見出し画像

バルト三国の暮らし〜毎日ピクニックみたいに過ごしてた〜

はじめに

先週呼んでいただいたトークイベントについて。
昨年行った世界一周の中で、滞在期間が1番長かったラトビアを含むバルト三国での過ごし方についてお話しました。

ヘンプ農家さんに滞在してカタツムリを集めたり、ヘンプから紙を作ったり、家にシャワーがなくて体を洗えるのは週に一度サウナだけという衝撃体験をしたり。

とてつもなく美しい「夏至祭」に参加したり、ラトビア中の手仕事が集まる「森の民芸市」に行ってみたり。
緑豊かな国々で過ごした80日間について、ゆったりとお話する時間でした。

呼んでくださった瀬戸内かわいい部のみなさま、視聴してコメントをくださったみなさま、ありがとうございました!

いつか関わりたい…と思っていた瀬戸内かわいい部さんのイベントに参加できてうれしい時間でした。
(しかも、司会してくださったのがわたしに夏至祭のことを教えてくれた南さんという偶然…!)


トークを聞きたい方は

今回のトークイベントは、瀬戸内かわいい部さんの #せとかわデニムフィナーレマルシェ のいちコンテンツとして開催させていただきました。
オンライン配信のようすをFacebookのページに残してくださっています。気になる方はこちらからご覧ください。

▽トーク動画のアーカイブ


▽トークの際に使用した資料は、こちらからダウンロードしていただけます。

Google drive


トークに出てきたSNSのまとめ

▽夏至祭 Instagram

▽kami/ Instagram
(オンラインショップを開けるときには、Instagramで告知しています)

▽トーク動画のアーカイブ

▽瀬戸内かわいい部オンラインマルシェ
(5/30〜6/7の期間限定)

https://denipro.theshop.jp


この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、kami/(かみひとえ)です。いただいたサポートは、「世界の紙を巡る旅」をまとめた本の出版費用に充てさせていただきます。今年の12月に発売できる…はず…!

ありがとうございます!!
7
kami/ (かみひとえ)と読みます。手仕事の紙を残すため、「紙いちまいでできること」を探っています。300日の「世界の紙を巡る旅」を終え、帰国しました。意味はなくても、わくわくすることを大切に。
コメント (2)
リトアニアには2週間ほど滞在したことがあり、空と緑の雰囲気が懐かしく感じました。でも滞在は首都圏だったので、週に一回のシャワーもカタツムリ集めも麻作りも全く知りませんでいした!バルト三国のイメージになく、結構衝撃な内容です。
@kohji 南ラオス自然農園 さん
読んでくださりありがとうございます!ヴィルニュス内だと、カタツムリを集める生活をしてる方はいなさそうですね。workawayを使うと田舎の方の家に滞在して思わぬ時間を過ごせて楽しかったです。
(kohjiさんが書かれているnoteがとても面白くて、ついいくつも読んでしまいました。またゆっくり読ませていただきます…!山のマンゴー食べてみたいしタマリンドのジュースが恋しいです。)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。