時間の経過や 風の声や 小さな雫の音に 耳を傾ける
見出し画像

時間の経過や 風の声や 小さな雫の音に 耳を傾ける

若林 薫/絵画講師

生徒さんが作品に取りかかる前に何を描くのかを
話し合う時間を設けています。
・こんなに素敵な風景を、こんなにかわいいペットを絵にしたい。
・こんなに哀しかった思いを、絵に残しておきたい。
・こんなに嬉しい事を、みんなに伝える為に絵にしたい。
それぞれの想いや感動や想像があって、モチーフは決まって来ます。
そんな想いのこもった生徒さんの作品を、
ご紹介していきたいと思います。                若林 薫


「苔の森」  S60号  アクリル画  NSさん


大きな岩からはがれ落ちた角張った石は
風雨にさらされ角が取れ、年月を重ねて、苔生す石になります。
更に、何百年何千年の時を刻み、小さな石へと
又姿を変えて行きます。

ある物は、貴石を含み自然の中でみがかれたり
ある物は、人工的にみがかれて
真ん丸なひかり輝く宝石になる物もあるかもしれません。
されどそれらも、やがていつしか微細びさいな砂となり
大地へ戻り、地中深くで新たな岩になる時を
待つ事になるのです。

作者が訪れた、苔の森の中で
繰り返し行われる営みに目を向け咀嚼そしゃく
作品に掻き興すかきおこす姿勢に、崇高な精神を感じます。

シンと静まり返った森の中に立って
時間の経過や風の声や苔むす岩の狭間はざまから
静かにしみ出す水の小さなしずくの音に
耳を傾ける作者の後ろ姿がこの作品から伺えます。
このままこの自然の中に溶け込んでしまいたくなる様な
空間を再現し演出する力量に
感動と感謝の拍手を贈らせて頂きたいと思います。

                    絵画教室講師 若林薫 評



「作品をご覧頂きありがとうございました。気に入って頂けましたら、
スキ・コメント・フォローなど頂けますと創作活動の励みになります。
よろしくお願い致します!」

https://www.instagram.com/kaoruwakabayashi2021/
https://twitter.com/kaoru_oct_
https://artsticker.app/share/artists/1777








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです
若林 薫/絵画講師
1980年インテリアデザイナーを経て、切り絵作家となる。 シンボルマーク、戦闘機スぺシェルマーキング、切手デザインなどを手がけ、作家として国内外にてこれまで数多くの個展、グループ展で作品を発表。現在は絵画講師として活動しながら切り絵・立体・アクリルなど幅広い美術表現を続けている。