見出し画像

22.「心躍る」

今朝は久しぶりに寒気がして起床。気温を確認したら8度。

「あー、もうフィンランドの夏は終わっちゃったんだな〜。もう秋か。」と思いながらコーヒーを淹れる。フィンランドに住んでいる普通の人であれば、秋は「寒い・雨・暗い」のトリオのせいであまり楽しい時期ではないと思います。キノコ狩りやキャンドルを灯すのが好きな方々にとってはそこまで苦ではないかもしれませんが。

僕はと言うと心が踊ってます。「心躍る」。僕が好きな日本語の一つ。

晴れた秋の日ほど気持ち良い日和はないですし、大学も夏休みが明けて始りました。日本ほどではないにしても、秋はやっぱりご飯が美味しい。食欲の秋❗️秋じゃなくても食欲は尽きませんが。笑

しかしながら、どれも僕の心が躍る理由ではありません。僕にとって『秋』は始まりの季節。春、夏と準備してきたものを初めて披露する季節。特に今年はコロナウイルスの影響で例年通りの『秋』が来るかどうかは不確かでした。そう言う意味でも、特に今年の『秋』を迎えるに当たって僕の心は躍りまくってます。マイケル・ジャクソンのムーンウォーク並の踊りです。もう少しで、残り10日でリーグのシーズンが開幕する


コロナウイルス、選手のストライキ、経営陣の入れ替わりなどで正直今シーズンを無事迎えられるのか心配でした。フィンランド3部。聞こえは悪くない。現世界チャンピオンのフィンランドの3部リーグ。レベルもそこそこ高い。リーグ内のトップチームは元フィンランド1部や2部、他のヨーロッパリーグでプレーした選手も多く在籍する。そういった3部リーグトップチームでさえ、プロ契約に行き着ける選手は多くはない。リーグ、チームにお金がないからだ。
(以前、書いた記事にリーグの事を説明してあります↓)

トップチームと比べうちは若手育成を第一の目的とした育成チーム。アイスタイムはもらえる、経験をいっぱい詰めるなどのメリットはあるとしてもとにかくチーム自体がお金がない。お金がないリーグの中でもお金がないチーム。そんなうちのチームが実は6月に経営陣に嫌気がさし、ストライキを起こしました。選手と経営陣の揉め事はどのチームでもどのレベルでもあると思いますが、まさかストライキを起こすとは…

コロナにストライキ…ストライキによる経営陣の入れ替わり。経営陣が変わると離れてしまうチームスポンサーもいたため、またスポンサー探し。話出したらキリがありませんが、とにかくいろんな問題が山積みで無事にシーズンが始められるか心配でした。

そんなこんなでチームに好影響をもたらしてくれた人物が二人。
先ずは、新しいアシスタントコーチ兼スポーツマネージャーに就任したスタッフがいます。

Arto Sirviö

フィンランドのトップリーグで長年プレーし、オリンピックにも出場した方。引退後はトップリーグチームの監督やディレクター、マネージャーなども経験されている方です。そんな人がうちのチームに来たわけですから選手もびっくり。「君達みたいな若手の育成に尽力したい。」との事でうちに来てくれたとのことですが、言うことだけじゃなくチームの事、選手の事を第一に考えて行動してくれる物凄くいい人です。

もう一人は僕の友人でもあるプロアイスホッケー選手。2016年にNHLのシカゴ・ブラックホークスからドラフト指名され、昨シーズンはイギリスのトップリーグEIHLで最年少ゴーリーとして活躍したWouter Peeters

本当であれば、もう少しレベルの高いリーグでプレーする予定のはずがコロナのせいでシーズン開幕が大幅に延期され、その間うちのチームで練習参加しています。上のレベルを知っている彼。彼にとってレベルが下がったうちのチーム練習でも彼は妥協しません。彼の知っている経験をチームに還元してくれ、チームも彼の要求に必死に答えようと練習は緊張感が張り詰めます。

チームが新しくなり、更にチームに好影響を与えてくれる人もいる。それに応えようと選手達も必死になり同じ方向を向いて前進し始めてる。いいスタートだと僕は思う。

現時点でプレシーズンマッチを3試合終えて1勝2敗。プレシーズンマッチは残り2試合で、来週末にはシーズン開幕です。個人的に今のプレシーズン中の時点では、主力セットやパワープレーセットで起用され、重要な役割を任されています。このままシーズン開幕を迎えられるよう、明日、そして土曜日のプレシーズンマッチで結果を出したいです。

コロナウイルス、新体制チームに加え、もう既に在フィンランド日本人の方々が開幕戦を見に来てくれるとの事で、僕にとって今まで以上に特別な開幕戦になります。
コロナウイルスの影響が続く中でシーズンが無事迎えられる事、異国の地で日本人の方々が応援しに試合を観に来てくれる事に感謝し、今シーズンに臨みたいと思います。

また、今シーズンから試合後にTwitterの音声収録機能を使用して試合の振り返りなどを投稿していきますので、ご興味のある方は是非Twitterの方から↓

それでは、今シーズンも応援よろしくお願いします❗️

Ter. Kinebuchi

Instagram : @hawkins_kinebuchi
Twitter : @shuma_kinebuchi
Facebook杵渕周真 Joseph Kenji Hawkins-Kinebuchi
Website : shumakinebuchi.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kiitos! ありがとうございます!
6
'97 American/Japanese Semi-pro Ice Hockey Player. 2014年夏に留学制度を利用しフィンランドへ留学。それ以来フィンランドに在住し、日本人アイスホッケー選手としてヨーロッパで最も多くの試合数を記録中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。