見出し画像

パソナは何故淡路島に行くのか

さて、夕方から「セルフ島流し」のワードがTwitterを駆け巡っている。

ツイッターでは散々な言われようだが、FBの世界では、東京一極集中からの転換のさきがけではないかという高評価が多い。やはりTwitterの住民とFBの住民は人種が違うようだ。

それはさておき、私は今淡路島の大学で教鞭を持ち、日本酒の開発にも携わり、東側の某漁協とも仲が良く、洲本市のふるさと納税の企画もし始めている。そういう中で、淡路島にパソナの本社が来るということはメリットも大きいかもしれない。しかし、そもそもなぜパソナがこの時期に本社を淡路島に移転して、1000人もの人間をここで働かせることにしたのかということには、いくつか考えておかなければならない側面があると思う。

この続きをみるには

この続き: 3,269文字

パソナは何故淡路島に行くのか

のすけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。これからもしっかり書いていきます。
何モノかわからんと言われる人です。自分でもわからん。水産農林業地方活性化商品開発観光政策まちづくり政策の界隈にいることが多いのですが、主には酒飲んで魚捌いて大学で講師してます。得意料理は煮魚と煮豚です。共著に「小さな空間から都市をプランニングする」。マーケ学会・地域活性学会所属。