見出し画像

自社のキャラクターが継続しない理由

社内で盛り上がり、キャラクターを展開し始めたものの、気が付いたら、「何もしていない」という状態になっている企業、自治体の皆様
心当たりないですか?物事には、全て理由があります。キャラクターがフェードアウトしてしまったことにももちろん理由があります。その理由、整理すると以下3点となります。


1.計画、展望がない!

仕事は何でもそうですが、具体的な計画や将来のあるべき姿のイメージがなければ続きません。キャラクターを展開する場合も同じです。
行き当たりばったり的に始めたものは、すぐに行き詰ります。

2.ランニングコストを嫌がる!

キャラクターを展開するには、担当者の手間も含めたランニングコストが必要です。最初の立ち上げ時の予算は確保するものの、その後追加で制作費用がかかることが分かると、途端に豹変する上司をよく見かけます。事前の検討が甘かっただけですが、こんなことでは続くはずがありません。

3.専任担当者がいない、担当者が頻繁に交代する!

最初というのは、何につけても盛り上がるものです。キャラクターを立ち上げる時も相当盛り上がります。しかし、この‘熱量’は、後任に引き継ぐ時点で、半減します。半減したものは、基本元には戻りません。
‘熱量’は、担当が代わる度に下がり続けるので、気が付くとフェードアウトしています。

キャラクターを盛り上げるゾ!という‘熱量’をキープし続けるのも、キャラクターマーケティングコンサルタントの仕事です!

これから自社でのキャラクター展開を検討される方は、上記の参考に検討いただき、是非「覚悟」を持っていただきたいと思います。

【お問い合わせ】

【スポットコンサルティングはコチラ】





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キャラクターマーケティングオフィス

よろしければサポートを是非ご検討お願いします。活動費に使わせていただきます。