見出し画像

脳科学と量子力学は、表裏一体なの?

今日は「脳科学と量子力学は、表裏一体なの?」について(2)。

というわけで、
今回は立て直しを図るため、自分直属になった25歳若手社員の日報から。

【内省】
常に周囲の長所を吸収する。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

エネルギーの集中力が、圧倒的に弱すぎる

エネルギーに無駄が多いと、それだけ成果、迫力、行動、思考、達成、存在力で他を圧倒するのに物理的に時間がかかる

常に散漫、ぶれ、迷い、言い訳、保身、疑問、相手にどう見られたいか、自分はどう見られたいかという感情にぶれてばかりいると、何事も物質化しない

針の穴に、全エネルギーを一点集中して通す。それを、毎秒行う。そうすれば、エネルギーの物質化は速まる

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役 MBA情報工学修士(多摩大学大学院経営情報博士前期課程) 一般社団法人日本脳科学認知心理協会 理事
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。