業界破壊企業の傾向と「ハッピーイノベーション」(業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

業界破壊企業の傾向と「ハッピーイノベーション」(業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち)

小倉 研太 / プロマネ x フルリモート

・2019 CNBC ディスプラスター50(うち20社)
・イノベーションの源泉となる「プラットフォーム型」「ビジネスモデル型」「テクノロジー型」
・コロナショックで加速する「ハッピーイノベーション」

上記は、「業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち(著)斉藤 徹」に掲載されてる内容になります。

本書は、「2019 CNBC ディスプラスター50」に掲載されている50社のうち、20社を紹介しています。

「ディスプラスター」とは、「ディスラプト(破壊する)企業」ということです。イノベーションにより業界の地図を一変させてしまったスタートアップ企業をディスプラスターと呼ばれています。CNBC ディスプラスター50には、「Uber」や「AirAirbnb」も、2016年に1番目、2番目に選出されていました。

本書に記載されていますが、世界のイノベーション企業を、一気にざっくり知ることができ、著者が考える「ハッピーイノベーション」がこれからのスタートアップの潮流についての示唆を与えてくれます。


「イノベーション」とは何か?

「イノベーションのジレンマ(著)クリステンセン」で、新しい技術やアイデアで、既存の業界構造を破壊する、「破壊的イノベーション」として定義をしています。

そして、「破壊的イノベーション」を 価値創造タイプ と 価格破壊タイプ の2つに分類しています。価値創造タイプは、ソニーのウォークマンや、AppleのiPhoen 、価格破壊タイプは、ユニクロのフリースや、ZARA が該当します。

本書では、「価値想像タイプ」と「価格破壊タイプ」のイノベーションを書きの3つに分類しています。

・プラットフォーム型:顧客の需給を直接つなぐことで価値を創出
・ビジネスモデル型:ビジネスモデルを変更して新しい価値を創出
・テクノロジー型:新しい技術により新しい価値を創出

画像1

紹介されているディスプラスター 企業

本書で紹介されているディスプラスター企業リストです。

これだけの企業をざっと知りつつ、それぞれのイノベーションの源泉を解説されているので、自分たちの事業にどういかすかを考える示唆は得られます。

- Houzz(ハウズ):住宅のリフォーム・プラットフォーム
- SoFi(ソフィ):P2Pレンディングによる学生ローン
- Convoy(コンボイ):トラック輸送のマッチング
- DoorDash(ドアダッシュ):オンライン宅配
- Opendoor(オープンドア):不動産のオンライン売買
- Udacity(ユダシティ):オンライン教育
- Coursera(コーセラ):オンライン教育
- Progyny(プログニー):不妊治療サービス
- Peloton(ペロトン):在宅フィットネス
- Ellevest(エレベスト):女性向け投資顧問
- Thinx(シンクス):女性の生理用ショーツの販売
- Casper(キャスパー):オンライン寝具の販売
- Robinhood(ロビンフッド):手数料なしの株式売買サービス
- Virta Health(ヴァータ・ヘルス):糖尿病のオンライン診察
- Indigo Ag(インディゴ・アグリカルチャー):微生物による農業効率化
- Lanza Tech(ランザテック):微生物のガス発酵技術
- Apeel Science(アピール・サイエンス):食品コーティング
- Phononic(フォノニック):半導体による冷却機器製造
- Impossible Foods(インポッシブル・フーズ):植物を使った人工肉
- Synack(シナック):セキュリティ検査
- WeWork(ウィーワーク):シェアワークスペース
- Zipline International(ジップライン・インターナショナル):ドローンによる無人配送

ハッピーイノベーション

本書の最後で、WeWorkの問題(予想以上の赤字と不透明な会計処理)、新型コロナウィルスの影響で、スタートアップバブルは、崩壊しています。

著書は、今までの「ドットコムバブルの崩壊」「リーマンショック」などの経験、またCNBC ディスプラスター の傾向から、今後は、「スケールアップを目指した野心的な起業」ではなく、「幸せの連鎖を生むサスティナブルな起業」の到来を予想しています。

「幸せの連鎖を生むサスティナブルな起業」とは、「優しい気持ち」や「幸せな体験」あるいは「ワクワクの追求」を心理的エネルギーとして、人々の幸せを追求する新しい事業創造のことを指しており、それを「ハッピーイノベーション」としています。

ハッピーイノベーションの事例として、「Teach for America 」「Zipline International」「注文を間違える料理店」が紹介されています。

画像2

「ハッピーイノベーション」が加速する

ハッピーイノベーションが増えていく要因として、などがあげられています。

・「共感」へのパワーシフト(暴力→富→知識→共感)
・コロナショックによる「ミレニアル世代」の影響力拡大

本書で書かれている「ミレニアル世代」の価値観は、自分自身の価値観とも合致しており、とても共感できる内容になっていました。

業界を破壊するイノベーションと、自分の内発的動機から生まれるイノベーションとどちらが自分自身にあっているでしょうか。改めて考えるきかっけをもらえる一冊でした。

---
Twitter でも、プロジェクトマネジメント x リモートワークのノウハウと本について、つぶやいていますので、よろしければ繋がってください。

https://twitter.com/kajyou

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小倉 研太 / プロマネ x フルリモート

支援は、コミュニティ研究の取材、サービス開発などに費用にあてさせて頂きます。

わーい!!書いてよかったです!ありがとうございます!
小倉 研太 / プロマネ x フルリモート
プロジェクトマネジャー x フルリモート。兵庫県の田舎在住で、フルリモートでカオスなプロジェクトを推進しています。東京のスタートアップに勤めていましたが、生活の質をあげるために、兵庫県に移住。リモートワークやプロジェクトマネジメントに興味のある人はつながりましょう。