久世じゅん|gemini

noteはじめてみました。エッセイと詩のあいだ。コラム寄りの散文ほか。気ままに実験中|生きづらさと付き合うブログもやっています。生きるを手繰る https://www.kuzejune.com/
固定された記事

公園三景

糸の切れた凧が、高い枝の先に引っかかっていた。 木登り名人でも歯が立たないような枝の先っちょで、ゆらりと風に吹かれていた。赤い尻尾がひらひらとはためき、解いたば…

諸般の事情により、noteを開くことすらままならない日が続いてるのですが、決して辞めたつもりはないので一応言い訳しときます。
読みたいのもいくつかあるので、また来ます。

季節の引き継ぎ

三寒四温とはよく言ったもので、冬から春へのバトンタッチは、目に見えるような見えないようなスピードで進んでいく。 冬色の空の下で、春の花が咲く日がある。歩道のユキ…

葉桜を眺めて想うのは、ただひたすらに桜餅。お腹をぐーと鳴らしながら、和菓子職人さんは上手に桜の一瞬を切り取ったんだなぁとしみじみ。私は関東人ですが道明寺派です。

令和を「文化の時代」として生きたい

私は無学なものだから、最初はご多分に洩れず、令和の「令」の字から「法令」「号令」「命令」あたりを連想した。 そして昭和生まれなので、「和」の再来が思ったより早い…

色々すっかり疲れ果ててしまったので、椅子の上に体育座りをしてスルメの足をガジガジとかじっています。今日はそんな日。そんな日もあるよね。