見出し画像

(過去記事)2018.10.26 石巻工房に、行ってきた

当社は創業から50年の家具屋なので、業界最大手のカリモクさんはじめ様々な家具メーカーと取引がある。なので基本的には当方がUターンしてきた時点で付き合いのあるメーカーさんの商品をメインに小売をしているわけだが、その当時、取引がなかった中でひとつどうしても気になって仕方ない家具メーカーがあった。

石巻工房

石巻工房は「地域のものづくりの場」として2011年に誕生。東日本大震災を背景に、復旧・復興のために使える場としてスタート。DIYの支援活動を行うほか、施設の復旧や改修を実施。再び立ち上がるまちの姿を、皆で考えるための場づくりを行った。石巻工房は、デザインの力でDIYの可能性を広げる家具ブランドなのだ。

もちろんコンセプトも素晴らしいのだが、うまくブランディングをされている印象もあり、いつか一緒に仕事できたらいいなと思っていた。そんな中、東京ビッグサイトで家具の展示会があり、かの石巻工房さんも出展されているということで、石巻工房のブースに伺ったところ、たまたま工場長の千葉さんとお会いしてその人柄に一目惚れしたという流れ。

その後、一度石巻にご挨拶に行っているのだが、今回はきちんと「取材」を目的に、二度目の石巻訪問をしてきた。取材・インタビューの内容は改めてきちんとコンテンツ化する予定なので、今回はプレビュー的にスライドショーでお楽しみください!

石巻に行く途中でランチ。魚のレベルが違いすぎて自然と笑みがこぼれる

画像1

仙石線。石ノ森章太郎トレイン。よう!誰だっけ・・・

画像2

石巻駅。石ノ森章太郎キャラがちょいちょい登場

画像3

石巻観光案内。フムフム

画像4

石巻駅からタクシーで15分。石巻工房到着

画像5

千葉先生登場

画像6

インタビュアーのsteve*太田代表から主旨説明。真剣に聞くわたし

画像7

steve*のデザイン王(語彙力!)、松浦先生を交えて熱い議論

画像8

工房内を見学させていただきながら、まだまだ熱く語る

画像9

続きはこちら。

亀田産業50周年プロジェクト「SPECIAL INTERVIEW」
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
1
栃木県宇都宮市にて、航空部品製造、家具やワイン、雑貨販売、オフィス改装、イベント運営など、地元を盛り上げるため、境界線を作らず日々奔走している亀田産業の三代目経営者です。大企業のサラリーマンを経験をした上で地方にUターンした中小企業経営者が感じることを幅広くnoteしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。