見出し画像

金閣寺

みんなご存知キンピカキンの金閣寺。

画像1


建てたのは足利義満。イケイケの将軍です。

なにがイケイケかというと
南北に分かれていた天皇をひとつにまとめた

日本史上最強のやり手将軍

だったのです。敏腕。
そんなことで室町時代全盛を極めるわけ。

金閣寺はもともと義満の別荘で3階建ての建物。
1階が寝殿造、2階が書院造り、3階が中国の様式。
で、屋根には鳳凰を載せてるのね。

これは、寝殿造に住む公家や貴族より、
書院造りに住む武家のほうが上で、
親好のあった中国の様式に住む自分は
そのさらに上なんだぜというのを示してるの。

で、鳳凰というのは天皇しか使えない高貴な象徴だったのを
屋根に載せてしまって、天皇を挑発してるわけ。


テメーなんてオレ様の手にかかればよ。ハァん?みたいな。
金箔まとって金もあるしね。みたいな。

画像2

(イメージ)

とにかくイキってるわけなんだけど、
金閣寺は雨どいが1階の屋根にかからないようにスゲー伸ばしてて、、

画像3

カッコつけすぎちゃってモードファッションみたいになってて
カッコいいんだか悪いんだかわからなくなってるのが
一番笑えるという建物です。

画像4


残念ながら、そんな金閣寺は昭和のはじめに放火によって全焼するわけ。

画像5

国の重要文化財かなにかだから、
国や全国からの寄付で建て直したんだけど、
その額当時のお金で7億4千万円。まぁまぁまぁ。高いよね。
でもそれくらいするよね。

驚くべきは、その内訳・・・

金箔:7億円
建物:4千万円

ど、どんだけーーーーー!!!!!!!!
本体安っっっっっっっ

ただの木造三階建て。しかも気密性も断熱性も悪い。
風呂トイレ、エアコンなし。
こんな滑稽な建築もなかなかないよねという建築の話でした。




話の途中で使ったこの画像はもちろんイメージで、

画像6


本物の義満はこちら

画像7

ハァん?
遅刻するヤツには特に厳しかったそうです。

まとめ
足利義満は、南北にわかれていた天皇家をひとつにまとめ、
調子に乗ってド派手な金閣寺を建てた
室町全盛期の日本最強のイケイケ将軍。

(諸説あり)
_____________________

オンラインサロン「ファンタジック空間デザインゼミ」では、このような話のほか、空間デザインの話、タイミングが合えば空間設営の現場にアシスタントとして同行することもできます。

参加はこちらからー↓
https://salon.jp/tadaishi


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オンラインサロン『ファンタジック空間デザインゼミ』の参加はこちらから。 https://salon.jp/tadaishi