見出し画像

「縄文人のとっておきの器」写真図録

縄文の里・朝日

令和3年度 縄文の里・朝日 春の企画展 R3.04.17~06.27

 縄文人が大切にした土器とはどんなものだったのでしょうか。みなさんの「これはとっておきだ」というものをお持ちでしょうか。みんなに思わず自慢じまんしたくなるような逸品いっぴん。縄文人の作った土器にも、そのような逸品がありました。縄文人のとっておきの土器をいくつかのテーマに分けて紹介していきます。
 ここでは、縄文時代中~晩期(約4,500年前~約2,500年前)の土器の中で、文様、形だけでなく、使われ方や赤くるといった独特な手法などから縄文人が土器にこめた思いを紐解ひもといていきます。

この続きをみるには

この続き: 10,492文字 / 画像61枚

「縄文人のとっておきの器」写真図録

縄文の里・朝日

1,200円

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
縄文の里・朝日

サポートなんて滅相もないです。 みなさんのお目汚しもいいとこですし、 いいんです、いいんです。 あなたの人生に少しふれられただけで、充分なんです。

縄文の里・朝日
新潟県村上市の縄文の里・朝日 奥三面歴史交流館のnoteです。 来たくなるような情報を発信していきます。 縄文の里・朝日では、奥三面遺跡群の出土品、奥三面集落の民具が展示しています。 まが玉づくりなど縄文体験やお食事処「やまびこ」では美味しい手打ちそばを提供しています。