見出し画像

【子供の病気で父子共々お休みする季節がやってきた】

昨日から咳がではじめて、いつもよりテンションが高かったので不安ではあったものの、やはり夜に熱が出た・・・急に寒くなってきたしね。

先週はママに病院やら入学前の健診やらで、会社を休んでもらったので、まあ今日は暗黙の了解でパパである僕が家で診ることに。

「寝かせてる間に仕事すればいいやん」

そんな簡単にはいかない。

ぐったりはしているけれど、寝る時間はいつものお昼寝の時間くらいだし、咳したり、お茶飲ませたり、ゼリー用意したり、トーマス観せたり、と忙しい。

「おちゃんぽ(お散歩)」と、抱っこの手を伸ばしてくる。こういう時、彼は靴も履かなければ歩きもしない。もうすぐ10kg重い。

画像1

(↑昨日あれほど元気だったのに・・・)

ご飯の用意、病院への送迎、おやつの準備、寝かしつけ、遊んでやる、お散歩、家族のご飯の用意、買い物、自分も眠くなる、、、

どこに仕事をやる時間があるんだよ。

病気の時くらい仕事のことを考えずに、一緒にいてやりたい。一緒にはいるんだけど、(あれもしなきゃ!これにも返信しなきゃ!)と仕事の要素を頭から排除したい。心穏やかに。看病に専念したい。もうこうなったらイベントにしてしまいたい。

しかし風邪で済んだけど、これからが大変だ。インフルエンザ、胃腸炎、ノロウィルス、、。家族中で感染し合う季節の到来だ。

何年経ったら、これらを見越したスケジュールを立てられるのだろうか・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!サポート不要です。もし少しでもお役に立てたなら、いいね!とかシェアしてもらえるととても嬉しいです。

なんて素敵な方!めちゃんこ嬉しい!
4
鬱になった経験から、ふんどしブランド『sharefun®︎(しゃれふん)』『THE FUNDOSHI™️ with good sleep』展開。すべて被災地で生産。『一寸帽子™️お守りマスクプロジェクト』始動。育児のため水戸市に移住。日本ふんどし協会の会長。著書2冊。22時就寝。

こちらでもピックアップされています

子育て移住日記
子育て移住日記
  • 125本

2015年3月〜子育てと仕事の両立を目指し、茨城県水戸市に移住。日々の日記。主に家事や育児について。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。