マガジン

  • INVISIBLE FLOWER

    • INVISIBLE FLOWER

最近の記事

JAPAN EXPO PARIS に出展します

JAPAN EXPO PARIS 2022 : INVISIBLE FLOWER présente des produits fabriqués à partir de fleurs jetées. Nous sommes impatients de vous rencontrer en France ! 長らく自由が限定されていたこの数年。 少しずつですがようやく世界が開かれてきましたね。 昨年の今頃に出展を決め、準備に勤しんで来た展示のお知らせがようやくできます。

    • 一期一会 名古屋タカシマヤに出店しました

      先日の土日、祝日の3日間、名古屋タカシマヤに「invisible flower」のポップアップショップを出店しました。 初めての百貨店出店。 右も左もわかりませんでしたが、所属しているメイド・イン・ジャパン・プロジェクト(MIJP)のメンバーの心強いサポートのおかげでなんとかやりきることができました。 この日のために、花和紙も新柄を漉いてご朱印帳に仕立てました。 今年5月のフェアトレードマルシェ以来の物販でしたが、やはり、対面での販売は得るものがとても多かったです。

      • コラムの連載が始まりました

        先日公開された、東邦ガス様プロデュースの”地産情報” 発信メディア「みたすくらす」にて、花をテーマにコラムを連載することとなりました。 https://note-mitaskuras.tohogas.co.jp/n/nc11bc1d9a970 つたない文章ですが、花に対する思いをベースに、花業界の魅力的な人や場所・お仕事などを紹介していきます。 これまでのお花の仕事、花市場での経験、農場訪問、花に携わるたくさんの方とのご縁...これらは私のとても大切な財産だと思っていま

        • 祈り

          松坂屋の展示、今日で最終日となりました。 今日は普段活動している内容よりも、より個人的なお話をしたくなってしまいました。 昨日、私の展示作品を見に来てくださった方に思いがけず遭遇して、作品の意図や想いまで直接お伝えさせて頂くことができました。 時間も限られていたので矢継ぎ早に、ざっくりと概要をお伝えしたのですが、そんな中でも、とても嬉しい言葉をかけていただきました。 「作品から、出水さんの祈りを感じました」 なんだか言葉であらわせない、とても深いところで 何かを感じ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • INVISIBLE FLOWER
          JIU

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          中日新聞に掲載して頂きました

          2021年10月19日 中日新聞朝刊に松坂屋410周年 アートセッションの模様が取り上げられ、invisible flowerのアート作品も掲載して頂きました。 一緒にオルガン広場の展示ブースを飾っている有松絞の安保成子さん、瀬戸焼作家の深田涼さん、そして、今回このありがたい舞台を用意してくださったプロデューサーの野中さつきさん。 このメンバーと同じ場所に名前を連ねられることがとても嬉しく、たくさんの方からコメントも頂き本当に感極まっております。 全長6.2m、高さ4.

          松坂屋 410周年 アートセッションに参加します

          10月13日より、松坂屋名古屋店にて開催されるアートイベントにて、invisible flowerの廃棄花を使ったアート作品を展示します。 松坂屋 秋の周年祭 「ART SESSION 出会いと体感 アートの森へようこそ」https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/promo/fair_event/410th/Shunen/ 松坂屋全館のあちらこちらで、地元で活躍するアーティストさん、作家さんの作品が楽しめます。 映画の上映があったり、様々

          作戦会議

          今後の活動に向けて作戦会議。 いつも廃棄の花の活動でお世話になっている方から、珍しいリコリスを少し譲り受けた🌼 こうしてサラッとラッピングして手渡してくれるのが嬉しいよね。 花を愛する人が周りにいる事が嬉しい。 "花の近くで生きていきたい" と、昔思った自分に感謝したくなる日だった。 今秋から、また新しい事がいくつか始まる。 今までにない緊張と不安と、未知へのワクワク。 こうやって少しずつ挑戦して進んできたから、今花の近くにいる事ができていて。数年後の自分はすっご