見出し画像

【ウィーン(オーストリア)】旅行前に知っておきたい10のこと(気候・服装・物価・交通・言語・治安など、旅行前に知っておくと便利な情報まとめ)

私がいつも旅行に行く前に調べておくことをメインに、「ウィーン(オーストリア)旅行前に知っておきたい10のこと」を、実際訪れた感想と合わせてまとめてみました。

1. 気候・服装(1月中旬)
2. 日曜日はお休みの店が多い(スーパーも)
3. 食費の相場
4. 交通
5. カフェ文化が無形文化遺産
6. 言語
7. 治安
8. 水道水が飲めます!
9. 電圧・プラグ
10. 空港↔市内の交通

1. 気候・服装(1月下旬)

画像1

旅行の時期によって異なりますが、ネットで平均的なその月の気温や降水確率を確認しておきます。

それに合わせて服装や防寒具・傘を持っていくかを決めています。

今回のウィーン旅は1月半ばで、調べたところ平均的な気温は、最高4度・最低0度でした。まあまあ寒いです。2020年1月11・12・13日(2泊3日)

画像7

今回は、ロングコート+ブラウス+セーター+インナー用の長袖という、私の中ではMAXの防寒スタイルでした。

さらに帽子、マフラー、手袋、毛糸のタイツ。そして、一段と寒くなる夜に、ユニクロのウルトラライトダウンを追加しました。

ウルトラライトダウンは軽くて小さくなるので、旅には本当に便利でおすすめです。

これで1月の寒いウィーンも全く問題ありませんでした。

雨は降るかもしれないですが、一日中降ることはあまりなさそうだったので、折り畳み傘は持っていきませんでした。


2. 日曜日はお休みの店が多い(スーパーも)

世界一住みやすい都市」と言われているウィーンで、唯一不便に感じたことです笑

観光で訪れる際は、日曜日がかかることも多いと思いますが、個人店だけでなく、大型スーパーもお休みになります。(前日の土曜日も18時まででした。)

画像2

オーストリアには、「閉店法」という法律があり、小売店は基本的には日曜日や祝日の営業は禁止されています。

これは「労働者の保護」(長時間労働の抑制、過当競争の防止)を目的としているので、国民にとっては住みやすいのではないかと思いました。

3. 食費の相場

物やお店などによって異なりますが、日本と比べて高く感じるのは外食です。
ランチで10~15ユーロ(1200~1800円)ディナーで20~25ユーロ(2400~3000円)くらいが相場かなと思います。


<ある日のランチ(オーストリア料理の老舗カフェレストラン)>

画像3

ソーセージ・パン1個・ミネラルウォーターで、約13ユーロ(1560円)

ファストフードや出店で、サクッと食べれば、食費を抑えることができます。

画像4

またパンは0.25ユーロ~1ユーロ(約30円~120円)、ビールは500mlで約200円などと、日本より安く購入できる物もあります。

画像5

<オーストリア産のレモンビール>

<補足:チップ>

画像6

オーストリアはチップ文化があります
タクシーやレストランでは、合計金額の約10%を渡します。

日本もオランダにもチップ文化がないので、失礼のないように予め確認するようにしています。

<補足:クレジットカードは使えるかどうか?>

ウィーンではクレジットカードが使えるお店が多かったです。

使えない場所は下記でした。

・トラム(路面電車)内の券売機
・トイレ

トラムの乗車チケットは、駅構内の券売機ならカードが使えますが、トラム内の券売機では紙幣も使えませんでした。

トイレは50セント(約60円)ほど支払うことが多かったのですが、硬貨のみが使用できました。

クレジットカードが使える国でも、トイレにほぼ硬貨が必要になりますので、硬貨を少し残しておくように心がけています。(換金の際は紙幣のみです。)


4. 交通

地下鉄(Uバーン)・バス・路面電車(トラム)で市内を回ることができます。

地下鉄・バス・路面電車は共通のチケットで乗ることができ、どこまで行っても一律2.4ユーロです。

また地下鉄・バス・路面電車を乗り継ぐことができるので、1度購入すれば、目的地まで行けます。

これはとても分かりやすくて便利でした!

画像8

私は交通機関を使うことが多そうだったので、「24時間フリーパス(24 Hour Tickets Vienna)」を購入しました。8ユーロ(約960円)
他にも48時間・72時間・1週間~などのパスがあるので、滞在に合わせて選ぶと良いと思います。

気を付けなければいけないのが、チケットを購入したら「打刻(乗車時間をチケットに刻印する)こと」です。

画像9

ウィーンには改札がなく、打刻機のみが設置してあります。
この打刻を忘れてしまうと、駅員さんが検閲に来た時に罰金を取られてしまうので要注意です。

画像10

最初は改札がないのが不思議でした(';')

5. カフェ文化が無形文化遺産

ウィーンのカフェ文化は「世界無形文化遺産」に登録されており、100年以上続く老舗カフェからモダンなカフェまで、街の至るところにカフェがあります。

画像11

<ザッハトルテが有名なカフェ「DEMEL(デメル)」>

寒い時や疲れた時に、お休みしながら観光を楽しむことができます。


6. 言語

オーストリアの公用語は「ドイツ語」です。

シュテファン

<シュテファン大聖堂>

画像13

<シュテファン大聖堂の礼拝のお知らせ>

標識などもドイツ語が多いですが、英語を話せる人が多く感じました。
先ほど少しお話しした、交通の券売機では、ドイツ語・英語以外にも10か国近くの言語から選ぶことができました。(日本語は残念ながらありませんでした。)

画像14

私は英語が堪能ではないですが、ドイツ語よりは…といった感じです。
分からない時は、Google翻訳で今まで乗り切っています。


7. 治安

ウィーンは「世界で一番住みやすい都市」に2年連続で1位に選ばれています。

また治安の良い都市でも「世界第6位」と言われており、実際街を歩いていた感じは危ないことは感じませんでした。(2018年環境都市調査・MERCER参考)

とはいっても、スリや人通りが少ない道は避けるなどには気を付けていました。


8. 水道水が飲めます!

旅行の際に調べることのひとつに「水道水は飲めるかどうか」ということがあります。

ヨーロッパの水は飲めることも多いのですが、硬水が多いです。
硬水に慣れていないとお腹の調子が崩れることもあるので、飲めると分かってもミネラルウォーターを買うことも多いです。(旅先でお腹を壊すと最悪です。。)

画像15

<オランダの水筒「dopper」。オランダも水道水が飲める国で、推奨されています。>

しかし、オーストリアはなんと!蛇口から出る水が「アルプスの天然水」なのです!
今回は水筒を持って行って汲んでいましたが(トイレで汲んでいる人もいます)、クリアでとても美味しかったです。

画像16

最初はレストランでミネラルウォーターをオーダーしていたのですが(約2.5ユーロ:300円)、水道水を頼んでもいいことが分かり水道水に。
オーストリアの水道水、本当に美味しいです!


9. 電圧・プラグ

オーストリアの「電圧は230Vで周波数は50Hz」です。
最近の携帯やカメラの充電器などは、対応している物も多いですが、一応確認しています。(ドライヤーやヘアアイロンを持っていくときは要注意です。)

画像17

プラグは「Cタイプ」で日本と異なるので、予め用意が必要です。
(現地で探して買うのはとても面倒くさいですし、100均で購入することができます。)


10. 空港↔市内の交通

空港から市内、市内から空港は、ノンストップの高速バスやCATという電車もありますが、往復15ユーロ(約1800円)からと少し高めになっています。

画像19

そこでおススメなのは、「RJX」という電車で、空港市内間を約15分で移動できます。料金も4.2ユーロ (約500円)とリーズナブルです。(2020年2月現在)

画像18

私の備忘録もかねて、ウィーンの旅情報をまとめてみました。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。


動画も作ってみました。
チャンネル登録していただけたら嬉しいです。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
5
オランダのロッテルダム在住。Webや紙もののデザイン・買い付け(買い付け代行)などをしています。 オランダでの日常生活、また最近は約月1・2回、オランダ国外に行っているので、色々ご紹介できたらと思っています。Youtubeチャンネル「AMI HUIS」始めました。
コメント (2)
オーストリアに興味があったのでこの記事を見てさらに行きたい欲が増しました!
水道水が美味しいのは何よりも良いですね。
写真付きでとても分かりやすい記事でまた読みたいと思いました。
Rihoさん、コメントありがとうございます!

水道水が飲めるのは、本当にうれしいです。
日本もオランダも飲めますですが、オーストリアの水は飲めるではなく「美味しい」かったです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。