見出し画像

コトバのジュバク

言葉の呪縛、と書くとおどろおどろしいので、カタカナで書いてみた。そういえばこの新しいカテイカも、最初は「新しい家庭科」だったのだが、重すぎるねということでカタカナ表記にしたら、軽やかさが出た。

さて、今日の話は、家事におけるコトバのジュバク。
「手抜き」「ズボラ」という言葉がある。料理で言えば、レンジを使ったり、レトルトや市販の合わせ調味料を使ったりするとか、あるいはどこかでお惣菜やお弁当を買ってきてしまうこととか。私のスープも簡単なので、そういうタイトルがついた雑誌の特集で紹介されることが多い。

先日、阿古真理さんが新しいカテイカのコラムで「主人」という呼び方はやめませんかという話を書いていたが、「手抜き」「ズボラ」と言うのも、やめてもらえないかなあ、と思っている。
いや、ズボラや手抜きはどんどんやっていい。むしろ新しいカテイカには必要なスキルだから。言いたいのは、それをズボラや手抜きだと自分や誰かに向かって言葉にしないこと。

私ズボラだからお皿にアルミホイル貼って使っちゃったりするのよね〜と、自虐的に笑う。確かにその場は和むし、ちょっぴり気が楽になったような気がするけれど、同時に心にチャリンとコインが落ちる。小さなコインは本人が気づかないうちに溜まっていく。心がだんだん重くなったある日、ネクタイを締めた悪魔がやってきて、ごっそりコインを回収していく。そのときはじめて、何かが失われたことに気づく。

そのコインの名は、自尊心だ。

自虐はかなり高度な技で、本当に自己肯定感の高い人でないと使いこなせない。手を抜いちゃった、ズボラしちゃった、そのことを誰かと共有して気持ちを軽くしたいのはわかる。でも言い訳をした瞬間、それらは「ほんとうは回避すべきだったこと」となってしまう。言葉の恐ろしさだ。
悪魔がコインを回収すると言ったけれど、心に鈍感な人なら、回収されたこと、つまり自尊心が失われていることにすら気づかない場合もある。

忙しい現代人にとって、お惣菜も、冷凍食品も、レンジも、だしパックも、生活のために使いこなしたい重要なアイテムだ。それらを手抜きと呼ぶことは、仲間を馬鹿にするのと同じではないだろうか。敬意を持てないものをうまく使いこなすことが果たしてできるのか。自尊心の持てない家事を、やる気になれるのか。

こういう話をすると、すぐ別の言い方にかえて、という流れになるんだけど、それもなんだかなあと思う。ポジティブな言葉にするとしたら、手抜き=合理化、ズボラ=省力化。けれど、そんな説明、別にしなくてもいいんじゃない?
キャベツや豚肉や塩を使うのと同じように、カット野菜とサラダチキンとめんつゆを使えばいい。まずいと思えば次から食べなければよいだけの話で。

手作りがおいしいっていうのはある程度正しいけれど、それも環境次第だ。包丁が苦手な人はカット野菜や冷凍野菜を、味つけが苦手な人はキューピードレッシングやクックドゥを使ったほうがおいしくできるかもしれない。時間が全然ない人は駅から帰り道の間にあるコンビニで買い物をしたり、ドミノ・ピザを注文する。何を使い、どう楽をするかは、時間的、経済的、人的なリソースの組み合わせと、人がそのときに何を求めているかで決まる。

もう少し深読みすると、主婦たちの自虐とはゆるやかな下方修正でもあるので杓子定規に止めろというのも何なのだけれど、今のままでは根本的な解決にならないし、何より自分たちを傷つけるのはよくない。人にダメ出しをされることはあるけれど、自分からする必要はない。
自虐が芸風のようになっている人は別として、少なくとも若い方はあまりこのやり方に乗らない方がいいと思う。自分のためにも、もしいるなら家族のためにも。

簡素な家事へ、堂々と向かっていきましょう。

***

缶詰や瓶詰、レトルト、もちろんだしパックもスープに使います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

スープはいかが?
101
スープ作家。365日、毎朝スープ。簡単スープで、料理の楽しさと豊かなくらしを伝えます。旬の野菜をたっぷり食べて、自炊の基本が身につくcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

こちらでもピックアップされています

スープ・コラム
スープ・コラム
  • 70本

食べ物の読み物です。

コメント (4)
確かに、自虐はついやってしまいます。最近の私の自虐は、お金を使ったことに対する言い訳ですね。気をつけようっと。明るくいきたいですものね!
有賀さんのレシピは、手抜きでもズボラでもなくて、ベストなやり方を探したらシンプルなやり方になりました、というところが好きです。「自虐」の扱い方は気を付けないといけないなぁと思いました。
「ズボラ」については過日寄稿したとおりですが、その穴みたいなものを埋めようとするときは「自分らしく」といいながら、ふりかけシャカシャカするみたいに能天気にニコニコしてます。
みなさん、コメントありがとうございます。日本人って、快楽的であることにちょっと後ろ向きというか、ストイックなところがある。文化も大きいと思います。でももう、文句を言うだけじゃなく、価値観を行動で変えていくことが必要な時期だし、新しいカテイカはそのためのものでありたいです。珠美さんの言うように「自分らしさ」をみんながきちんと考える時期なんだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。