Hiroki TAGA

廻窯舎代表。陶芸家。

陶芸進化論ch1:ノイラートの船

土をこね、立ち上げ、潰し、伸ばし、削り、乾かし、焼き、釉薬を施し、また焼く…、いくつもの…

Hiroki TAGA
3日前

植物研究者が「木葉天目」を考える

1. 木葉天目の魅力と歴史 黒釉が塗布されたおおらかな局面に金色の木葉模様、それは微細な葉…

Hiroki TAGA
2年前

土・釉の調合 -Excel計算シート公開-

1.陶芸を科学する難しさ 陶芸を支えているのは文化的要素だけではない。陶磁器が焼きあがる…

Hiroki TAGA
2年前

透ける粘土を求めて

僕が3年ほどの期間で試した『透光粘土』についてご紹介。 1.磁器との違い そもそも透ける…

Hiroki TAGA
2年前