見出し画像

リモートワーク(在宅)における仕事環境の改善〜初級・中級・上級ごとに〜

はじめまして、kargo です。かるご と読みます。

普段はWEB系の会社でMLエンジニアとして働いています。

その傍で、大学の研究の延長で 人間工学准専門家(オフィス環境)として椅子や机などに関するアドバイザーのようなことを細々とやっております。プロフェッショナル向けにアドバイスから販売まで行うErgoHealthというサービスもやっており後半にでてきます。

今回はその知見を活かして、これまでにないリモートワークの急激な普及に貢献できればと思い、記事を投稿してみます。

この記事の想定対象

リモート勤務が長引く昨今において、特に在宅で仕事をされている方々で、家に環境が整っていないため腰を痛めるなどの不都合を抱えている方向けにその解決方法を簡単にまとめました。

予算ごとに初級・中級・上級で分けているので、幅広い方への参考になればと思います。

免責

以下の方法をとれば「確実に腰痛が治る」といったものではありません。あくまで仕事をする上で望ましくない負荷をなるべく下げるための提案です。腰痛や肩こりなどで強く悩まさせている方は医療機関(整形外科等)への受診を推奨します。

目次

1. はじめに
2. 初級編:とにかく安く!という人(〜約1万円)
3. 中級編:少しお金をかけてもいい人(〜約3万円)
4. 上級編:お金をかけても最高の環境を実現したい人(約10万円〜)
5. さいごに

1. はじめに

そもそも理想の環境というのはどういうものでしょうか。

ハーマンミラーという知る人ぞ知るオフィス家具メーカーが Ergonomics(人間工学)に基づく考え方を丁寧にまとめているサイトがあります。こちらにとても良くまとまっているので是非ご覧ください。

時短したい方向けに完結にまとめるとポイントは です。

首と腰はなるべく地面に垂直に正体することが大事です。特にはノートパソコン作業で目線が下がり前傾しやすく、これが負荷の上昇につながります。はいわゆる猫背によって、腰椎への負担が上昇します。は手首だけ机で支えたのみで宙に浮いた状態だと、肩への負担が上昇します。

おおまかに言うと、こういった状態がなるべくないような状態で仕事をすること理想の環境です。今回は出来る限りこの理想の状態に近づけるにはどうしたらいいかを解説します。

2.  初級編

とりあえず今の椅子では厳しいけど、すぐに出せるお金も... という方はこちら。まずは既存のものを活用することでなんとかしてみましょう。

ノートPCであれば目線をあげようスタンド

【ポイント】
オフィスのようにモニターがなくノートPCメインでやっていると目線が下がり首への負担が増えます。これを解決する方法です。

【リンク】
MOFTノートパソコンスタンド 不可視軽量ノートパソコンスタンド MacBook/Air/Pro タブレット ノートパソコン対応 最大15.6インチ

高級チェアの得意分野「体圧分散」だけいいとこ取り

【ポイント】
体圧分散」というオフィスチェアにとってもコア機能だけを後付け可能です。どんな椅子にも乗っけるだけで対応できます。体圧分散によって自分の体の重さを分散することができ、長時間座っても疲れにくくなり、お尻が痛いなんてことは少なくなります。

【リンク】
東京西川 [エアー] エアー ポータブル クッション イエロー 40X80cm (背もたれつき Lサイズ) 凹凸構造 体圧分散 長時間座っていても疲れ

東京西川 エアー クッション スクエア 5×40×40cm HDB5001016LG 西川(Nishikawa)

3. 中級編

ここから実際に「椅子」を導入する話へ入っていきます。
低コスト」でかつ「すぐに」導入する方法は主に
レンタル」と「中古品」です

椅子選びの際の最も基本的な観点としては

上下昇降
リクライニング
可動肘
ランバーサポート

があるものが望ましいです。


Kagg.jpでレンタル

【ポイント】
レンタルなので月額費用のみ
(※返送料は別途かかりますが、気に入ったらそのまま購入可能です)
最高級チェアのアーロンでも月額8490円

【オススメチェア】
LOW: セイル 3990円
MIDDLE: バロン 6490円
HIGH: アーロン 8490円
選定理由:オフィス導入実績が豊富であり好評であるため(独自調査)

オフィスバスターズで中古購入

【ポイント】
とにかく安い
在庫品なのですぐに届く
注:保証はないものが多いので見極めにはご注意を

【オススメチェア】
ウィザード
エスクード
バロン
選定理由:在庫が比較的豊富で、価格も安定しやすいため(独自調査)

4. 上級編

ここからが私のさらなる本領を発揮するところでございます。
ここは最高の環境を実現したい方向けになります。

仕様をご自身に最適にできるので「完全受注生産」となります。
費用は10-20万円くらいが椅子単体でかかります。
環境は椅子・机・モニターがセットになってより絶大な効果を発揮します。
こちらでご検討の方はサイトよりお申し込み下さい。

以下は過去のご相談事例の中でご提案したものを記載します。
※スモールビジネスゆえ、全て販売可能ということではありません。取り扱いがない場合はご自身でお買い求め頂きたく思います。

椅子

一回座るともう手放せないシリーズ。
12年保証もあるので、最高なものを長く安心してご利用頂けます。

アーロンリマスタード
【ポイント】
・言わずと知れた最高級チェア
・A/B/Cサイズあり、体格に合わせて選定できます
・キャスターも自宅のフローリング用にできます
【価格】
定価で20万円程度

エンボディチェア
【ポイント】
・後傾姿勢も得意なエグゼクティブ系チェア
・ワンサイズだが、座面が非常に広く、調節もかなり効く
・キャスターも自宅のフローリング用にできます
【価格】
定価で20万程度

机(スタンディングデスク)

基本的にデスクは電動スタンディングを強く推奨します。
座りと立ちを交互にすることでより負荷の少ない仕事環境となります。

FlexiSpot 
【ポイント】
電動スタンディング市場では特に安い
【価格】
7万円程度
※取り扱い不可

Sequence
【ポイント】
安心の国産老舗メーカKOKUYO
色やサイズなど幅広くカスタマイズ可能
【価格】
定価で20万円程度


ディスプレイ

今後のことも考えると 4K + USB-C 対応が理想です
ディアルにする方もいらっしゃいますが、まずはスタンダード1枚でのご紹介
※取り扱い不可

EIZO FlexScan 27inch
【ポイント】
ディスプレイではとても有名で映像業界にもよく使用されている
FlexScanはデザイン意外の用途にも向いていて、アンチグレアが優秀で目の負担が少ない
【価格】
13万円程度

DELL 27inch
【ポイント】
信頼のおけるブランド
理想の環境を求める方であれば最低でもこのクラスがオススメ
【価格】
7万円程度


27inchにしている理由は1枚でも左右に分割して作業するのに十分な広さだからです。


5. 最後に

まだまだ興味がある方は...
情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインというものが厚生労働省からも出ており、健康的に仕事をするために調整すべき項目が書かれています。是非ご参考にして下さい。
https://www.mhlw.go.jp/content/000539604.pdf

ここまでお読み下さった方、本当にありがとうございます。

是非ご意見やサポート頂けますと心より嬉しく思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援ありがとうございます。ここで頂いたサポートはErgoHealthとして働くみなさまの生産性向上に活用させて頂きます。

26
某WEB企業にてMLエンジニア // ErgoHealth https://ergohealth.jp 代表 (一人ひとりに最適なチェアやデスクの選定・導入サービス) // D.Story 代表 (AI/MLの開発支援事業)

この記事が入っているマガジン

default
default
  • 33本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。