見出し画像

KANMAKIの新展開が始動

KANMAKI

発売すれば毎号確実に完売してしまう
『デザインのひきだし』最新号の付録に
KANMAKIの新商品「煌葉-kiraha-」が採用されています!

この箔は、KANMAKIの原点から生まれました。
1950年代、繊維業界でメイドインジャパンの
生地原反が世界中を席捲していた頃、
その生地の両端、
いわゆる“耳”の部分には、
日本の大手繊維メーカーのロゴが
ゴールドで表現され、
生地の真贋判定の基準の一つを、
そのブランドロゴの特殊な風合いが保証していました。
KANMAKIは洋金粉(真鍮粉)を原料とした
顔料箔を開発して、
当時の日本の輸出産業の半分を占めていた
その需要に応えていました。
 
それから70年を経て、
一度は役目を終えかけていた機械設備や
レシピを復刻して、改良に改良を重ねて、
「煌葉-kiraha-」をようやく世に出すことができました。

デザインのひきだしさんが、
前回、箔押しを特集されたのが、10年前。
実は、前回の特集号は、
KANMAKIの入社当時、
何からこの仕事を理解していいか迷っていた
私にとってのバイブルでした。 
材料のコト、
加工方法のコト、
業界のコト etc...
端から端まで丁寧に教えてくれました。
そんな本の10年ぶりのリバイバルに、
“掲載していただく側”で関われたことは、
めちゃめちゃ感慨深いです!
刊行記念のワークショップ、
ECサイトでの販売などなど、
いろいろここから始まっていきますが、
溢れる想いは今日のところは、ここまで。

「煌葉-kiraha-」の付録採用をご提案していただいた
編集部の雪さん、本当にありがとうございます。

是非手に取っていただければ嬉しいです!