見出し画像

『サンキューコール』は次の寄付に繋がるのか?~最新の研究から見えたこと

~営利・非営利のソーシャル事業の成長が、社会課題の解決を加速させ、より良い社会を築くと信じて執筆~

例えば、ある非営利組織に寄付をしたとします。すろと、数日後に携帯電話が鳴って、寄付先のスタッフの方からお礼を言われることがあります。このような寄付後に電話でお礼を伝えることを『サンキューコール』と言っています。日本でも一部のNGOが行っており、アメリカではファンドレイジングの常套手段でもあります。

『サンキューコール』の費用対効果

この『サンキューコール』について、2019年に発表されたある論文が話題になっています(※1)。論文では、2011年から2016年までに初めて寄付した50万人以上の寄付者に関する情報をもとに、ランダムに抽出してサンキューコールを行う層(A層)と行わない層(B層)に分けて、2回目の寄付に影響を及ぼしたのかを調査しました。

その結果、AとB層とで違いが全くなかったそうです。また、寄付の金額による違いも見られなかったそうです。
調査期間としては、サンキューコールを行ってから最大5年間観察した模様です。

『サンキューコール』の目的は何か

『サンキューコール』は、海外では外部委託することも多く、費用は1寄付者あたり平均1$と言われています。日本でも、外部委託まではいかなくとも、内製化している場合などその工数は発生します。費用対効果を金額だけで考えた場合には、この論文は一つの視座を提供してくれたように思えます。
一方で、寄付者の満足度は、当然にも金額だけが指標ではありません。何のために『サンキューコール』を行うのか、その目的を丁寧に考える必要がありそうです。

※1 参考
『Do Thank-You Calls Increase Charitable Giving? Expert Forecasts and Field Experimental Evidence』
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3371327

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
コンサルタント/クライアントはソーシャルを大切にしたい営利・非営利組織/専門は経営戦略及びファンドレイジング戦略の策定とその実行支援など/最近広めたいワードは「カッコいい社会貢献」/長野県好き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。