の家で何やかんやあって、子作りして春先に子蜘蛛がわんさか発生したりして。そっちの方がありえそうで怖いし嫌だなぁ…

行方不明になってしまったので、そんな展開になったら嫌だなともやもやが残りました。やはり家の中で虫を見かけた時はその時に素早く対処する方が良いですね。






…めちゃくちゃ当たり前のことを書いて自分でウケました。締めの文章がアホっぽくて良い。
大多数の人が「そりゃそうでしょうよ!」と思える当たり前のことをあえて書くシリーズ楽しそうだなと思えてきました。良いかも。楽しくなってきました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
汐見かわ
隙間時間で少しずつ小説を書いている人。土地・物・歴史に想いを馳せるのが好き。人の心に良くも悪くも何か引っかかる作品を作りたい。 作風はいろいろ。比較的読みやすい(と思う) 【2021/5/31〜note利用】