人吉市の水害の話。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

人吉市の水害の話。

久保田実生

11月26日、もやい九州(というグループ)のオンライン飲み会に参加しました。
オンライン飲み会と言っても、話題提供者からの話を肴に2週間に一度のペースで実施しています。
僕も話題提供したことあります。日田彦山線のことを。

今回は、熊本県人吉市の方から、2020年の水害の話を聴きました。
以下、気付きなど。
・人吉市の災害は、財政難、コロナ禍、水害の3重苦の中での対応。
・災害ゴミの仮置き場は、地震を想定しており、水害では使用できなかった。
・力強い復興はムリ。
・社会起業家は実際にいる。
・細い縁も大事。
ひとよしくま熱中小学校
・ハッシュタグ型人間。若宮正子さん
・球磨川とともに生きる。

防災計画は作成していても、すべての災害を想定した計画になっているかはちゃんと確認が必要ですね。
他自治体の体験から学ぶべきことが多くあります。

熱中小学校、人吉でもやっているとは!!
こういうの、添田でもやれるといいなと思います。田川の規模感かな。
琴浦町(鳥取県)でもやっているなら、添田でも♪
それにしても、さすが琴浦町!!

僕にできる人吉市への復興支援として、HITOYOSHIシャツを購入しています。
もっぱらアウトレット商品で、しかも、値引きがあるときだけですけどね。
現在はブラックフライデーのキャンペーン中。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます♪励みになります❤
久保田実生
くぼたみしょう。添田町(福岡県)で、まちづくりストを目指して活動中♪現在、添田町議会議員(4期目)です。2022年夏の選挙に挑戦します!!