過麗なるスパイスを求めて
見出し画像

過麗なるスパイスを求めて

五年前に師匠が使っていた鍋とカバンと計量スプーンを持って、俺は流離う。

俺が流離うのはこの星の店、森、島、畑だけでない、宇宙の星々がその行先だ。

Gun to辛子マグナム弾が舌に当たったような辛さと香り高さを併せ持ったスパイス、これをある星で見つけ、採取した時は手袋越しでも手がひりひりする処か、手が美味い激辛カレーを食ったような体験だった。

スパイスの王たるシナモンの甘く高貴な香りとスパイスの女王たるカルダモンの高貴で爽やかな香りが合わさったキングスパイス

このスパイスを採取した時は我が王とその妃から勲章を賜るような感動だった。

そして、俺はその二つとスパイスカレー作りの三種の神器たる、グランドウコン抱擁するコリアンダー妖艶なるクミンとチキンとトマトと玉ねぎと塩で作る。

味はどうなるかまだわからない、だが期待できる、
俺はこれを作れば、もっと美味いカレーへの階段を一歩上がれる。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🐲🐲🐲
ニンジャスレイヤー二次創作やカレー作りの様子とかを書こうかなと