人前で裸になれるか? / 映画「レッド・スパロー」

賢くて強くて美しい者に憧れる。
だから女スパイの映画は好きだ。

スパイ映画の好きなところは、心理操作の高度なテクニックで、観ているこちらも騙されるところ。
誰の言うことが本当か、翻弄されて、それすら快感に思える駆け引き。
ハニートラップ、仕掛けて見たいけどなかなか現実に出会わない。
恋の駆け引きもとっくの昔にやり終えてしまった。

そしてもう一つ。
感情を殺して合理的に、目的のためには手段をいとわない、その潔さがクールで憧れる。
スパイの是非はともかく、行動原理が非常にシンプルであることは美しいと感じる。


私はスパイになれるかな?と、たまに夢想する。
自分としては向いている部分もあるんじゃないかな、と、自分に甘く見積もって、自分で勝手に喜んでいる。

例えば映画の中で、人前で「裸になりなさい」と命令されるシーンがある。
もちろん、それには理由があり、目的達成のための一歩になる前提の命令だ。
「裸になりなさい」と言われて、できる人はどれくらいいるのだろうか?

私は、自分としてはできると思う。
すっとみんなの前に立ち、おもむろに服を脱ぎ始める。
そこに感情はなく、ただの行為としての脱衣がある。

私はたまに、自分は思考と身体が乖離していると感じることがある。
「裸を見られるなんて恥ずかしい」という意識が多分薄い。
こだわりがない。
もちろん、理由もなく脱ぐのはただの変態だしやらないけど、何か理由があり必要であればすんなりとやれる気がする。


俳優が濡場を演じるように、状況に応じて体を差し出すことができる。
「身体は入れ物」という感覚も若干あり、そのためSFで出てくる義体化や生体認証なんかも抵抗が全くない、どころか、身体拡張できるのであれば憧れすらある。

誰もがこういう感覚が多少なりともあるのか、それとも普通は「体を見せるのは嫌だ、恥ずかしい、怖い」みたいな感情が先行するのかわからないけれど。

なんてことを想像するのすら好きだ。
これはただの空想。
実際にそんなシーンに出くわすことがあったら、私は裸になれるだろうか。
わからないけれど、そんな空想で遊べる自分が平和でありがたい。
今のところは、ね。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

10年運営したお店を辞めて、夫婦で無職になりました。それでも楽しく暮らしています。応援してもらえるととても嬉しいです!

トイレちゃんとできます
7
お店運営のアドバイザー | 一社かかみがはら暮らし委員会・委員長 | お仕事としてオーナーさんの相談を受けたり、趣味でコミュニティ運営をしたりしています。思考の整理整頓が得意。ノンアル&コミュニティ研究中。  noteサークル>暮らしとお店の雑談室
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。