Jasmine(香り総研)

香水、良い香りを集めているアカウントです。香水情報・レビューサイト「(OL)香り総研」(https://kaori-souken.com/)を運営している個人です。noteには日々のこと、香りやニオイについて思うことを気ままに綴ります。

Jasmine(香り総研)

香水、良い香りを集めているアカウントです。香水情報・レビューサイト「(OL)香り総研」(https://kaori-souken.com/)を運営している個人です。noteには日々のこと、香りやニオイについて思うことを気ままに綴ります。

    最近の記事

    迷った判断も正しいよ

    最近、とあるメゾンの路面店に立ち寄る機会がありました。 ついつい、頭でっかちで情報をインプットした後に訪問しがちな私ですが、今回はなるべく情報をシャットアウトし、ゼロの状態で香りを試してみました。 路面店なので、お店の店構えや内装はとてもとても素敵なものでした。 ほかのお客さんがまだ一組しかいなかったので、私はすぐに店員さんにつかまりました。 好みを聞かれ、ざっくばらんにホワイトフローラルが好きだと伝えると、おすすめを紹介してくださいます。 1つ、2つ… 方向性を変えてまた

      • 手を洗いたくなるハンドソープ

        子供が3歳になった。 わかりやすーい“女の子”として、日々成長している。 可愛いものが好き、ピンクが好き、そして“いいにおい”が好き。 (もちろん、猫も好き) さて私がホワイトデーにもらったサボンのハンドソープが、いつのまにか彼女専用になっている。 はじめは、パッケージがおしゃれでかわいいからなんだろうな、と思っていた。 サボンのハンドソープは、洗面所に以前から置いてある泡で出てくるハンドソープとはだいぶ異なったデザインをしている。 サボンのものはケースの表面に加工がし

        • ギンザシックスで「サノマ」をお迎えしました〜後編

          前回の記事<ギンザシックスで「サノマ」をお迎えしました〜前編>の続きです。 ギンザシックスのポップアップイベントにて、光栄にもサノマの渡辺さんから作品の解説をいただきました。 その場で購入を決めた1本について書いていきます。 購入したのは「4-10」私が購入した作品は、ズバリ4-10でした。 とらえどころのない不思議な作品です。 ティアレやイランイランなど女性的な要素が強い香りのため、ツイッターでは「ジャスミンさんこれだろうね」などと言われていた作品です(笑) タ

          • ギンザシックスで「サノマ」をお迎えしました〜前編

            ローンチを知ってから気になっていたフレグランスメゾン「サノマ」がいよいよ発売になりました(おめでとうございます)。 都内ではギンザシックスでタッチアップできるとの情報を得たので、土曜日に出かけてきました。 本題の前にちょっと言い訳期間中は、ギンザシックスに渡辺さんご本人がいらっしゃるかも…という情報があったので、(大勢の人びとの頭越しにでも)ひと目お会いできたらいいな、という期待とともに出発しました。 土曜のため私は子連れになってしまい、子供を屋上で心ゆくまで遊ばせ、オム

            夏を見送る香水

            まだまだ暑いけれど、夏が少しずつ遠ざかろうとする気配を感じた(それでも今日、熱中症になりかけた) 夕方になるとそよぐ風が少しだけひんやりとして、日没が早くなり、そろそろひぐらしが鳴く。 今年は長かった梅雨の分だけ夏がそのまま後にずれることなく、いつも通りに終わってしまいそうだから、なんとも寂しい。 ラルチザンパフューム エテアンドゥース(ひと夏の夕暮れ)いつもの夏は、ラルチザンパフュームのエテアンドゥース(ひと夏の夕暮れ)をまとって暑さの余韻を楽しむ。 エテアンドゥー

            うちのゆずの木のにおい

            実家の庭にゆずの木がある。 子どもの頃からずっとあって、いまは幹が私の腕くらいになった。病気にかからなければ、毎年黄色いゴルフボールほどのゆずがカゴいっぱいになるほど収穫できる。 枝にはトゲがあることも知った。 ずっと昔、植えたばかりの頃はヒョロヒョロしていて、当然ながら花は咲かず実もなかなか実らなかった。 あまりにも実を結ばないので、切ろうかなどと話をした年の秋に初めてゆずを収穫したのだった。植物にも耳があると知った。たまたま木が充分に成長した年だったのかもしれないけ

            猛暑の中で濃厚な香りをまとってみたら

            こんにちは、フレグランス情報サイト「OL香り総研」を運営するJasmineです。 長い梅雨が開けてから、待ってましたとばかりに真夏の日々が続きますね。 この夏、チャレンジするなら難易度の高い香りを香水をまとう上では、一般的に真夏は濃厚な香りよりもさっぱりしたものが好まれます。 柑橘系好き族の日本人が、ますますシトラス系をまとうのもこの時期です。もちろんいい意味です。 しかしこの夏は、いつもと違う夏です。 人と会うことを避けようとする夏です。 ならば、夏に嫌厭されがちな

            香り総研note版のプロフィール

            このnoteを書いている人はじめまして、Jasminです。都内在勤、香水好きの女性です。一児の母です。 2015年から「OL香り総研」というサイトを運営しています。香水のレビューやまとい方、おすすめの香りなどについて書いています。 サイトのURLは以下です。 サイトよりも気軽に読めるような内容をどこかに書きたいな、と思ってきました。 たとえば、以下のような内容です。 香り総研note版で書きたいこと・香水レビューとしてまとまる前の試香メモ ・訪れた香水ショップの感想 ・